ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

酒場にて

注意・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
このお話はいつも通りおじさんと若い娘のイチャラブ話です。
苦手な方はご注意を!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥




~Skyrim、マルカルスの酒場「シルバーブラッド」にて~

sakaba01


sakaba02

「ミア、風邪を引くぞ。もう部屋へ戻って休みなさい」


sakaba03

「……おっさんはまだ飲むんでしょ?なら、私も居る……」うとうと……


sakaba04

「もう、あなたに置いて行かれたくないの……」

「……まだ蒸し返すのか?」

「根に持ってるんだもの」


sakaba05

「いくら口で言っても、君は聞いてくれんからな」
「……生涯を掛けて擺脱(はいだつ)させるしかなさそうだ……」


sakaba06

「‎別にいいのよ、私の事なんてほっといても」

「そうもいかんだろ」
「まぁ……、そう拗ねるな」



sakaba07

「……ひとりにしないでね……」



sakaba08

「わかってる」




「……さて、ここらで切り上げるとするか。泣き出されたらかなわん」





sakaba09


「……待って、おっさん……」


sakaba10

「……なんかフラフラする……」

「珍しく飲みすぎたようだな」
「ほら、おいで」

sakaba11

おっさんは足元のおぼつかない彼女を軽々と抱き上げた。
そのまま今晩泊まる部屋へ、ゆっくりと歩き始める。



sakaba12

「……アズ……、一緒に寝てくれる……?」

「いつもそうだろ」



sakaba13

「……それじゃぁ、手を繋いでも……いい?……」

「いいよ」



sakaba14


彼女はおっさんにしがみ付く腕に力を込めた。
もう二度と離れるのを拒むように。



sakaba15


sakaba16



「君が夜中、トイレに起きたとしても離さんからな」


ーおわりー


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――

火取蛾さんの酒場ポーズを使用させていただきました
素敵な物をありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐------------――――――――


Miaは酔うと睡魔に襲われると同時に、少し甘えん坊になるようです。

2人はシロディールでデイゴンを討伐した後、暫く離れ離れになってしまいます。
その間Miaはひとり寂しく生死不明の彼の帰りを待つことになります。
彼に助けられたと頭ではわかっていても、それが原因で勝手にいなくなってしまった事を今でも根に持っています。
余程辛かったんでしょうね…


ってことで、皆さんよきクリスマスをお過ごし下さいませ!
(とってつけたような台詞で無理矢理クリスマス感を出してみました)


他愛の無い小話など

Twitterにあげた突発的な小話を2つ程。
(自分であげた画像などもその内流れて行って見れなくなってしまう事に気付いたので、サルベージしておこうと思いました><)


その1「ねこの日」

nekoMia01


nekoMia02


nekoMia03

おっさん、精一杯の対応。


nekoMia04

おっさんの髭を舐め、「苦いね」とMia。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

その2「おかえりなさい」

okaeri01


okaeri02


okaeri03


屁ぷしさんの「MeRuRu」より。
初めて見た時はびっくりしましたw
この格好に靴下っていうのが個人的に凄く好きです(*´Д`*)





みーちゃん

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━

ここから下はおじさんと若い娘がイチャイチャしちゃっているので、苦手な方はご注意下さい!
そんなの全然大丈夫よ~ん、と思う方だけ続きをご覧下さいませ

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━



<その1>
~帝都でデート中の出来事~

mi01


『マオりん、今日も可愛いよ』

『やだー、カル君、いっつもそんなことばっかり///』


mi03

Mia達はとってもイチャイチャしているカップルの傍を通り抜けた。
周りの事などお構い無しに完全に二人の世界に入っているようだった。



mi04

「ねぇ、見た?今の2人、めっちゃラブラブね~」

「仲睦まじいな」

「”マオりん”だってさ」
「他人が聞いたらちょっと引いちゃうわよねw」

「放っておいてやれ。本人達はそれで幸せなんだ」

「そうだけどさ~……」


mi05

彼女は振り返り、羨ましそうにカップルの後姿を目で追った。


mi06

(……いいなぁ……、私もそんな風に…………)


彼はあまりベタベタしてくるタイプではない。
彼女はそこに距離感を感じており、少し寂しく思っていた。


mi07

( ……。 )


∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

繁華街を抜け、植物園へと足を伸ばした。

mi08


mi09

「――ねぇ、アズ、さっき食べたお魚料理とても美味しかったわ。また行きましょうね」


mi10

「そうだな。また一緒に行くとしよう、……みーちゃん」


mi11

「……え?
「今、なんて……? 」


mi12

「あー……、Miaだから”みーちゃん”。気に入らんか? 」

!!

途端に目を白黒させながら顔を真っ赤にするMia。
頭の中に”みーちゃん”という単語が木霊する。

(……み、みーちゃん、みーちゃん……、私のことみーちゃんって……///)

mi13

あまりの嬉しさと恥ずかしさでその場から一歩も動けなくなってしまった。
顔を両手で覆い隠し、耳まで真っ赤になっている。


mi14

「……アズ……私、嬉しい…………///

「大袈裟だな」苦笑




「ねぇ、お願い、もう一度、もう一度言って?」


mi15


「……また、そういう機会があったらな」


と、照れ臭そうなおっさん。


mi16

「えぇ~!?なんでよ~~、お願いよ~~><」


mi17


彼ははぐらかすように笑うだけだった。

おわり。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

<その2>
~戦士ギルド、コロール支部にて~

モドリンが大まかな説明を加えながら仕事内容を各自に通達している。

mi18

「いいか、MiaはAzazelと数人のギルド員を連れて洞窟掃討だ。
一週間以内に完了出来なければブラック・ウッド(黒森団)に仕事を廻すという期限付きだそうだから、
そのつもりで頼むぞ」


mi19

「任せて頂戴、そんなの余裕よ。黒森の連中の悔しがる顔が見たいわ」

「詳しい状況などはわかっているのか?」

おっさんはモドリンが持っている書類を覗き込んだ。

mi20


2人が色々と話し合っているので、Miaは連れて行くメンバーの選出をするためウロウロと歩き回っては声を掛け始めた。


mi22


mi21

「人間が住んでいるという話は聞かねーから、以前みたいに死霊術士達に手を焼かされる心配もねーだろ」


mi23

「用心に越したことはない。ある程度魔法にも適応能力のある輩を連れて行くとしよう」



mi24

「おい、みーちゃん、聞いてたか?」


mi24


mi25

(しまった……!!!)滝汗

顔を真っ赤にしながら焦るおっさん。


mi26


「――ち、違う、今のは猫の話だ。さっきまでここに猫がいたんだっ……」



にやにやと笑っているモドリン。


「おっ、おいっ、Mia!どこ行った!?猫がいないぞ……!?」


mi27


彼は誤魔化すように声を上擦らせながら、いなくなってしまったMiaの姿を探しに逃げるように去っていった。



(ヘタクソか)


モドリンは呆れた様に息をつくと、独り声を出さずに笑った。


おわり。


___________________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
”そういえば恋人同士って他人が聞いたら恥ずかしいあだ名で呼び合ってるな~”という事に気付き、
こんなお話になりました。
おそらくおっさんは彼女のことを”みーちゃん”と呼ぶことは今後一切ないんじゃないかな?w
結構勇気がいったと思うんですよね~。

2番目のお話は学校の先生を「お母さん」と呼び間違える所から来ています。
つい無意識の内に言っちゃうことってありますよねw


夜、歩く9

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

9.


yoru89


夕刻には不穏な雲など一切なかった空からはいつの間にかしとしとと雨が降っていた。


yoru90


yoru91


胸の内にくすぶる怒りの種火を鎮めるかのように容赦なくAzazelの体を打ちつける雨粒。
徐々に体温は下がり始めてはいるが、それだけだ。

ふつふつと怒りが滾るのを理性で押さえ込もうとしてはいるのだが、伯爵の姿を思い浮かべるたびにそんな努力も虚しく吹き飛んでしまうのだった。


yoru92

おっさんは一心不乱に城を目指し歩き続けた。



-Skinglad城-

バンッ

勢いよく城の門が開かれた。
ホールには見張りのガードがいるだけで、誰もいない。
こんな時間に訪れる客もいないのだから当然だ。


yoru93

音を聞きつけた執事が何事かと姿を現した。

「これはAzazel様、お久し振りでございます。しかし、こんな時間に急に訪ねてこられても・・・」

「時間的には丁度いいだろ?Hassildor伯爵も朝食を済ませてくつろいでいる頃合だからな」
「奴はどこにいる。自室か?」

おっさんは勝手に二階への大階段を上がっていった。


yoru94

執事が引き止めようと後ろからついてくる。

「お待ち下さい!勝手に行かれては困ります!」

yoru95


おっさんは真っ直ぐ伯爵の部屋目指して歩き続けた。
執事の制止も聞かず、そのまま大きな扉を勢いよく開けた。

ギィイィィ

嫌な音を立て扉が開くと、中にはくつろぎながら紅茶をすすっている伯爵の姿があった。

yoru96


「Hassildor伯爵、その様子だと今日の朝食は満足のいくものが手に入ったようだな」

「やっと来たか。待っておったよ」


伯爵は執事に下がるように促した。



「8年か。長かったな」


yoru97

彼に血友病の治療薬作成を頼んでからおよそ8年が経過する。

他に人を探してもよかったのだが、あまり口外できる類の話でもない。
しかも、高度な知識と技術を要するので人選が限られていたというのもある。
どういった経緯でAzazelのことを知ったのかはわからないが、
確実な腕を持っており、身近な存在であったおっさんに的を絞られても仕方なかった。


yoru98

「もちろん、良い返事を携えてきてくれたのだろ?」

「薬を作ることにした」

おっさんの様子はいつもと少し違っていた。
普段通り眉間に皺を寄せて渋い面構えをしているが、声には荒々しさが混じっていた。
珍しく感情的だ。

yoru99

「だが、条件がある」
「我がギルドマスターの分を優先的にいただく。残った分のみ、あなたにお渡ししよう」

「かまわんよ」

伯爵は静かに頷いた。
そして、意味あり気に薄笑いを浮かべる。

yoru100


「ギルドマスター・・・か。今回彼女の身に起こった事をとても残念に思っている」
「だが、お前がいるから心配は無用だな、Azazel」

「心にも無いことを言うんじゃない」
「・・・彼女を弄ぶのはやめろ」

「人聞きの悪い事を言わないでくれ。ただの偶然じゃぁないか」
「だが、彼女が感染しなければ、お前が動くことはなかった・・・」

吟味するように、ゆっくりと言葉を噛み締めている。

「Miaには感謝せんといかんな。お前の口から礼を述べておいてくれ」

yoru101



「・・・・・」
「自分で言え」



yoru102

おっさんは来た時と同じように早足で部屋を出て行った。
伯爵は閉じられた扉を見つめながら、嬉しそうに目を細めて笑っていた。




つづく



-----------------------------------
-------------------------------------

Hassildor伯爵は吸血鬼でもあり、Skingradの現領主でもあり、強大な力を持つ魔術師でもあります(確かそうだよね?)。
Skyrimに出てきてもおかしくないようなキャラだと思うのですが、いませんでしたね、残念><
(シンデリオンとかは出てきたのに)

おそらく彼はおっさんの正体にもうすうす感づいてるんじゃないかな?
なので彼に治療薬作成を頼んだという事になっています。

自キャラのどうでもいい設定など

Twitterの方で
”ふぁぼされた数だけうちの子のどうでもいい設定話すし聞きたい設定があるならリプで質問可”
というタグに書き殴った物へSSを新しく付け加えて自分用にここにまとめておこうかと思います。

(その場で適当に考えたものが多いので、たぶんすぐ忘れちゃうと思うのorz)


ちなみにMia&Azazel(おっさん)は当ブログOblivion小説(?)の主人公、ルーファスはSkyrimでスタンドアロンフォロワーとして配布しているキャラです。


----------------------------------


1:おっさんはかなりの甘党で洋菓子和菓子全部好き
チョコレートをつまみにお酒飲んじゃいます
Miaはチョコを食うと鼻血が出るので苦手
甘いものもそんなに得意ではありません、むしろ辛いものが好きです

valen17



2:ルーファスはかなりの酒好き
散々飲んで騒いで道端で寝ちゃうことも多々あります
酒の席で綺麗な女性と知り合いしっぽり、な~んてこともありますが、身包み剥がされてショボンな~んてこともあります

doudemo01



3:Miaはお風呂が大好きで毎日入るんだけど、髪の毛は2日に1回、体を洗うのは週に1度ほど。
見かねたおっさんが「何故洗わない」と言っては全身くまなく洗ってあげます

doudemo02




4:離婚する前、元女房が家族3人のためにお揃いのビーズの指輪を作り、ルーファスはそれを今も大事にしています



5:おっさんには胸毛はありませんが、ヘソ毛があります ギャランドゥ。
あと、将来前方から禿げるかもしれません 、いえ確実に後退します(M字ハゲ)
Miaは首から一本だけ白髪が生えてます

doudemo13



6:ルーファスは子供が産まれる前に一度だけ浮気をした事があります
酒に酔った勢いとはいえ猛省し、その後奥さん一筋でした(ちなみに彼は結構モテました)
しかも無茶苦茶子煩悩でよく面倒を見ていました
娘もパパっ子だったようです

doudemo15
↑火傷&傷がまだない若い頃のルーファス。なんかチャラい




7:おっさんの絵のレベルはモドリン画伯と同レベル
正直本人も下手過ぎて泣きそうです

Miaは自己流ですがとても絵がうまいです
日課でつけてる日記には結構おっさんの似顔絵なんかも描きこんでます
本人が見たら感心するレベルです

馬鹿画伯27
↑おっさんが描いたMia





8:ルーファスの掌は非常に硬いです
肉刺が潰れ、火傷で皮膚がめくれ、鍛冶仕事でハンマーをずっと打ち込んでいたり、剣修行のためにずる剥けたりを繰り返したせいです
なので、熱い火の中に手を突っ込んでも割りと平気な顔をしています
焼き栗とか素手で拾っちゃいます


9:えーっとね、おっさんは元々人間じゃありません
どちらかというとデイドラに近い存在でしたがハイエルフの女性(亡き妻)と恋に落ち、下界に降りて来たせいでその力を失い、人々に分け与えていた豊富な知識をすべて忘れてしまいました
猫みたいな瞳をしてるのはその名残


10:Miaは無痛症のため痛みを感じません
(実際の病気とは少し違い彼女の場合痛みだけを感じません。熱さ・寒さも人並みに感じますし、涙や汗も流します。ただちょっと人より鈍いです)
気付いたら大怪我してるなんてこともあるので、おっさんはとても注意しています

doudemo16




11:Miaは親知らずを四本抜いてます
おっさんは親知らずはありません
ルーファスは生えてますが邪魔にはなってないようです


12:ルーファスは「柴犬に似ているね」、と言われる事がある
ちなみに”ゴリラっぽいね”は日常茶飯事

doudemo09





13:本人も知らないですがおっさんにはすでに孫が存在します
確か6~7歳くらいだったかな?
駆け落ちして行方不明中の娘に良く似た金髪の美しい女の子です
実はMiaはもうお婆さんなんですよ



14:指名手配中のルーファスですが、最終的には故郷に戻りレヤウィンにある家族の墓へ「敵はとったぞ」と報告をしに行く予定です
そこで捕まり処刑されたとしても、彼はそれでいいと考えています
ちなみに銃の製造方法などはその後弟子になるアリーに引き継ぎます

doudemo10
↑彼女がアリー(アリア)です。元々はエオルンドの弟子でしたがルーファスを師事するようになります



15:立ったり並んで歩く時は、なるべくおっさんはMiaの右側にいるようにしています
利き手側をあけておくことで、何かあった時に彼女を守れるようにです
紳士なんです。
でも、彼女の方が強いので役に立ってるのかどうかは謎

doudemo11



16:ただの鍛冶屋だったルーファスを戦えるまで色々と訓練してくれたのが500Gで雇えるモロウィンド最強の戦士セロさんです
暫く一緒に行動していたため、苦手だったダンマー料理も平気で食べれるようになりました

doudemo03



17:「あなたは私の事を好きだろうけど、私はそれ以上にあなたの事が好きなのよ」
「何を言っている、私が君を思う気持ちの方が上に決まってるだろ」
「いいえ、私の方が上よ!」
「いいや、私だ」
という犬も喰わない喧嘩をよくしています

doudemo04



18:”ルーファス・シド・マクベイン”という名前は偽名です
今となっては本名はエオルンドしか知りません
指名手配書には本名と、火傷を負う前の綺麗な頃の彼の似顔絵が描かれているので、Skyrimでは気付かれません

doudemo05



19:おっさんとルーファスはとても涙脆いです
両人共家族を失っているせいか、特に子供・娘の話に弱いです
おっさんは年寄りなせいか輪を掛けて脆くよく誤魔化していますが、ヘタクソ過ぎてバレバレです

doudemo06



20:ルーファスはバナード・メアにいるサーディアと一時期男女の間柄でした
アリクル戦士達から救ったのがキッカケでしたが、素性を他人に話せないという共通点から意気投合
しかし、彼女に命を狙われるハメに

doudemo07




21:Miaとおっさんですが、最終的には結婚して子供達に恵まれ、孫達に囲まれながら末永く幸せに暮らします
ちなみにSkyrim版の2人はガクブル島に遊びに行ったら200年経っちゃってたというif世界の話です

(このブログRP話から5年後にSIに行くという設定です。なのでリムでの2人の年齢はMia:28歳、おっさん:56歳となっています)

doudemo12

doudemo14


22:Miaとおっさん、本気で戦ったらどちらが強い?
格闘&剣術→Miaの圧勝
実戦(魔法あり)→かなり均衡した戦闘になりますが、3回戦ったら2回はMiaの勝利

ちなみにルーファスはこの2人より格段に弱いです

doudemo17

doudemo18





23:元々愛煙家だったルーファスは子供が産まれてからはぱったりと煙草を止めました
しかし家族を失った今は精神を安定させるために必要不可欠
かろうじて薬には手を出しませんでしたが、酒と煙草がないと生きて行けません

doudemo19


--------------------------------
--------------------------------

おそらく表に出す機会がないだろうという事でRP話上でのネタバレなんかも含まれます。
でも、ほとんどはどうでもいい話です、ギャランドゥとか、本当どうでもいいよね^^;
それにしてもオブリとリムのSSが混ざっていてもあまり違和感ありませんねw

長々と書いてしまいましたがお付き合いくださった方々ありがとうございました!




Newest