ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりどし

2017obnenga01

2017.酉年

あけましておめでとうございます
本年もどうぞ、宜しくお願いします

         -アルパカーん-



旧年中は様々な方々に大変お世話になりました。
今年もゆるゆると宜しくお願いします(*´v`*)

という事で、今回も屁ぷしさん作「あけましておめでとうございますセット2017」をお借り致しました。
新年一発目にはかかせません。
相変わらず丸っこいフォルムで本当に可愛らしい&見ていて凄く面白いですw
いつもいつも本当にありがとうございます!

2017obnenga02
↑案の定、おっさんです


ではでは、新年一発目からお目汚し失礼致しますです。




2017obnenga03

池の精「あなたが落としたのは……」



2017obnenga04

「こちらの金のおっさんですか?」


2017obnenga05

「それとも、銀のおっさんですか?」


2017obnenga06

「もしかして、両方かしら?さぁ、選んで頂戴な」


2017obnenga07

「……私が落としたのは、そのどちらでもありません」


2017obnenga08

「私が落としたのは……」


2017obnenga09


「普通のおっさんです!」




2017obnenga10



2017obnenga11



2017obnenga12

「あなたは正直者ですね。それでは願い通り、普通のおっさんをお返ししましょう」



2017obnenga13

「あぁ~っ!おっさんお帰りなさい!」


2017obnenga14

「無事で良かったわ!凄く心配したのよ?」



2017obnenga15

「……人を池に突き落としておいてなんだその言い草は。正気の沙汰とは思えん(怒)」

「うっ、うっ、ごめんなさい>< 都市伝説かどうか確かめたかっただけなのよ~……」



~おしまい~




もうね、金色と銀色の鶏ちゃんがある事を知った時点でやりたくてウズウズしちゃって。
もしかしたらどなたかがやるんじゃないかと思っていたのですが……

新年早々、くだらなくてすいませんw
今年もこんな調子でいきますので、宜しくお願いします^^;

---------------------------------------------
---------------------------------------------

最後にSkyrimの話を少々。

自キャラにルーファスというキャラがいるんですけど、なんと、カスタムボイスフォロワーModの中に彼について呟いてくれるキャラがいるんですよ。

それがこちら+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「Private Squad V03 」
魅力的な女性達がカスタムボイス(内2名)な上に変身までしてしまう、凄いフォロワーModです
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

こちらにSkuld(スクルド)ちゃんという愛くるしい女の子がいます。
この子がホワイトランにある酒場”ハンツマン”にいる時にちょこちょこっと喋るので、機会があれば是非聞いてみて下さい。
私は歓喜に打ち震えてどうにかなってしまいそうでしたw

台詞に出てくるだけですが、それでも自分のキャラが本当にSkyrimの中で息衝いているんだな~って、そう思うと嬉しくてね~


貴重な機会に関わらせて下さったBornさん、本当にありがとうございます!
ちびっ子の方も期待しています///

2017obnenga16
↑この2人に纏わる話は初期の頃から実は沢山あるんです



それでは、本年も皆様にとって良い年でありますように!


スポンサーサイト

酒場にて

注意・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
このお話はいつも通りおじさんと若い娘のイチャラブ話です。
苦手な方はご注意を!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥




~Skyrim、マルカルスの酒場「シルバーブラッド」にて~

sakaba01


sakaba02

「ミア、風邪を引くぞ。もう部屋へ戻って休みなさい」


sakaba03

「……おっさんはまだ飲むんでしょ?なら、私も居る……」うとうと……


sakaba04

「もう、あなたに置いて行かれたくないの……」

「……まだ蒸し返すのか?」

「根に持ってるんだもの」


sakaba05

「いくら口で言っても、君は聞いてくれんからな」
「……生涯を掛けて擺脱(はいだつ)させるしかなさそうだ……」


sakaba06

「‎別にいいのよ、私の事なんてほっといても」

「そうもいかんだろ」
「まぁ……、そう拗ねるな」



sakaba07

「……ひとりにしないでね……」



sakaba08

「わかってる」




「……さて、ここらで切り上げるとするか。泣き出されたらかなわん」





sakaba09


「……待って、おっさん……」


sakaba10

「……なんかフラフラする……」

「珍しく飲みすぎたようだな」
「ほら、おいで」

sakaba11

おっさんは足元のおぼつかない彼女を軽々と抱き上げた。
そのまま今晩泊まる部屋へ、ゆっくりと歩き始める。



sakaba12

「……アズ……、一緒に寝てくれる……?」

「いつもそうだろ」



sakaba13

「……それじゃぁ、手を繋いでも……いい?……」

「いいよ」



sakaba14


彼女はおっさんにしがみ付く腕に力を込めた。
もう二度と離れるのを拒むように。



sakaba15


sakaba16



「君が夜中、トイレに起きたとしても離さんからな」


ーおわりー


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――

火取蛾さんの酒場ポーズを使用させていただきました
素敵な物をありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――


Miaは酔うと睡魔に襲われると同時に、少し甘えん坊になるようです。

2人はシロディールでデイゴンを討伐した後、暫く離れ離れになってしまいます。
その間Miaはひとり寂しく生死不明の彼の帰りを待つことになります。
彼に助けられたと頭ではわかっていても、それが原因で勝手にいなくなってしまった事を今でも根に持っています。
余程辛かったんでしょうね…


ってことで、皆さんよきクリスマスをお過ごし下さいませ!
(とってつけたような台詞で無理矢理クリスマス感を出してみました)


もやもやっと~後編~

さて前回はMia&おっさんについてでしたが、今回はSkyrimで初めて作成したキャラ達について紹介も兼ねてダラダラと書き綴っていこうかと思います。
歳を取るとね、どこかに書き残しておかないとおばさん忘れちゃうのよ(汗)

------------------------------------

まずはルーファスです。
フルネームは「ルーファス・シド・マクベイン(Rufus Cid Mcbain)」といいます(ちなみに本名ではありません)。
詳しい事はこちらに書いてあるので興味のある方はどうぞ。

rimukyara01

私がSkyrimで初めてちゃんと作ったキャラです。
(一番最初はカジートで遊んでました)

実は随分昔にオブリでも作成しようとしていた時期があったんですけど、あまりにも出来が悪いのでお蔵入りになったキャラです。
なのでSSすら残っておりません。
そしてMia&おっさんよりもキャラとしての誕生は古かったりします、意外でしょ?w

rimukyara02

おっさんとちょっぴりキャラ設定が似ているのは、とあるキャラからおっさんとルーファスに分裂したせいだったりします。
なのでどちらにも娘がおり、なんらかの形で失っています。
そして幸せになるのがおっさん、不幸なまま終わるのがルーファスなんです。

rimukyara03


私は海外俳優が大好きなのでキャラ作成をする時はもやもやっと思い浮かべている事が多いです。
彼を作成した時はこの辺の人達の事をもやもやっと浮かべてました。

rimukyara17
↑この中にいる3名は声が山路和弘さんです

特に左上の2人(ポール・ベタニー、マーク・ペルグリノ)が濃いかな?
元々持っているイメージにその時見ていた映像物が結構影響してくる傾向にあります(汗)
たぶんこの時はLOSTファイナルシーズンを見ていたんじゃないかな~w

あとね、声のイメージが定番の山路和弘さんなので(おっさんもそうです)、彼の持ち役の影響も大きいです。
ちなみに”おっさん=CV山路さん”は絶対に譲れないので、違う配役にするとなると”ルーファス=加瀬康之さん”となります。
ベタニーの声が加瀬さんなので、こちらも結構合ってると思うんですよねw

でもやっぱり山路さんなんだな~。
っていうか、うちのキャラは全員山路さんでいいんじゃないかな~、どうせ脳内妄想でしか堪能出来ないんですし><

rimukyara04

元々彼はドゥーマー技術にも精通している鍛冶職人でした。
普段は剣&盾で戦いますが、本来の武器は銃などの火器類です。
弾数が限られているので一番得意としているガン=カタが使えないというジレンマがあります。
ガン=カタは凄く格好良いんですけど、最近は「ジョン・ウィック」みたいなもうちょっとリアル寄りのガン・アクションもいいな~なんて思っています。

rimukyara05
↑火傷の痕が目立ちます。そして体中傷だらけ

私の妄想話では現在の彼は復讐を終え、空虚な気持ちを抱えながら日々をダラダラと過ごしているただの飲兵衛です。
傭兵仕事で小銭を稼ぎながらたまにエオルンドの仕事を手伝ったり用心棒をしたりしています。

以前はこのサイトでフォロワー化した彼を配布していたこともあります。
私にとってMiaやおっさんと同じくらい思い入れのあるキャラなんですよ~。


----------------------------------

次にアリーです。

rimukyara06

現在はスカイフォージのエオルンドの弟子ですが、後にルーファスを師匠と仰ぐようになります。
ちなみにエオルンドの遠い親戚に当たるので、名前はアリア・グレイ・メーンといいます。
口減らしのために家を出され、鍛冶屋を継ぐ者がいないという事で彼の元に住み込みで弟子入りしました。
まだ21歳ですが腕はかなりいいです。

rimukyara07
↑あれっ?上のSSと同じポーズだ(汗)探すのが面倒臭いので同じポーズでばかり撮ってしまいますorz

まだ頂点編集とか全然していないので荒が目立ちますが、”田舎から出てきた赤毛のアン”をイメージして作成しています。
不細工の一歩手前を目指しており「あれ?よく見ると可愛い??」って辺りを狙っています(酷い言われよう)。


rimukyara08
↑ソバカスがあるんですけど、ちょっと分かり辛いですね


rimukyara17
↑これくらいアップにならないとソバカス見えないね^^; あと、目頭の切れてる(?)部分がとても気になります


rimukyara09
↑ハロウィン用SSより。猫耳可愛い

現在の彼女はエオルンドの元で鍛冶修行に勤しみながら、一方でエオルンドからの命によりルーファスの世話なんかもさせられています(彼の部屋の掃除やご飯を作りにいったりなど)。

rimukyara11
↑彼の部屋は基本汚いです

一緒に鉱石の買い付けに行ったり、柄の悪い客から守ってもらったりしていく内に親交を深めて行きますが恋愛関係に至る事はありません。
ルーファスは崇拝対象であり、あくまで師匠として尊敬するに留まります。
の、割にはぞんざいな扱いを受けるルーファスです。

(2人の関係をもっとよく知りたい方はこちらをどうぞ「師弟関係の2人に20の質問」

rimukyara10

Miaとおっさんがラブラブなので、この2人はプラトニックでいく予定です(師弟関係も好きなんです)。

------------------------------------------

そして最後にギルさん。
敬意を込めて”さん付け”ですw

rimukyara12

名前はギルバート・ジャームッシュ、通称:ギル、63歳です。
現マーラ司祭ですが、元々は家族稼業が今で言うマフィアだったので色々と黒い事柄にも手を染めてきた人物です。
服役経験あり。

rimukyara13

服役中に信仰に目覚め、善行を積むことを誓い、体にタトゥを施しました(気合入ってるねw)
出所後は贖罪のために各地を周り病人や怪我人達を助けています。
ただ、かなりの方向音痴のため、中々思うように移動できないみたいです(老人ボケではございませんよ!)

rimukyara14

家族は母親と義理の妹がいますが、家族間でゴタゴタがあったため母親に拒絶されているので家に帰ることは滅多にありません。
ちなみに義理の妹とは互いに好意を寄せ合っているのですが、そのことには一切触れることはなく、2人共”身内”としての付き合いをしようと努めています。

rimukyara15

モデルはクリント・イーストウッドとベッカムです。
海外のシニアモデルにいそうなおじさんを作りたかったのですが、それらしく出来てるかな?

rimukyara16

私にしては珍しく人相の悪くないおじさんです(おっさんもルーファスもいわゆる悪人顔です)。
フォロワー時はヒーラーとして皆を回復しつつ戦ってくれるので、とても助かっています。
ただね、性格を真面目にしちゃったのでゴミを捨てたりすると「ゴミを拾え、このクソ野郎が」などと言い放つので、その度にヘコみますorz

---------------------------
---------------------------

あと2人ほどキャラがいるのですが、とりあえずこんな感じです。

相変わらずおじさんの割合が高いですねw
でもね、私以外に50歳以上のおじさんを作ってる方って本当に少ないので、リムでも相変わらずの自給自足です。
皺やシミをテクスチャに付け足して老けさせる事に必死になってるのなんてたぶん私くらいですよ(汗)
TES6ではもうちょっと皺と髭の種類を増やして欲しいものです…
圧倒的にバリエーションが少ないんじゃ!(などと思ってるのもたぶん私くらい…涙)
(自分の性癖はかなり特殊なので、これはもう仕方のない事なんですけどね><)

もやもやっと

大分放置しておりました(汗)

このブログはOblivionのみを取り扱っていこうと思っていましたが、もうすでに何ヶ月も起動すらしていない有様でございまして…。
このままではイカンと思い、オブリに拘ることをやめ、様々なゲームの思い出やメモ書きを残していくことにしました。
もちろん、オブリのネタやRP話も続けていくつもりです。

自分の思い出や記録はブログに書き残しておくのが一番後で見返しやすいな~ってちょっと思いまして。
TwitterやTumblrは気軽に投稿出来て便利ですが、消えちゃってたり記事自体がどこにいってしまったのか探すのが面倒臭いような気がするんですよ(使いこなせていないorz)

あとね、ダラダラと適当な文章を書き残しておくのはここが一番気が楽でいいな~ってw
なんかちょっと色々とあり過ぎて疲れてしまいました。


ということで、今回は私のメインのオブリキャラ、Mia&おっさんの事についてメモっておこうと思います。
っていうか、ほとんど不満&愚痴だったりしますorz
キャラに対する思い入れが強くなるとちょっとやそっとじゃ満足出来なくなる、というお話です…(遠い目)

------------------------------------------------

私のメインキャラのひとりMia(ミアです)

rimumia14


このキャラをSkyrimでも使いたくて頑張って作成しているのですが、いまいちピンときていないというのが現状です。


rimumia01
↑初期の頃。Miaといえばショートヘアでしょって事で


Witcher3を経験してしまった今となっては、どうにもリアルさが足りないと感じてしまい全く満足できません><
ゲームが違うので仕方のない事ですが、にしても、もうちょっとリアルに作れないものかと悩んでおります。
あのゲームは本当にキャラがよく出来ていて私の理想です。


rimumia02
↑28歳に見えないのでボツ。これはこれで可愛いけど、Miaに見えない><


rimumia03
↑現・Mia。まぁ、これだって28歳には見えないんだけれども(汗


顔だけでなく、髪型も実は迷走中。
上記のショートヘア2種類が有力だけど、

rimumia04

こちらも捨て難い。
これだと髪の毛を下ろしたバージョンとか、オブリの時には味わえない楽しみが増えるんですよw

あと、ENBや場所によって全く別人になるのも困るのよね><
これも仕方のない事なので諦めています。

rimumia05
↑現・Mia。同じENBでも室内とお外では大分見栄えが違う。なのでENB選びは本当に苦労します


---------------------------------------

もうひとりのメインキャラ、Azazel(おっさん)。

rimumia15


彼を作成している時に海外ドラマ「Hawaii Five-o」に丁度ハマってまして、気が付いたらアレックス・オローリンの輪郭に近い形に作っておりまして…

イメージが全く違うのに、どうしてこうなった、って感じだったりします(汗)
影響受けすぎorz


rimumia08


どちらかというとウィレム・デフォーとかヴァンサン・カッセルみたいな面白い顔つきなのに渋くて格好良い雰囲気のおじさんにしたいので、作り直す予定です(でも、まだMiaよりはらしさが出ているので、これはこれで好きです)

海外ドラマ「クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~」のルイが結構近いのですが、あの顔をもうちょっと猿から離れた感じのスマートなおじさんにしたいな~って思っています。

(Miaよりは方向性が割と固まってるので彼女よりは作り易いです)

rimumia09


rimumia10
↑この悪~い感じの顔、大好きです


rimumia11
↑相変わらず毛の色で悩んでいます。本当はマッツ・ミケルセンみたいな髪色がいいのですが、顔色と同化しちゃって髭が見えなくなっちゃうんですよ。なので分かり易い黒っぽいグレーか白を選ぶしかないという


rimumia12
↑Miaを見つめる目つきがいつもなんだか優しいんですよ


rimumia13
↑マントひらひら、本当に素晴らしい


-------------------------------

rimumia06


リムでは完全にくっついている2人です、らぶらぶ///


rimumia07




-------------------------------

などといいつつ、全然修正する気力が湧かないというのが現実でございますorz
やっぱりとにもかくにもWitcher3を全制覇しないとオブリやリムに気力がいかないのです。
最近はグランブルーファンタジーや主人と一緒にゲームで遊んだりなど、他に沢山面白いことがあるのでどうしてもね^^;

次回はSkyrimで作成したキャラ(ルーファス、アリー、ギルさん)についてダラダラと書き綴る予定です。







草がもっさもさ

「Far Cry inspired Grass」 Latest version

草のリモデル&リテクスチャです。
リソースバージョンと置き換えバージョンがあるので好みに応じて導入して下さい。

(その節はnariteteさんどうもありがとうございました!)


優れた最新の植物Modが多々ある中、相変わらず頑なに「Lush and Gaudy Floriana Gloria」v1.2使用中なので、そこに上書きする形で導入してみました。

GrassKurabe01

GrassKurabe02

L&Gに比べると草の丈がちょっと高いです。



GrassKurabe03

GrassKurabe04

鈴野牧場のスズノさんです。
「Far Cry inspired Grass」だと埋まり気味なスズノさん。



GrassKurabe05

GrassKurabe06

「Far Cry inspired Grass」は密集度が素晴らしいです。
L&Gなどの草Modは上から見ると短冊状に見えますが、「Far Cry inspired Grass」はほとんど破綻がありません。


あとね、毛並みが凄くいいです。

ふっさふさの、もっさもさなの。
とっても気持ちが良さそうです。

GrassKurabe07


あまりにも素晴らしい毛並みなので引き続き使用していくことにしました。
ただ、L&Gに混ぜると緑過ぎるので色味を変更させていただきました。


GrassKurabe08
↑変更前
↓変更後
GrassKurabe20

微妙な変化ですが、この差は大きいんですよ、奥さん。

ではちょっとどうなったか確認してきますね~。



GrassKurabe10

おお~~


GrassKurabe11


GrassKurabe12


GrassKurabe13


いいですね~、凄くいいです。
オブリは緑が映える景観が本当に素晴らしいので、この草Modの恩恵は絶大だと思います。

--------------------------------------

ここから下は嬉しくなって色々と撮影してきたものです。
お目汚し失礼致しますですよ。

GrassKurabe16


GrassKurabe14


GrassKurabe15

しとしとと降る雨の森。
木漏れ日が綺麗。


GrassKurabe17


GrassKurabe18


GrassKurabe19


あぁ~、やっぱりオブリは癒されるな~(*´v`*)


他愛の無い小話など

Twitterにあげた突発的な小話を2つ程。
(自分であげた画像などもその内流れて行って見れなくなってしまう事に気付いたので、サルベージしておこうと思いました><)


その1「ねこの日」

nekoMia01


nekoMia02


nekoMia03

おっさん、精一杯の対応。


nekoMia04

おっさんの髭を舐め、「苦いね」とMia。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

その2「おかえりなさい」

okaeri01


okaeri02


okaeri03


屁ぷしさんの「MeRuRu」より。
初めて見た時はびっくりしましたw
この格好に靴下っていうのが個人的に凄く好きです(*´Д`*)





Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。