FC2ブログ

ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

今更ですか、今更ですよ

そろそろクリスマスになろうとしているのに、せっかく撮ったからという理由でハロウィンのSSをまとめておこうかと思います(汗)
こういう事はもっと早くやっておけばいいのに……
無精すぎて辛いです><

ハロウィン要素がカボチャ1つしかございませんが、一応仮装をしているのでギリギリセーフかなって。
(Mia=天使、おっさん=魔王)

happy01


違う角度から見るとわかりますが、

happy02

あきらかにカボチャを食わせようとしています。


いくら林檎をかじっても歯茎から血が出ない子とはいえ、これはキツイのでは?
……などと思ったのですが、案外嬉しそうですねw


happy03
↑餌付けをしようとしているおっさん


ちなみにハロウィンというイベントには全く縁がないので、よくわかりません。
海外ドラマだと必ずワンシーズン中に1話、関連のお話がありますが、日本とは大分違いますよね。


happy04
↑天使の娘に押しかけられて困り気味の魔王様、って感じです


happy05
↑人間になる前のおっさんにも実は角と羽が生えてるんですけど、エイリアンとプレデターを足してグロくしたみたいな感じなので、そちらの方がより魔王っぽいんです(妄想)


happy06

ボスキャラっぽいです。


happy07

Miaのこの衣装、中々きわどいですよね(汗)

Emfy Cleric Robes UNP - CBBE

でも凄く綺麗な装備でお気に入りです。
鎖帷子な部分が特に美しいですね~、セクシー///


happy08

こんな格好で外を出歩いたらおっさんに滅茶苦茶怒られちゃうね。
だって見えてますから……///


-------------------------------------------


うって変わってこちらはカフェでございます。

happy10


happy09

このナポリタンもギルさん手作りだと思うと美味しさ増し増しです。


happy11
↑ギルさんみたいな渋いマスターがいたら毎日でも通いたいです

ギルさんが淹れてくれたコーヒーは絶対美味しい筈。
(カフェインを摂取出来ない体質ですが、死ぬ気で飲みます)


happy12
↑次元臭が凄い


happy13
↑昔ながらの喫茶店のナポリタン、ケチャップ&ソースのシンプルな味付け


happy14

なんか場所によっては首と体の境目が際立って目立つ事があるんですよね。
それだけじゃなくて、壁や床などのテクスチャ表示もおかしくなるので、これは仕方の無い事なのだろうなぁとあきらめています。
光源とかグラボの問題など、色々ありそう。
普段は全然大丈夫なんですけどね~


------------------------------------
------------------------------------

色々と物議を醸し出しているTumblrですが、私の投稿もいくつか警告を受けてました。

何故かおっさんの着物姿ばかりがね!!

なに、アダルト過ぎるってことなの?
胸毛が垣間見えるのが卑猥なの?

気付いたら警告は削されていたので、何かの気の迷いだったのかもしれません。
だけどちょっと不安になりました。

少しずつでもいいから、向こうに上げた小話などはブログへ移動させていこうと思います。
いつサービスがなくなっても困らないように……

残念なお話でございます。


(ちなみにR18の方は案の定全裸SSが警告を受けてました。エロくもなんともありませんが、仕方ありません)




大正マロン

いつの間にか夏が終わってました。
暑過ぎて死ぬ、って毎日思ってたのに気付いたら秋の長雨やら台風やらで散々でございます。
台風、本当に凄かった…><

こんな時はあれです、イチャラブ、イチャコラです(どちらの言い方がいいのか、自分でも迷っています)


------------------------------------------------------------
ここから先は年の離れたおじさん&娘がちょっとイチャイチャしています。
苦手な方はご注意を!
何度でも言いますよ、苦手な方は見ちゃイカンですよ!!
------------------------------------------------------------



準備はできている、生まれた時からな。という方のみどうぞ





「一緒に入ってもいいかしら?」

「どうぞ」

furo01
↑パイオツがタオルを突き抜けていたので修正しています

GomaperoLandのお風呂、とても素敵ですよね。
こういうお風呂に好きな人と一緒に入りたいですよね~

furo02

ちなみにMiaはタオルで体を隠すなんてことは普段しません。
おっさんに怒られてしぶしぶ隠すことはありますが、基本的にオープンな子です。
まぁ、好きな人と一緒に入るのにわざわざ隠す必要もないですしね。

furo03

なかなかエエケツしてますよね。
彼女のお尻はちょっと小ぶりです。
ジーパンがよく似合うお尻をしています。

furo04
↑この顔のサイズ差がたまらんのです


最初はタオル無しで撮ったのですが、さすがに載せれないのでタオルありで撮りなおし。
お風呂でいちゃつくとのぼせちゃうのでマズイのでは?(Miaはすぐ茹ってしまいます)

furo05


furo06

ちなみに体&髪の毛はおっさんが念入りに洗ってくれます。
Miaはその辺、ちょっと適当なんですよw

furo07

のぼせない内に出ましょうね。


------------------------------------------------
------------------------------------------------

性懲りもなく再びおっさんの髭にチャレンジしてみました。

furo08
↑なかなかいい感じです

Skyrimには何故か鼻の下にある髭の中央が開いているものばかりで、くっついている物がないんですよね。
なんでなの?意味わかんない。
俳優さんでも私が求める形をした人が一番多いのに…

furo09

ちゃんと整えて、それらしくしてみました。
おお、私が求めているものに近くなったぞ(喜)
結局自分で描かないとダメなんですね…
オブリの時は散々この事で苦労したので、リムではさすがに解放されるだろうと思っていたんだけどなぁ^^;

Tes6ではこういう髭や皺の種類がもっともっと増えるといいな~



ちょっと髪型と色を変えてみました。

furo10

あら、渋い。
個人的には短い髪の毛の方が好きだったりします。


furo11

大正マロンロマン、もしくは昭和レトロ風に。

こういう格好をしているおじさん、とっても好きです。
色っぽいですよね///

それでですね、気付いてしまったんです。
自分が最も敬愛している俳優さんに似ているということに(汗)
(御存知、山路和弘氏のことです)


furo12

たぶん髪型&帽子のせいだと思うんですよ。
この格好をしている時以外は全く似ていないので…

私はこういうタイプが好きなのかもしれません(今更?)
(痩せ型で人相が悪く、白髪で髭の生えたおじさん)

なんかちょっぴり恥ずかしくなりました///


furo13

なんとなくですが、永井荷風の「墨東綺譚」を彷彿とさせます(好きなんです)。



furo14

そんな訳で2人で一緒に撮ったら、何故か不倫→駆け落ち→心中的なものが撮れてしまいました。
不穏だ…


furo15

「ねぇ、おっさん」


furo16

「なんだ」


furo17

「ちょっと寄って行きたい所があるんだけど」


furo18

「?」


furo19

ということで、茶をしばきに来ました。

この竹林ロケーションは本当に美しくて幻想的な場所ですよね、素晴らしいです。


furo21

お茶を飲んでいるポーズは「Busu Object poses2 for LE」(制作:manjushage様)から。
風情があっていいですよね~
素敵なポーズをありがとうございます!



気分はダンケルク

もうひと月以上経ちますが映画「ダンケルク」を見たんですよ。
凄く面白かったし、滅茶苦茶格好良かったんです、特にトム・ハーディが。

あぁ~~~、この興奮を抑えきれないいいぃい~~

ってな具合で思いっきり影響を受けたままSSを撮ったんですけど…


dankeruku01

まず、スピットファイアのような戦闘機が見つからなかったので、ようやく見つけた「X-wing Fighter 」を導入。
どうせならと愛用している「Snippy - Droid Follower 」のスニッピ~と一緒に撮影。


あれ?ちょっと待って?
これ、「ダンケルク」じゃなくて…


dankeruku03


dankeruku04


dankeruku05


どう見ても「スターウォーズ」じゃない?(汗)


X-Wingを導入した時点でもうすでに「ダンケルク」ではなくなっていたことに気付くべきでした。
ダメ押しでスニッピ~とかね、誰がどう見てもSWです。
ちなみに丁度同じ時期に映画「ハン・ソロ」を見ていたので(面白かったです)、これはこれでいいんですけれども…

私が想像していたものから、かなりかけ離れてしまった…(遠い目)


dankeruku02

せめてルーファスの格好とか雰囲気だけでもトムハに近づけようと頑張ったんですけど…
見事に玉砕でございます><


背中で人生を語るような、熟練の孤高の男にも時には相棒は必要だ、”口数は少ないが頼れる奴”ならなおさらだ。
(ステイサムっぽく)

なので「Budy wolf companion」を導入してみました。
いや、ほら、孤高=一匹狼 みたいな感じがするので^^;

dankeruku06

結構サイズが大きかったので少し小さくしています。


dankeruku07

なかなか凶悪な面構えですが、とても強くて頼りがいがあります。
この貫禄、なんて素敵なんだろう

まったくもって男前です。


dankeruku08

一緒にお散歩。


dankeruku09

凄く楽しそう。
可愛いな~
(よく見ると眉毛犬)


dankeruku10

雪がしんしん降りしきる中、水辺でささやかなキャンプ。
(個人的にお気に入りの一枚です)


dankeruku11

もこもこなので暖かそう。
もふもふしたい、もふもふ。


dankeruku12

いい毛並みですね~
ちょっと眠そうなルーファス。


dankeruku13

ルーファス:(抱き枕にしたら怒られるかな…)





場末の酒場の片隅にて。

dankeruku14

他の客とは関わりたくない所存ではございますが、


dankeruku15

女性店員のお尻をつい目で追ってしまう、これが男の性(サガ)か。



そんなわけで「ダンケルク」おすすめです。






胸毛ぼー


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

*注意*
いつも通り若い娘&おじさんがたぶんきっとイチャイチャしていますので、苦手な方はご注意を。
あと、胸毛が苦手な方も危ないから気をつけて下さいませ><


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………


大丈夫な方だけどうぞ。







~寄り添う二人~

(普段は全裸で寝ておりますが、健全なブログなので下着着用です)

munage01

「ねぇ、おっさん」

「なんだ」



munage02

「胸毛、むしってもいい?」

「かまわんよ」
「君の頭に植えるのならな」



munage03

「えっ!!?(汗)」
「そっ、そこだけ剛毛になっちゃうじゃない><」



munage04

「若者のお洒落にそういうのがあると聞いたぞ?」



munage05

「あ~……、アテンション……、ハイテンション……、違うな」

悩むおっさん。



「……、もしかして、エクステンションのこと?」

「そうだ、それだ」


おっさん、カタカナに弱い。


<おわり>

----------------------------------
----------------------------------

くだらなくて申し訳ないw

長い事一緒にいるとラブラブだとしてもこういうムードの無い会話をしてしまうものですよね?
え、しない?するよね?w

ちなみに「エクステンション」とは「ヘアーエクステンション 付け毛」のことです。
「エクステ」って言った方がわかりやすいかな?
Wikiによると日本では平安時代から使われているとか、意外と古い歴史があるんですね~。


------------------------------------

やっとMiaの顔を新しい顔に挿げ替えたので、それの記念に。

munage06

で、やっぱり撮影している内に今度はおっさんの顔をどうにかしてあげたいな~って、思い始めてしまうんですよねぇ(遠い目)
もうちょっと造型をリアルにしたいな><


munage07

背中合わせ可愛い(*´v`*)







紅茶のちゃ・ちゃ・ちゃ



~Miaとおっさん、吼える~


gaoo01

「ガオー!熊ちゃんだぞー!」




gaoo02

「ふっふっふ、どうだー!怖かろう?食べちゃうぞー!」ガオー

「はっはっは、随分と可愛らしい熊さんだね~」


ギルさんはにこやかに笑っていますが、おっさんは無反応です。


gaoo03

「……」



gaoo04

ガァオオォオオオッーーーッ!!!



gaoo05

おっさんの突然の咆哮にマジびびりする2人。


gaoo06

「あうぅぅ……、負けた……」
「……怖い、本気で怖い……、顔が怖い……」

あまりの迫力にガックリと膝をつくMia。

「Azazel君、存外大人気ないんだなぁ。彼女が本気で怖がってるじゃないか……。いや、僕も怖かったけど……」ドキドキ

ギルさんは心臓が弱いんです。
おっさんは別に本気でビビらそうと思ったわけでもなく、ただ普通に彼女のマネをしただけなのにこの有様。
内心ちょっぴり傷ついています。

----------------------------------------

なぁんてくだらない事はさておき、実はMiaの顔をまた改造しました。
今回はオブリ時のイメージとは関係なく、ひたすらに自分好みに作り上げたので、以前よりも出来はいいように思えます。

gaoo07

もうちょっとリアル寄りにしたいのですが、この辺が限界のようです^^;
私の中の彼女のイメージには大分近くなったかな~。


gaoo08

今の所満足しているので、暫くこれでいこうかと思います。
なんてやってると、今度はおっさんの顔を弄りたくなるんですよね、エンドレス。


gaoo09

早くフォロワーの方の顔に挿げ替えてあげなきゃ><
いつまで経ってもイチャイチャできぬ……




------------------------------------------------
------------------------------------------------

などといいつつ、ここから下はちょっぴり無理矢理イチャついてます。
年の差カップルに免疫の無い方はご注意下さいませ!


------------------------------------------------
------------------------------------------------


「アーリー・モーニング・ティー」って御存知でしょうか?

早朝、起き抜けに飲む紅茶のことで、ベッドの中で楽しむことが多いことから、ベッド・ティーとも呼ばれているそうです。
以前は召使に命じて、指定の時間にベッドサイドまで紅茶を運ばせていたそうですが、現在では夫が妻に対してサービスする、という形に変化しており、イギリスにはその習慣が残っているとか。
(出典:http://www.teacourt.jp/about_tea/tea-style/early-morning-tea/


映画やドラマを見ているとたまに寝起きの彼女の元に紅茶&軽食を運んで来てくれる旦那さん、という光景を見かけます。
これのことだったのか~と、今物凄く感激しているわけですw
とっても素敵な習慣ですよね。
(私のような下賎な者では膀胱が破裂しそうでそれ所じゃなさそうですがorz)


うちのMia&Azazelにもやらせてあげたいな~って、凄く思いました。
(新しい顔のMiaのテスト撮影も兼ねて無理矢理イチャついてみる)



~とある日の、よく晴れた朝~

gaoo10

「まさかあなたが紅茶を持ってきてくれるなんて」

「時間に余裕があったものでね。年寄りの早起きを舐めてもらっちゃ困る」


gaoo11

「それでも嬉しいわ。……どうもありがとうAzu。」
「これ、甘くて美味しい」

「砂糖3個にミルクをたっぷり、だったよな?」

「ええ、そうよ。覚えていてくれたんだ」

彼女は人肌ほどのぬくもりを保つロイヤルミルクティーを、照れながらもとても嬉しそうに口に含んだ。
極上の幸せとはこのことなのかな、などと寝起きでハッキリしない頭のままぼんやりと考えてみたり。


「砂糖を3個も入れるのは知る限り君くらいなものだ。甘ったるくないのか?」

「チョコレートをつまみにお酒を飲む人間に言われたくありません」


おっさんは苦笑しています。


gaoo12
↑和やかな雰囲気の朝、何も予定がない日はのんびり過ごすのもいいですよね



gaoo13
↑素肌に布を一枚纏っているだけなので下着などは身に着けておりません。
もちろんパンツなんか履いてないので丸見えでした(修正してあります)


このなんていうのでしょう……

彼女はあられもない姿なのに対して、おっさんはキッチリ洋服を着ている、

という部分が個人的にはツボだったりします。
何も身に着けていないという事は、つまりそういう事なわけで。
色々と妄想が捗ります///



gaoo14
↑言葉では言いあらわせられないくらい喜んでいます

おっさんは割りと淡白なので、こういった些細な行動が凄く嬉しいんです。




gaoo15
↑彼女の反応に満足気なおっさん。顔は怖いですが紳士ですから、やる時はやるんです




gaoo16


「ねぇ、おっさん」

「うん?」



gaoo17

「私にも何かさせて欲しいんだけど」

「必要ない。それよりもサッサと起きて朝食にしよう。パンケーキを焼いておいたぞ」



gaoo18

「えっ、そうなの?」ビックリ
「なら、なおさら何かお礼をしないと気が済まないわ」

「冷えない内に腹に納めてもらうのが一番嬉しいのだが」



Miaは唯一身にまとっていた毛布をハラリ……と落とすと、おっさんの前に座りなおした。


gaoo19


「なら、私の身体も冷えない内に召し上がってくれないかしら?」

「おいおい、これじゃぁ本末転倒じゃないか」

「……納めてくれないの?」

「……そんなわけ、ないだろう……」




まぁ、そういうことです(笑)
無理矢理感が凄いですが、リハビリだと思っていただければorz

あとですね、自分では気に入ってるのですがこちらに貼れないSSをここに置いておきます。
一応全裸なので注意して下さい!
(全くエロくないので逆に申し訳ない気持ちになりますね^^;)

gaoo20

それにしても、幸せそうな2人ですよね。
いつまでも和やかに見守ってあげたいなぁ。


アリーとルーファス

数年ぶりの積雪にテンションが上がるも、雪の中ではしゃぎ過ぎておなかを壊してしまう我が愛犬の事を思い今回は家の中で大人しくしていました。
珍しいので雪は好きなんです。
ただ、その後が大変なんだよね、うちの周りだけ取り残されたように雪が解けないorz

さて、Skyrimですが「Snippy - Droid Follower 」を導入して遊んでいます。
めちゃめちゃ可愛いんですよ。

sitei01

スターウォーズのBB-8にインスパイアされて作成されたそうですが、いや、もう、まんまですよw
クオリティの高さに驚いてしまいました。

sitei02
↑ちょっとサイズを小さくしています。実際のBB-8もこれくらいの大きさじゃないかな?

オリジナルボイスに照明機能、独特の戦闘AIなど、連れ回していて本当に楽しいです。
しかも可愛い(2回目)。


sitei03

我が家では「ルーファスがなんかとりあえず作ってみた」って事になっています。
なので、彼の後ろをひたすら追いかけ、懐いているという設定に。
SWでもBB-8はポー・ダメロンの事が大好きなので、うちもそんな感じにしたいな~って///


sitei04
↑優秀な相棒です


sitei05

もう、ギュッとしたい。




sitei06

そんな訳で、この3人で冒険をしています。
実はアリーでプレイするのは初めてで、全く戦えない設定なのでルーファスに頼りっきりです。
これが中々新鮮。

sitei07
↑鉱石取引の新規開拓のため用心棒としてルーファスに付いて来てもらっています


sitei08

ルーファス「下がってろ、俺がやる」

アリー「援護します」


ちなみにルーファスの上記の台詞は実際にプレイ中に言う台詞です(山路ボイス)。
これ言われちゃうとね、従順になっちゃう自分がいて少し恥ずかしい///


sitei09
↑やる時はやるんです


sitei10

このアリーが使っている銃はルーファスが作ってくれた物です。
戦えない彼女のためにと、軽量&反動が少ない&命中率が高い、などなどカスタマイズされた専用銃です。
ただ威力はあまりないのと、護身用だということで、使われる機会は極力少ないです。

お守り替わりにと渡されたようですが、彼女にとっては宝物。
生涯大事に家宝として持ち続けます。


sitei11

snippyはルーファスに絶対なので、アリーの言う事はあまり聞いてくれません。
主人に忠実なのは良い事なのですが、彼女としてはちょっぴり寂しいかも。

sitei12


さて、そんなアリーですが、あまりにも可愛くないのでちょっと作り直しました(汗)
今まで一度も頂点編集すらしてもらえていない、大層不憫なキャラだったので…

sitei13

面影を残しつつも、なんとな~くナタリー・ドーマー風になればいいな~って。


sitei14

うん?あんまり変わってない??
おかしいなぁ…


sitei15

まぁ、でもね、これでいいんじゃないかな(適当)


sitei16

とりあえず様子を見つついじっていこうかなって。
フォロワーにもしてあげたいし。
PCキャラのままだと撮影が不便なんですよね。




sitei17


sitei18

「で、あたし、考えたんです。黒檀の量を減らして、今まで鉄で補っていた部分を鋼に変えるんです。
そうするとコストを削減しつつも、強度は今までとあまり変わらない物が出来ると思うんですよ」


sitei19

「だが黒檀を減らしちまうと脆くなっちまうだろ?」


sitei20

「そこは頻繁に手入れが必要になってきます。
メンテナンスも大切な作業のひとつですし、常連さんも増える筈です。
これなら少ない作業時間で効率よくお金が入ってくるようになりますよ」

「クオリティが下がった時点で、客は寄り付かなくなると思うがね」

「コストよりもクオリティを重視するあなたの考えは正しいと思います。
ですが、それは余裕のある時の話……」


sitei21

「……もう!マイスター・ルーファスは!!休んでばかりで全然仕事してくれないじゃないですか><
あなたが全部悪いんですよ!」

「なんだよ、コーヒーくらいゆっくり飲ませてくれや」

「だらだら、だらだらと、……もう一時間以上休みながら飲んでるじゃないですか!それぬるいでしょ!?美味しくないでしょ!?」

「新しいの淹れてくれるかい?」

「泥水でよければ(怒)」

「わーった、わーった、仕事するって。そんなに怒るなよ(汗)」

「もう!もう!!」ぷんぷん

sitei22


ルーファスはどちらかというと芸術家肌な職人さんなので、コストよりも質を重んじます。
腕がいいくせに気が向いた時にしか仕事をしてくれないので、アリーはイライラしっぱなし。
まぁ、仕方ないよねw

優秀な弟子とぐーたらな師匠、そんな2人です。





Newest