ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫とルーファス


~マルカルス近辺、ルーファスの自宅兼研究室~




「う~ん……」


nekotoRufas01



nekotoRufas02



nekotoRufas03

かれこれ数時間、この体勢のまま文献とにらめっこをし続けている。
試作の銃の連射機能をどうしても上げたい。
そのヒントがどこかに隠されている筈なのに……

ルーファスは寝食を忘れひたすら没頭し続けた。



ぴょんっ ずっしり……

ふいに、頭に重みが増した。

nekotoRufas04


……にゃぁ~ん



nekotoRufas05

「……!?」


……にゃぁ~ん

nekotoRufas06

「おいっ……、降りろ、今取り込み中なんだよ……って、痛っ!やめろっ、やめろって」

にゃぁ、にゃ~……


nekotoRufas07

にゃ~、にゃ~、にゃ~

三毛猫が頭から降りていくと、今度は白黒の猫が肩に飛び乗ってきた。

「……お前さんもかよ」
「なんだ、どうしたんだよ、うん?腹でも減ったのか?……アリーはどこ行ったよ」


彼女の姿は見当たらない。
大方、買い出しにでも行ったのだろう。


nekotoRufas08

「……しょうがねーなぁ……、わーったよ」

彼は軽く息をつくと、ようやく重い腰を上げた。

nekotoRufas09

「どぉ~れ、散歩にでも行くかね」
「それで満足かい?」

にゃ~ん



nekotoRufas10




nekotoRufas11

「ベア」



nekotoRufas12

「付いて来な、散歩に行くぞ」

『ワン!』



こうしてルーファスは久方振りにお日様を目にするのでした。


「焼けるようだな」




~おわり~


---------------------------------------------


使用Mod:SKYRIM オブジェクトポーズ BYはるさん

動物と一緒のポーズがあまりにも可愛らしかったので久し振りにSSを撮りました。
素晴らしいものをどうもありがとうございます!

---------------------------------------------
---------------------------------------------

ルーファスは割と動物には好かれる性質なんですよ。
反対におっさんは怖がられる傾向にあります。
おそらく何かを感じ取っているのでしょうね、野生の本能で……w

ちなみに機械仕掛けの犬の名前は「ベア」といいます。
これは映画「クリムゾン・タイド」でジーン・ハックマンが艦内に連れ込んでいる愛犬(ジャック・ラッセル・テリア)の名前からきています。
ルーファスが文献を参考に手作りした、という設定です。
ちょっとブル・テリアっぽくて可愛いんですよw


彼は制作に入ると何もかも忘れて没頭してしまいます。
なのでたぶん、猫ちゃん達は心配だったんじゃないかな?なぁ~んて。



スポンサーサイト

何気ない日常

~Mia&おっさんの何気ない日常~


sentaku01

読書の合間に何気なく外を見やると、



sentaku02

Miaが洗濯物を干していました。
家事の類は何をやらせてもダメダメだったのが嘘のよう。



sentaku03

「……?」

なんだか視線を感じます。



……、……。


sentaku04

「……?」



sentaku05



sentaku06



sentaku07

「まったく……」苦笑



sentaku08

などといいつつ、とても嬉しそうなおっさんでした。



------------------------------------
------------------------------------

ほんの些細な出来事ですが、のんびり過ごせる日々は2人にとって宝物。
相変わらずな彼女がおっさんは大好きなんだな~w



実在しない小話抜粋~後編~


前回の続きです。
(自分用にまとめてあるだけです><)






Miaはちょっぴり残念な子でして…
おっさんとしては、面白くてたまらないでしょうね。







後出しで負けるって、結構難しいんですよ?w
Miaの天然具合が伝わるといいな~







この辺まで来るとアホな話ばかりになってきています。
脳が疲れてくるとこんなんばっかですよ(汗)
Miaは本を読んでくれるおっさんの語り口調がとても好きみたいです。







こちらもいつかはSS付きでやりたいと思っているお話です。
いい匂いのするおっさんとか、どうですか?








ここからはルーファスのお話です。
弟子アリーに対して羞恥プレイを無意識の内に行なっています。
彼にはそんな気はサラサラないのですが、やられた方としてはたまらんのです。
そして復讐を誓うアリーという流れになっています。













こちらはルーファスと狩猟の女神アエラのイチャラブ話です。
NPCと絡ませた事が一度もなかったので表に出すのが怖くてお蔵入りになっています(汗)
いつかSS付きで出せたらいいな~


























最後にまとめてMia&おっさんのイチャラブです。
普段弱味を見せないおっさんがMiaに無様な姿を見せてしまうお話です。


---------------------------------------

一部抜粋ばかりですが、こんな風に何本か短編のストックがあります。
忘れた頃に読み返すと、他人が書いた物を読んでいるような錯覚に陥るので、それで自給自足している部分も無きにしも非ず。
歳の差恋愛物は昔よりも増えたとはいえ、やっぱりマイノリティですね~><

























実在しない小話抜粋~前編~

随分昔にTwitterで「#1ふぁぼ毎にうちの子の実在しない小説の一部分を書き出す」というのをやりました。
今回はそれを解説付きでまとめてみました。

そんなのモーメントにまとめればいいじゃない、ですって?

まぁ、そうなんですけれども、私はあまりTwitterを見ないものでして…^^;
(未だに使い方もよくわかっていない)
あとね、忘れた頃に見返してひとりニヤニヤするのが目的ですので、ブログにまとめてある方が自分的には楽なんですよねw

基本的にはMia&おっさんのイチャラブです。
なので苦手な方は御注意して下さいませ!

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------




この話は実際に我が家でたまに行なわれる光景が元になっています。
私と主人だとただの笑い話にしかなりませんが、Mia&おっさんだと萌えるんですよね、ズルイですよね。

jituzai01
↑2人共犬好きです








昔の検便を御存知ない方にはよくわからない話ですよね。
なんか昔はマッチ箱とかにう○ちを入れて学校に持っていったらしいですよ?(本当かな??w)
Miaはあまりものを知らない子なので、初見で見た牡丹餅が謎の物体に見えたんでしょうね、きっと(汗)






これね、いつかちゃんとSS付きでやりたいんですよね。
ちなみに参考にしたネタは「Hawaii Five-O」のダニー&元嫁のやり取りです。
確かインディ・ジョーンズにも似た様なシチュエーションがありましたよね。
普遍的な萌えシチュでございます。







これはOblivionのクエスト「非友好的な競争相手」を元にしたお話の一部です。
余計な事に首を突っ込むMiaに辟易しているおっさんをマリア・エレーナが促すという場面です。
基本的にMiaとおっさんは意見が合わずにぶつかり合う事が多いです。

ちなみに現在当ブログで進行中の吸血鬼のお話が終わったらこちらをやる予定でしたが、いつになる事やら…







こちらも同上。
映画やドラマでは定番ですよね。
実はどちらかというと苦手なシチュエーションなのですが、ロマンス知識に乏しい自分としては一度は通らなければならない道かな?なんて思ったものですから…
難しいね><







「こわれたおもちゃ」という自作短編からエイジャさんの台詞です。
おっさんちのお手伝いさんであるエイジャさんはMiaよりもおっさんと付き合いが長いので色々と知っているようです。
Miaは自分が壊してしまった木馬のおもちゃが、おっさんの娘の物だと知ります。
さすがの彼女も顔面蒼白です。







同上です。
普段なにかと口煩い彼が何も言わないというのが、彼女にとっては一番の恐怖なのかもしれません。
実際はそんなことはないんですけどねw







同上です。
なんとか修復しようと奮闘しているMiaです。
もちろん”与作”はさぶちゃんのあれからきています、へいへいほー。






同上です。
まぁ、色々あったんでしょうね。
Miaが初めておっさんを受け入れてもいいかな?などと、特別な繋がりを感じるお話です。
結構好きな話なんですけど、表に出す機会はなさそうです^^;






同上です。
親愛の証として頭頂部にキス、いいよね~///







「も」が多過ぎてどこで区切っていいのかわからなくなりませんか?
私はなります。


------------------------------------
------------------------------------

長くなってしまうので今回はここまでです。
次回は後編をお送り致します。


酒場にて

注意・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
このお話はいつも通りおじさんと若い娘のイチャラブ話です。
苦手な方はご注意を!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥




~Skyrim、マルカルスの酒場「シルバーブラッド」にて~

sakaba01


sakaba02

「ミア、風邪を引くぞ。もう部屋へ戻って休みなさい」


sakaba03

「……おっさんはまだ飲むんでしょ?なら、私も居る……」うとうと……


sakaba04

「もう、あなたに置いて行かれたくないの……」

「……まだ蒸し返すのか?」

「根に持ってるんだもの」


sakaba05

「いくら口で言っても、君は聞いてくれんからな」
「……生涯を掛けて擺脱(はいだつ)させるしかなさそうだ……」


sakaba06

「‎別にいいのよ、私の事なんてほっといても」

「そうもいかんだろ」
「まぁ……、そう拗ねるな」



sakaba07

「……ひとりにしないでね……」



sakaba08

「わかってる」




「……さて、ここらで切り上げるとするか。泣き出されたらかなわん」





sakaba09


「……待って、おっさん……」


sakaba10

「……なんかフラフラする……」

「珍しく飲みすぎたようだな」
「ほら、おいで」

sakaba11

おっさんは足元のおぼつかない彼女を軽々と抱き上げた。
そのまま今晩泊まる部屋へ、ゆっくりと歩き始める。



sakaba12

「……アズ……、一緒に寝てくれる……?」

「いつもそうだろ」



sakaba13

「……それじゃぁ、手を繋いでも……いい?……」

「いいよ」



sakaba14


彼女はおっさんにしがみ付く腕に力を込めた。
もう二度と離れるのを拒むように。



sakaba15


sakaba16



「君が夜中、トイレに起きたとしても離さんからな」


ーおわりー


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――

火取蛾さんの酒場ポーズを使用させていただきました
素敵な物をありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――


Miaは酔うと睡魔に襲われると同時に、少し甘えん坊になるようです。

2人はシロディールでデイゴンを討伐した後、暫く離れ離れになってしまいます。
その間Miaはひとり寂しく生死不明の彼の帰りを待つことになります。
彼に助けられたと頭ではわかっていても、それが原因で勝手にいなくなってしまった事を今でも根に持っています。
余程辛かったんでしょうね…


ってことで、皆さんよきクリスマスをお過ごし下さいませ!
(とってつけたような台詞で無理矢理クリスマス感を出してみました)


Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。