ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

グラぶってます

かれこれ1年近く経ちますが、もっぱらグランブルーファンタジーばかりやってます。

始めたのはいいのですが、このゲーム、本当にガチャでSSR(一番ランクが高くて強いキャラ&召喚獣)が出ません(汗)


始める前から「ガチャが渋い」とは聞いていたのですが、まさかこれほどまでとは……。
ちなみに始めたキッカケは私のご贔屓の方が声を演じてらっしゃるキャラが登場したからです。

gurarufas19.jpg
↑港々に愛するセニョリータ達が存在するという脅威の伊達男


このキャラが欲しいがために頑張っているのですが……。
ガチャイベント時に課金しちゃえば貰えるんですけど、どうもスマホゲームに課金する気にはならなくて^^;
どうせパーティメンバーも揃えないと戦えないわけですし、そう思ってレジェンドガチャイベント時には引きまくっている訳です。

でね、この間106回ほど回してSSR1個という、悲惨な結果にorz

心がポッキリ折れた訳でございます。


これはアカン。
これはアカンでー(;´༎ຶД༎ຶ`)



そんな時に、とある素材が目にとまりました。
これはもう自分で作るしかない、と。

gurarufas1

ばばーん!



gurarufas2

ルーファス「そんな顔されちゃぁ、ほっとく訳にもいかねーなー。いいぜ、背中くらいは守ってやるよ」


ということで、自キャラで作ってみました(汗)
こんな妄想でもしてないとね、やってられんとですよ><


ついでに色々考えてみました。


○名前:ルーファス
○属性:火

マスケット銃「マエストロ」を入手することで加入


<アビリティ>

○リベリオン
敵全体にランダムに10回攻撃/奥義ゲージ10%UP


○レザボア・ドッグス
敵全体を攻撃し防御DOWN・稀に麻痺効果/仲間の攻撃UP・クリティカル率UP


○ハートロッカー
敵単体に大ダメージ・属性DOWN/自分の防御が1ターンDOWN


gurarufas20.jpg


<サポートアビリティ>

○古のドゥーマー知識
弱点を突いた時にクリティカルが発生し易い


○無名の巨匠
HPが少ないほど攻撃UP




<奥義>

○アポカリプス・ナウ
火属性ダメージ(特大)★灼熱効果/防御DOWN



<最終上限解放後に覚えるスキル>

○エクスペンダブルズ
ターンごとに攻撃UP、HP減少、状態異常無効。
HP1でも一度だけどんな攻撃にも耐え切れる。
再使用で効果消滅。


-----------------

スキル名称とか考えるのが苦手なので全部私の好きな映画のタイトルでまとめてみました。

gurarufas21.jpg
↑ルーファスに浣腸しようとしているおっさん(そんな馬鹿な)


デバフも出来る完全なるアタッカーです。
まぁ、妄想なのでなんでもありです(笑)

ちなみに闇属性SSRキャラは8人もいるのに、光属性SSRは0という偏り具合。
なんでしょうね、やっぱり課金しろって事なのでしょうか……
最近は主人と一緒に遊ぶ事も多くなったので、まだまだ続けるつもりです。
いつか欲しいキャラが手に入るといいな~


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

ここから下は適当に以前撮影したSSを張って行きます。


gurarufas3

基本的にこの3人で冒険している事が多いです。
古いPCなのであまり大人数は連れて行けないんですよね><


gurarufas4

Miaとおっさんのガイドとして付き添っているルーファス、という感じです。
Miaとおっさんは観光旅行ということになってますが、実際はとある目的があってスカイリムに来たようです。
シロディールを救ったあの人がドラゴンとなって復活した、みたいな夢を彼女が見たとか見ないとか。
まぁ、そんな感じですw


gurarufas5

ルーファスはこの2人の事をどう思っているのでしょう……

多少は羨ましいとは思っているんだろうな~
だって、還暦近いおっさんがこんな若い娘とできちゃってるんですよ?
普通は羨ましいですよね?w


gurarufas6

だけど祝福する気持ちはあっても、自分もそうなりたいとは思っていなさそうです。
ルーファスは意外と後ろ向きなんですよね^^;

おっさんに「前を向いて、新しい人生を歩むつもりはないのか?」と訪ねられても、たぶん自嘲気味に笑って終わりです。

彼は復讐を果たすために、それなりの事もしてきました。
人に言えないような酷い事も沢山してきました。
なので今更自分が幸せを掴めるなんて、そんな虫のいい話は有り得ないと思っているフシがあるのかもしれません。


gurarufas7

少し暗い話になってしまったので、ええケツでもご覧下さい。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

Miaの髪型とテクスチャを変えてみました。

gurarufas8


gurarufas9

多少リアル寄りのテクスチャにしてみたのですが、このENBだと全部ボケちゃってサッパリわかりませんね^^;


gurarufas10


gurarufas11

とりあえずこのまま放置しています。
もうどれがいいのか、試している内にわからなくなっちゃうんですよね><


gurarufas12

同じようにおっさんもずっと試験中です。
この濃い~感じが好きなんですけど、外へ出ると濃すぎて怖いんです。
この部屋で見ると滅茶苦茶私好みなんだけどな~……

gurarufas13

もうね、この辺の悪~い顔とか最高にたまらんのですよ。

gurarufas14

悪いわ~、絶対悪いわ~(褒め言葉)


gurarufas15

ギルさんはこう見えて暗殺者並の剣の腕前をお持ちです(特に短剣)。
だけど、滅多に刃物は使いません。


gurarufas16

現役の頃は盗賊ギルドに仕事を依頼していた事もありました(ギルさんちは元々マフィアです)。
たぶんメルセルとも顔見知りです。


gurarufas18


そんな訳で、すっかり足を洗った今でも昔の知り合いから接触を受けるなんて事もあったりします。
彼はとても嫌がりますけどね。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」という映画があります(とても好きなんです)。
ギルさんは結構この映画からの影響が強いです。


gurarufas17

笑うと可愛いよねw

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今凄く心待ちにしている事がありまして、実は5/24から「GWENT グウェント ウィッチャーカードゲーム」のパブリックベータが日本で始まります。
ずーーっと長い事待っていたので、とても楽しみです。

そのWitcher繋がりでですが、Netflixでドラマが制作される事が決定しました。
前々からHBO辺りでドラマ化しないかな~なんて思っていたのですが、まさかNetflixが着手するとは思いもせなんだ。
今回は原作者のAndrzej Sapkowski氏も参加するようなので、どうなるのかとても楽しみです。

■記事はこちら
http://www.choke-point.com/?p=21483

■随分前に呟いたWitcher3実写配役妄想




実はドラマとは別に映画化も予定されてますが、こちらはCGで制作されるとのこと。
ドラマはたぶん実写だよね?
私の妄想が当たるとはとても思えませんが、著名な方も出演されると嬉しいな~。

Witcherの原作の方も続きが日本で出るという話ですし、私のようなにわかウィッチャーファンでも心躍らずにはいられません。
まだまだWitcherの世界から離れる事は出来そうもないな~(歓喜)























実在しない小話抜粋~後編~


前回の続きです。
(自分用にまとめてあるだけです><)






Miaはちょっぴり残念な子でして…
おっさんとしては、面白くてたまらないでしょうね。







後出しで負けるって、結構難しいんですよ?w
Miaの天然具合が伝わるといいな~







この辺まで来るとアホな話ばかりになってきています。
脳が疲れてくるとこんなんばっかですよ(汗)
Miaは本を読んでくれるおっさんの語り口調がとても好きみたいです。







こちらもいつかはSS付きでやりたいと思っているお話です。
いい匂いのするおっさんとか、どうですか?








ここからはルーファスのお話です。
弟子アリーに対して羞恥プレイを無意識の内に行なっています。
彼にはそんな気はサラサラないのですが、やられた方としてはたまらんのです。
そして復讐を誓うアリーという流れになっています。













こちらはルーファスと狩猟の女神アエラのイチャラブ話です。
NPCと絡ませた事が一度もなかったので表に出すのが怖くてお蔵入りになっています(汗)
いつかSS付きで出せたらいいな~


























最後にまとめてMia&おっさんのイチャラブです。
普段弱味を見せないおっさんがMiaに無様な姿を見せてしまうお話です。


---------------------------------------

一部抜粋ばかりですが、こんな風に何本か短編のストックがあります。
忘れた頃に読み返すと、他人が書いた物を読んでいるような錯覚に陥るので、それで自給自足している部分も無きにしも非ず。
歳の差恋愛物は昔よりも増えたとはいえ、やっぱりマイノリティですね~><

























実在しない小話抜粋~前編~

随分昔にTwitterで「#1ふぁぼ毎にうちの子の実在しない小説の一部分を書き出す」というのをやりました。
今回はそれを解説付きでまとめてみました。

そんなのモーメントにまとめればいいじゃない、ですって?

まぁ、そうなんですけれども、私はあまりTwitterを見ないものでして…^^;
(未だに使い方もよくわかっていない)
あとね、忘れた頃に見返してひとりニヤニヤするのが目的ですので、ブログにまとめてある方が自分的には楽なんですよねw

基本的にはMia&おっさんのイチャラブです。
なので苦手な方は御注意して下さいませ!

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------




この話は実際に我が家でたまに行なわれる光景が元になっています。
私と主人だとただの笑い話にしかなりませんが、Mia&おっさんだと萌えるんですよね、ズルイですよね。

jituzai01
↑2人共犬好きです








昔の検便を御存知ない方にはよくわからない話ですよね。
なんか昔はマッチ箱とかにう○ちを入れて学校に持っていったらしいですよ?(本当かな??w)
Miaはあまりものを知らない子なので、初見で見た牡丹餅が謎の物体に見えたんでしょうね、きっと(汗)






これね、いつかちゃんとSS付きでやりたいんですよね。
ちなみに参考にしたネタは「Hawaii Five-O」のダニー&元嫁のやり取りです。
確かインディ・ジョーンズにも似た様なシチュエーションがありましたよね。
普遍的な萌えシチュでございます。







これはOblivionのクエスト「非友好的な競争相手」を元にしたお話の一部です。
余計な事に首を突っ込むMiaに辟易しているおっさんをマリア・エレーナが促すという場面です。
基本的にMiaとおっさんは意見が合わずにぶつかり合う事が多いです。

ちなみに現在当ブログで進行中の吸血鬼のお話が終わったらこちらをやる予定でしたが、いつになる事やら…







こちらも同上。
映画やドラマでは定番ですよね。
実はどちらかというと苦手なシチュエーションなのですが、ロマンス知識に乏しい自分としては一度は通らなければならない道かな?なんて思ったものですから…
難しいね><







「こわれたおもちゃ」という自作短編からエイジャさんの台詞です。
おっさんちのお手伝いさんであるエイジャさんはMiaよりもおっさんと付き合いが長いので色々と知っているようです。
Miaは自分が壊してしまった木馬のおもちゃが、おっさんの娘の物だと知ります。
さすがの彼女も顔面蒼白です。







同上です。
普段なにかと口煩い彼が何も言わないというのが、彼女にとっては一番の恐怖なのかもしれません。
実際はそんなことはないんですけどねw







同上です。
なんとか修復しようと奮闘しているMiaです。
もちろん”与作”はさぶちゃんのあれからきています、へいへいほー。






同上です。
まぁ、色々あったんでしょうね。
Miaが初めておっさんを受け入れてもいいかな?などと、特別な繋がりを感じるお話です。
結構好きな話なんですけど、表に出す機会はなさそうです^^;






同上です。
親愛の証として頭頂部にキス、いいよね~///







「も」が多過ぎてどこで区切っていいのかわからなくなりませんか?
私はなります。


------------------------------------
------------------------------------

長くなってしまうので今回はここまでです。
次回は後編をお送り致します。


広告対策

広告が邪魔なので一時的な措置でございますorz
もうっ、いやん(;´༎ຶД༎ຶ`)

とりどし

2017obnenga01

2017.酉年

あけましておめでとうございます
本年もどうぞ、宜しくお願いします

         -アルパカーん-



旧年中は様々な方々に大変お世話になりました。
今年もゆるゆると宜しくお願いします(*´v`*)

という事で、今回も屁ぷしさん作「あけましておめでとうございますセット2017」をお借り致しました。
新年一発目にはかかせません。
相変わらず丸っこいフォルムで本当に可愛らしい&見ていて凄く面白いですw
いつもいつも本当にありがとうございます!

2017obnenga02
↑案の定、おっさんです


ではでは、新年一発目からお目汚し失礼致しますです。




2017obnenga03

池の精「あなたが落としたのは……」



2017obnenga04

「こちらの金のおっさんですか?」


2017obnenga05

「それとも、銀のおっさんですか?」


2017obnenga06

「もしかして、両方かしら?さぁ、選んで頂戴な」


2017obnenga07

「……私が落としたのは、そのどちらでもありません」


2017obnenga08

「私が落としたのは……」


2017obnenga09


「普通のおっさんです!」




2017obnenga10



2017obnenga11



2017obnenga12

「あなたは正直者ですね。それでは願い通り、普通のおっさんをお返ししましょう」



2017obnenga13

「あぁ~っ!おっさんお帰りなさい!」


2017obnenga14

「無事で良かったわ!凄く心配したのよ?」



2017obnenga15

「……人を池に突き落としておいてなんだその言い草は。正気の沙汰とは思えん(怒)」

「うっ、うっ、ごめんなさい>< 都市伝説かどうか確かめたかっただけなのよ~……」



~おしまい~




もうね、金色と銀色の鶏ちゃんがある事を知った時点でやりたくてウズウズしちゃって。
もしかしたらどなたかがやるんじゃないかと思っていたのですが……

新年早々、くだらなくてすいませんw
今年もこんな調子でいきますので、宜しくお願いします^^;

---------------------------------------------
---------------------------------------------

最後にSkyrimの話を少々。

自キャラにルーファスというキャラがいるんですけど、なんと、カスタムボイスフォロワーModの中に彼について呟いてくれるキャラがいるんですよ。

それがこちら+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
「Private Squad V03 」
魅力的な女性達がカスタムボイス(内2名)な上に変身までしてしまう、凄いフォロワーModです
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

こちらにSkuld(スクルド)ちゃんという愛くるしい女の子がいます。
この子がホワイトランにある酒場”ハンツマン”にいる時にちょこちょこっと喋るので、機会があれば是非聞いてみて下さい。
私は歓喜に打ち震えてどうにかなってしまいそうでしたw

台詞に出てくるだけですが、それでも自分のキャラが本当にSkyrimの中で息衝いているんだな~って、そう思うと嬉しくてね~


貴重な機会に関わらせて下さったBornさん、本当にありがとうございます!
ちびっ子の方も期待しています///

2017obnenga16
↑この2人に纏わる話は初期の頃から実は沢山あるんです



それでは、本年も皆様にとって良い年でありますように!


酒場にて

注意・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
このお話はいつも通りおじさんと若い娘のイチャラブ話です。
苦手な方はご注意を!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥




~Skyrim、マルカルスの酒場「シルバーブラッド」にて~

sakaba01


sakaba02

「ミア、風邪を引くぞ。もう部屋へ戻って休みなさい」


sakaba03

「……おっさんはまだ飲むんでしょ?なら、私も居る……」うとうと……


sakaba04

「もう、あなたに置いて行かれたくないの……」

「……まだ蒸し返すのか?」

「根に持ってるんだもの」


sakaba05

「いくら口で言っても、君は聞いてくれんからな」
「……生涯を掛けて擺脱(はいだつ)させるしかなさそうだ……」


sakaba06

「‎別にいいのよ、私の事なんてほっといても」

「そうもいかんだろ」
「まぁ……、そう拗ねるな」



sakaba07

「……ひとりにしないでね……」



sakaba08

「わかってる」




「……さて、ここらで切り上げるとするか。泣き出されたらかなわん」





sakaba09


「……待って、おっさん……」


sakaba10

「……なんかフラフラする……」

「珍しく飲みすぎたようだな」
「ほら、おいで」

sakaba11

おっさんは足元のおぼつかない彼女を軽々と抱き上げた。
そのまま今晩泊まる部屋へ、ゆっくりと歩き始める。



sakaba12

「……アズ……、一緒に寝てくれる……?」

「いつもそうだろ」



sakaba13

「……それじゃぁ、手を繋いでも……いい?……」

「いいよ」



sakaba14


彼女はおっさんにしがみ付く腕に力を込めた。
もう二度と離れるのを拒むように。



sakaba15


sakaba16



「君が夜中、トイレに起きたとしても離さんからな」


ーおわりー


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――

火取蛾さんの酒場ポーズを使用させていただきました
素敵な物をありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――


Miaは酔うと睡魔に襲われると同時に、少し甘えん坊になるようです。

2人はシロディールでデイゴンを討伐した後、暫く離れ離れになってしまいます。
その間Miaはひとり寂しく生死不明の彼の帰りを待つことになります。
彼に助けられたと頭ではわかっていても、それが原因で勝手にいなくなってしまった事を今でも根に持っています。
余程辛かったんでしょうね…


ってことで、皆さんよきクリスマスをお過ごし下さいませ!
(とってつけたような台詞で無理矢理クリスマス感を出してみました)


Newest