ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

悪友

塔の中の魔方陣の上に三人は立っていた。
部屋へ移動してみたが誰もいない。

cak132





「今日はまた大勢で来たな。俺のサプライズバースデーパーティでも開いてくれるのか?」


どこからか男性の声がする。


cak133


見上げると、髭面の男が階段の上からこちらを見ていた。


cak134


杖をついているということは、足が不自由なのだろうか。


cak135



「今日は頼みごとがあって来たんだ」

おっさんは少し緊張した面持ちで口を開いた。

cak136


「お前が頼み事?珍しいこともあるもんだ」
「なんだ、言ってみろ。あ、わかったぞ、待て言うな」

髭面の男性は杖をつきつつ階段を降りながら、思い付いたことを適当に口に出し始めた。

「白髪染めがほしいのか?」

「違う」

cak137


「じゃあ、美味しい肉料理のレシピを教えて欲しいとか」

「違う」

cak138



「あれか、俺の大事なギターを横取りに来たんだろ?言っとくが、あれは渡さんぞ」

cak139

「自分のがあるし、あんなボロギター、コチラから願い下げだ」


ことごとく的外れな答えを出す髭面の男。
その辺をうろうろと歩きながら、必死に考えているようだ。


ふいにピタっと足を止める。

cak140

Miaの存在に気付き、不思議そうに見つめてきた。
若い女性がここにいるということが、彼にしてみたらおよそ異質なことだったのだろう。


cak141


思わず目が合ってしまったので、愛想笑いを浮かべるMia。


cak142




何事もなかったかのように、そっぽを向かれてしまった。


cak143

「ああ、なるほど、そうか。女の悦ばせ方を教えて欲しいんだろ?いいぞ、いくらでも教えてやる」
「遠慮なく聞けよ」


cak144

「何を言ってるんだ。むしろ、私の方からお前に享受すべきなのではないか?」

「ふむ、そうだったな。それはお前の得意分野だった」


「頼み事というのは、彼のことだ」

おっさんはChevを示した。
Chevは少しかしこまって軽く頭を下げた。
意外に礼儀正しい男のようだ。

cak145


「なんだ?俺はそっちの気はないぞ」
「そっちのお嬢さんの方がタイプだ」

「それは好きにしてくれてかまわん」

cak146

飛び交うセクハラ発言。
しかし、すべてがスルーされた。


「彼は”ゴンドール・カクテル”という毒物に犯されている。現在、解毒薬は存在していない」

おっさんは毒薬のことをかいつまんで説明した。

「解毒薬を完成させるにはお前の力が必要なんだ、House」


cak147


House(ハウス)と呼ばれた髭面の男性は、興味深そうにChevを観察していた。
腕を持ち上げて脈をとったり、目を勝手に広げて瞳孔の具合などを見ている。


cak148



「・・・なるほど、お前が作った毒薬か。これは面白そうだな」

Houseはニヤリと笑った。

cak149


「力を貸してくれるか?」

「いいだろう」
「タイムリミットがあるなんて、スリリングで楽しさ倍増じゃないか」

瞳が爛々と輝き始めた。

cak150


「まさに、俺好みだ」





やっぱり無精髭がスキ

最近某スレで無精髭の渋いオヤジssを何度か目にしました。
すんげー渋くて格好良いな~。
私もこんなおっさん作ってみたい。

どうやら「Races and realistic faces」というテクスチャが沢山詰まったmodを使っているらしい。

*注意!*
現在は配布されてないようです。残念過ぎますorz 激しく復活希望です!(2011.3.20追記)


加齢テクスチャを使って個性的な顔を作れるようになるという、意外にお手軽なもの。
これなら私でも出来るかもしれないな~。


と、いうことで、IFTの加齢テクスチャと交換して使用してみました。
腐るほどあるので使えそうなものだけとりあえず試してみる。
(写真に書いてある番号はファイル番号です)

rarf38
↑これだよ、この無精髭が欲しかったんだよ!このタイプが一番好みです




rarf40
↑目元に傷のあるワイルドタイプ。これはこれで格好良い




rarf58
↑昔荒武者だったような、むさ苦しい感じ。かなり年寄りに見える。右目に傷アリ




rarf32
↑顔中傷だらけ。縫い目が痛々しいが、数々の戦場を渡り歩いてきた兵くさい




rarf21
↑Dia2のバーバリアンの刺青っぽい





rarf35
↑首筋まで髭ビッシリ。ダンディで渋いです



------------------------------------------------------

基本的にシワシワなのでお年寄り向けが多いのかな?
本当に数が多いので、全部は試せてませんが、この辺りがマトモなような気がします。
怖いのも多いので^^;
ちなみに、リネームして使ってるのでNPC達の顔も変化していました。

ヒゲガードとおっさん
↑見辛いけど、インペリアルシティのガードに髭が生えてます。

相変わらずコンパニオンのおっさんには髭が似合わないな・・・orz
彼だけ特殊な顔してるので、無精髭の密集度が他の人より少なく見えるみたい。
やっぱりただの浮浪者にしか見え・・・。


立体感のある無精髭なのでちょっとリアルに見えます。
加齢テクスチャは10代~60代まであるので、6パターン使えるってことですかね?
年齢設定がもっと細かくなるのかな?
キャラ作りのバリエーションがかなり増えます(基本年寄りですが)。
入れ替えるだけで簡単に試せるので、いいもの見つけたな~って思いました。


なんにしても、理想の無精髭が見つかって良かったです(´- `)
あ~、本当に嬉しいな~v


ニヒルな髭親父



こんなにおっさんや無精髭を追い求める人もあまりいないだろうに・・・。








リカラーしてみる

クエストが一段落したので、アイテムのリカラーに挑戦してみることにしました。
WIKIにある「開発資料/Itemの色を変えてみよう」を参考になんとか頑張ってみた(色々他のサイト様も見たけど)。

リカラーするアイテムはWikiと同じくIronShield。
とりあえず、黒くしてみた。

リカラーアイアンシールド01

鉄の部分は錆付いた雰囲気を出してみたんだけど、よくわかりませんね(汗)


リカラーアイアンシールド02

元の物と比べてみると、ああ、ちゃんと変わったんだなーって思いました。
ちょっと嬉しかったです^^
でも、よく考えたらIronShieldなんて使わないんだよね・・・。
まあ、練習ってことで(笑)


なんとか自分でも出来ることがわかったので、今度はちゃんと使用する物をリカラーしてみた。
よく伯爵クラスが着ている服を黒くしてみる。

リカラー伯爵服
↑裸足ですが気にしません


元の色味がかなり完成されてるのでリカラーしなくても良さそうな服ですが、これはこれでシンプルでいいかな?
ちなみにこの服はCSで地面に設置したら取れなかったので、オリジナルの箱の中にぶちこんで取りました。
「なんで取れないんだろう??」って散々悩みましたよorz
まあ、初めてなので仕方ないのですが。


もう一つ調子に乗ってSIに住んでる人が着てる服もやってみた。

<元>
リカラーSI服01
↑綺麗な色合いで中々オシャレです



<リカラー後>
リカラーSI服02
↑急に威厳が出た


正確にはリカラーのリカラーです。
SIの服は装飾が細かいのでちょっと難しいですね・・・。
Sherogorathの服のリカラーとかやってみたいけど、細かすぎてテクスチャ見た瞬間あきらめましたorz


っていうか、他の方が作ってるリカラー物を探した方が早いのかも><


でも、キチガイ的な色合いの物が多いのが悩み所です。
やっぱり自分で頑張るしかないのかな~(´・ω・`)



錬金術師の住む塔

やっと塔に辿り着いた。

cak121


いかにも怪しい建物だ。


cak122


塔自体には扉のようなものは一切ついておらず、地面に魔方陣があるのみ。


cak123

Mia達がどうやって入るのだろうと考えていると、
おっさんが壁に備え付けられている四角い物体に近づき、それに向かって話し始めた。

cak124

「私だ。中に入れてくれないか」

シーン。
何の応答もない。

おっさんはもう一度話かけた。

「聞こえてるんだろ?私だ、Azazelだ。様子を伺うのはやめて入れてくれないか?」

cak125

シーン。
やはり何の応答もない。



cak126


「・・・いないんじゃないの?」

痺れを切らしたMiaがおっさんに尋ねた。

「いつもこうなんだ。もう少し待とう」




暫くすると、四角い物体から男性の声が聞こえてきた。


cak127



唖然とするMiaとchev。

「・・・今、居留守中だって、自分で言ってたよね・・・?」

cak128

思わず顔を見合わせる二人。



cak129

「お前に用がなくても、こちらにはあるんだ。」
「せっかく来てやったんだ、顔くらい拝ませてくれ」

『お前が本当に俺の友人であるAzazel本人なのか証明してくれないか?納得したら入れてやろう』

おっさんはため息をついた。

「・・・ゴマ油1000g、トウキ100g、シコン100g、ミツロウ380g、豚油25gが一番効果があったぞ」

二人にはなんのことだがサッパリわからない。
何かの調合レシピなのだろうか。

『おお、そうか。ミツロウの量はそれくらいが丁度いいのか。いいことを聞いたぞ』
『よし、入れ』

声がプツッと途切れた。

「さあ、入るぞ」

おっさんは魔方陣の上に立つと、二人にも同じように立つよう誘導した。

cak130



「さっきのは何の成分のことなの?」

「うん?」

おっさんは無表情だったが、声には笑いが含まれていた。

cak131

「痔によく効く軟膏さ」



魔方陣の転送装置が作動し、三人の姿が消えた。




SIクエスト終了

SIのメインクエストが終了致しました。

今回は間をあまり空けずに、みっちりジックリと進めてみました。
とっても面白かったです。
なかなか強烈な部分も多々ありましたが(笑)
マーティンとは違った意味で、Sheogorathおじーちゃん最高です。
ずっとおじーちゃんでいてほしかったなー・・・。
終わった後も色々特典があるみたいですが、ちょっと一段落ですね。

SIのサブクエストも終わらせてしまったので、後は盗賊&ダークブラザーフッドのクエストとか、神像クエストとかその辺くらいしか残っておりません。


以前からすべてのメインクエストが終わったら大型Modを入れて遊んでみようと考えておりました。
その願いが叶う日もそう遠くなさそうです。
CSの使い方も覚えたいし、やりたいことは沢山あります。

なんか、終わった後の方が色々とやる事があって大変そうです(笑)
いつかは装備品を自作してみたいな~。


-----------------------------------------------------


おっさんにSheogorathの服を着せてみたら思いのほか似合ったので笑ってしまいました。
やはりお年寄り向けなんですかね?(笑)

SIメインクエスト終了
↑この服でこのポーズを取りたいがために、杖のテクスチャを変えるModを導入しました。
Sheogorathのポーズは格好良いっすね


あと、落ちてるアイテムを探知する魔法Modを導入しました。
これでもうコンパニオンが武器失くしても安心なんだから!(`Д´)

Newest