ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬくもり

~死者への祈り~8:「ぬくもり」最終話



Azazelが帰宅したのは深夜を少し過ぎた頃だった。

思いの外、遅くなってしまった。
・・・一悶着あったがうまく収めることが出来たので、よしとしよう。
彼はそう自分に言い聞かせながら、扉のノブを捻り我が家へと足を踏み入れた。
上の階からバタバタと足音がし、陽気な声が響く。

「お帰りー。遅かったねー」

Miaが玄関の音を聞きつけて駆け下りてきた。
彼は家に帰ってきたことに酷く安堵していた。
酒場でのやり取りは、さすがのAzazelでも精神的に辛かったのだ。

sisya69

姿を現したのはMiaだけだった。
いつもならEyjaが必ず出てくるのに、今日は違う。

「Eyjaはどうした。もう寝たのか?」

「忘れたの?今日はEyjaさんは友達の家に泊まってくるのよ?朝、言ってたじゃない。」

「ああ、そうだったな」


どうやらEyjaには親交を深めている最中の異性がいるようだった。
最近、極たまにだが、家を空けることもある。

彼は着替えをしようと3階の自分の部屋へ向かった。
Miaが質問をしながら後ろをついてくる。

「ねえ、夕飯食べた?」

「まだだ。」

「お腹空いた?」

「それほどでもない。」
「ただ、喉が渇いたな」


マリア・エレーナと喋り続けていたので、喉はいがらっぽく、無性に水分を欲していた。
疲れているのでがっつり食べることはできないが、体が温まるもの、もしくは甘いものを口にしたい。
彼女とのやり取りで、体力をかなり消耗してしまったようだ。


「わかった。用意しておくから、着替えたらおいで」


Miaは階下へ戻っていった。
彼はそのまま自分の部屋に辿り着くと、マントと帽子をソファの上に無造作に放った。


sisya70

(・・・まったく・・・)

深くため息をつく。
他人から思われることがこんなに大変なことだとは、彼はマリア・エレーナに出会うまで知らずにいた。
悪い女ではないが、興じることへの執着心が半端ないので、扱うのがとても難しかった。
しかし、友人としての助言の的確さは類をみないので、そういった点では重宝している。
Miaにとってはかなり心強い友人となることだろう。
願わくば、彼女の特性を伝染されませんように・・・。




着替えを終え階段を降りていくと、いい匂いが漂ってきた。

sisya71

どうやらMiaがスープを温め直しているようだ。
お鍋を火に掛けながら、テーブルセッティングをしている。
この家に彼女がやってきた当初、家事の類は何をやらせても無能としかいいようがなかった。
しかし、今ではちゃんと食器や食べ物の準備をし、器に料理を綺麗に盛れるほどになった。
目覚しい変化だ。

彼が席につくと、温め直したばかりのスープをよそってくれた。
ミネストローネだった。
普段はあまり食卓に並ばない代物だ。

「珍しいな」

彼はスープ皿の中の赤い液体を覗いていた。

sisya72

トマトと野菜の香りがぷ~んと漂い、鼻腔を刺激する。
彼は手を合わせ軽く礼をすると、スプーンを手に取り食事を始めた。

「他に何か食べる?肉でも焼こうか?」

「いや、いい」

彼はミネストローネを一口飲むと、首を傾げた。
この味はどこかで一度経験している。
Eyjaのではない。
では、一体どこで?


「これはEyjaが作ったのか?」


sisya73

彼は疑問を投げ掛けた。
Miaはワインの瓶を眺め、どれにしようか選びながら質問に答えた。

「違うよ。私が作ったの」
「どう?美味しい??」

「美味いよ。」


意外だった。
彼女が料理を作れるとは知らなかった。
それにしても馴染み深い味だ。

「良かったー!」

彼女はとても喜んでいた。

「マリア・エレーナが教えてくれたのよ。彼女の料理はどれも美味しいものね」

「ああ、なるほど」


だからこの味に記憶があるのだ。
それにしても、ここまで見事に再現するとは、Miaの腕前も大したものだなと、おっさんは感心していた。

「ワイン飲む?前に彼女が珍しいワインを手に入れたって言ってたじゃない。1本貰ったのよ」

彼女はそれを抱きかかえながらおっさんの横にやってきた。
ラベルを見せる。
それは30年物の赤ワインだった。
確かその年は天候不順のため葡萄が不作で、出荷数も限られていた筈だ。
かなり貴重なワインだ。
マリア・エレーナはそんな貴重なワインを無償で譲ってくれたのだ。
まあ、無償かどうかは怪しい所だが、おそらくきっとそのつもりだろう。

「これは凄いな」

おっさんは素直に驚いていた。

「開けるのもったいないかな?」

「いや、せっかくだ、いただこう。」

Azazelは栓抜きでコルクを抜くと、ワイングラスに並々と注いだ。
隣の席に座っているMiaの前にグラスを置いてあげる。
テーブルの上においてあるだけなのに、ワインの良い香りが部屋中に広がる。

「わー」

Miaはドキドキしていた。
こんな上物を飲むのは生まれて初めてだ。
恐る恐るワイングラスを手にした。

「の、飲んでも大丈夫かな・・・?」

「味わって飲むといい」


彼は早速飲み始めていた。
色を眺め、芳醇な香りに気持ちがリラックスしていくのを感じながら喉の奥へと流し込んだ。

「うまいな」

満足そうにそう言うと、再びスープを食べ始めた。
アルコールとスープによって、体の芯から暖められていくのを感じる。
ようやく安らげる。

Miaはワインを味わいながら、何か考えているようだった。
グラスを持ち上げ、灯りに照らしてみる。

「・・・ふーん・・・」
「こういう味なんだ・・・」

実は、美味しいかどうかよくわからないのだ。
おっさんが美味しいと言っているのだから、たぶんそうなのだろう。
彼女にはワインの味は難しかったようだ。


「マリア・エレーナにお礼を言わないとね」

「そうだな」


彼は同意した。
そして、隣でチーズをつまみながらワインを飲んでいるMiaを見た。

「君の腕が上達しているのも、彼女のおかげのようだからな」

「そうね。いい先生を見つけられて良かったわ」

嬉しそうに笑っている。
Miaにとってマリア・エレーナは本当に良き先輩であり、友達のようだ。
おっさんは穏やかな表情を浮かべながら、少し照れ臭そうにこう続けた。

sisya74


「また、作ってくれるか?」


Miaの瞳が喜びで輝いた。


sisya75


「もちろんよ」





それからはEyjaの作る料理と共に、Miaが作ったものも一緒にテーブルに並ぶようになった。

sisya76



-終-


スポンサーサイト

悪役風オヤジ2

「ES74's Unique Race&NPCs 0.1b_2」の加齢テクスチャを使用して新キャラを作りました。
ちなみにフェイステクスチャはslofさん作の「Better Bodies Robert Male and Female」に入ってるものを使用。
パーツがくっきりはっきりします。

ss01


ムスカ風のインテリ貴族っぽくしてみました。
経済や政治には強そうですが、家庭は顧みない仕事人間みたいな感じ。


ss02

こういうタイプ、嫌いじゃないです。
映画などでは必ずといっていい程、奥さんに逃げられるタイプです(笑)


-----------------------------------

こちらはその内出てくる物語の重要キャラとして作成。

ss03

元々はもっと普通のおっさんでしたが、「ES74's Unique Race&NPCs 0.1b_2」がとてもよく出来ているので変更致しました。


髭の力は偉大です。


ss04




ss05

っていうかね、どんなキャラを作っても結局悪役風になってしまうのです。
自分の趣味がモロに出てしまうので、少し恥ずかしいですね・・・(汗)

あと、バニラ服を着た時の体型をAverage→Muscularにしてみました。
「Robert's Bodies」に入ってるやつ(「Robert Clothes & Armor BASE.7z」と「Robert Clothes & Armor SI BASE.7z」)を試しに使ってみたら意外とイケたので、暫くこのままにしておこうかと思います。


-------------------------------------

おっさんの顔テクスチャに少し手を加えました。

ss06

slofさん作の「Better Bodies Robert Male and Female」のパーツの部分を現在使用中のものに合成し、目鼻立ちをハッキリさせてみました。
唇の皺もよくわかり、眉毛もかなりキリっとしました。


濃い顔になりましたよ(笑)


ss07

ちなみにおっさんの装備品は無理矢理つぎはぎしたものです。
服の上に着てるような軽鎧と重鎧の中間くらいの鎧が欲しいです・・・。
すいません、無理を言いましたorz




自分用トラブルシューティング

SS撮影のために「Slow Motion_OBSE」を使用しています。
使っているとたまにおかしくなっちゃうので、それの対処方法をメモしておこうと思います。
その度にググるの疲れちゃった・・・orz

--------------------------------------

Q:タイトル画面などのメニュー文字が大き過ぎる、または小さすぎてクリックし辛い。
 (Fov数値をコンソールで変更した後、元に戻さないでゲームを終了するとなることが多い)

A:iniが書きかえられてるためそうなるらしい。
大抵はロードすると直るけど、ダメな時はiniにあるFov設定を「fDefaultFOV=90 (デフォルト 75.0000)」に書き直す。
注意 : INIファイルから変更すると、マウスのカーソル位置が画面の指示部分とずれます。
(http://www37.atwiki.jp/oblivion1/pages/84.html#id_876cde87 からコピペ)

gamen01
↑こんな風にHPバーなどが中央に寄ってる感じになっちゃう。凄く怖い

それでもダメな時はランチャーから、

Window Mode→Full Screen

と変えてから起動、そして元に戻すと直ることもある。


::::::::::::::::::::::


Q:タイトル画面のメニューやウインドウなどがゆっくりスローモーションに開く。
 凄く怖い。

A:iniを「fGlobalTimeMultiplier=1.0000 」にすれば治る。
 やっぱりiniが勝手に書きかえられちゃってるみたい。


::::::::::::::::::::::

Q:Windows7で画面外へ出たウィンドウを元に戻すには?

A:
1,タスクバーから画面外へ出てしまったアプリケーションをアクティブにする(サムネイルプレビューがある場合はどれかをクリックする)
2,Alt + Space (もしくは Shift を押しながらタスクバーアイコンを右クリック)でウィンドウのメニューを出す
3,移動 (M) で移動を選択する
4,カーソルキーのどれかを1回押す
5,マウスを動かす

これで元に戻ります。





 

Ryk Angelika for HGEC Ver.1.0

「Ryk Angelika for HGEC Ver.1.0」

*koko niha nanimo arimasen*でお馴染みのRykさん製作の、とても美しくて可愛いロングワンピースの軽装備&服のModです。
他にアクセサリー、靴、エプロンやコルセットっぽい皮鎧、ナタなどの武器もあります。
映画『ブラザーズ・グリム』(The Brothers Grimm)でアンジェリカ(レナ・ヘディ)が着ていた服が元になっているようで、かなり再現度は高いです。

RykAnge08
↑これがポスター。とても素敵な衣装でございます

ギリアム監督の映画はことごとく見ているので、物凄く嬉しいです!


導入するとインペリアルシティの灯台付近に小さな箱が設置されます。

RykAnge01
↑箱はとっても小さいです



ang01
↑FOV55くらいで撮影。今まで75以下にできることを知りませんでした・・・


実はまだBetaだった頃にこの記事を書いたのですが、正式版になってることに昨日気付き急いで書き直しました。
色々増えててびっくりです。


ang02
↑ワンピースは全4色あり、どれもこれも可愛いです!



ang03
↑色は黒と茶色があります。腰には小さい斧、もしくはナイフがぶら下がってました。



ang04
↑Beta時より色も種類も増えました。後のリボン結びがリアル過ぎて凄い。ポケットにクリップが!



ang05
↑エプロンの下から見える柄のチラリズムも素敵



ang06
↑職人さんが着ているような皮っぽいエプロン。ポケットに小物がないバージョンもあります



RykAnge06.1
↑アクセサリーも死ぬほど可愛い。首との境目を隠してくれるので重宝しますね~。
紐の色は黒&茶色の二種類でした。




ang07
↑靴は全三種類(ロングブーツ&ショートブーツ×2)で、黒&茶色の二色がありました。
凄く可愛いんだけど、ワンピース着ちゃうと見えなくなっちゃうのがもったいないですね^^;




ang08
↑武器として装備出来る小さい斧・ナイフ・ナタ。すべての物に黒&茶色があるのが親切です


-----------------------------------



もう、素敵過ぎて鼻血が出そうです。

男性にもこういう服の上から簡単な鎧を着れるような装備品があればいいのにな~。

RykAnge07


いつも素敵な物をありがとうございます。
また一つお気に入り装備が増えました^^


毒婦

~死者への祈り~ 7:「毒婦」



マリア・エレーナは店仕舞いの準備をしていた。
店主は椅子をずらしながら掃き掃除をし、彼女はいつものようにグラスを洗っていた。
外扉には”Close”の看板を下げておいたのに、何故か扉が開く音がした。


sisya64


「もう、店仕舞いですよ。宿を取りたいなら受け付けるけど」

店主は入ってきた男性客に向かってそう告げた。
男性客はマリア・エレーナの姿を視とめると、軽く会釈した。
Azazelだった。

「あ、マスター、後のことは私がやっておくから」

マスターは察しがいいのか、余計な詮索はせずに大人しく引き上げてくれた。
マリア・エレーナはグラスを拭く手を止めずに、彼を招いた。

「今日はひとりなのね」

Azazelは身近な席におもむろに腰を降ろした。

「そう仕向けたのは君だろ?」

「あら、どういうことかしら?」

彼女はシラを切った。
何食わぬ顔をしながら、黙々と後片付けを続けている。


sisya65


「Miaに君と私の関係を喋っただろ。だから私はここにいる。そうだろ?」

「なら、来なければよかったじゃない」

「こうしなければ、君が次に何をするかわからないからな」
「話したいんだろ?」

「何か飲む?」

「いらん。」


マリア・エレーナは箒を壁に立掛けると、改めて彼の顔を見た。
彼はいつもと同じように眉間に皺を寄せながら、苦悶の色を浮かべている。
相変わらず渋い顔をしているわね・・・と、そっと心の中で彼女は思った。
マリア・エレーナは涼しげな目付きで彼を見やると、嬉しそうに微笑んだ。

「来てくれて嬉しいわ。二人きりになれるなんて、いつ以来かしら」
「私はただ、あなたと以前の関係に戻れないかとお願いしたかっただけなの」

「無理だと言ったはずだ。終わった話を蒸し返す気か?」

「私の中では終わってない。」


彼女はカウンターテーブルの中から出てくると、Azazelの傍へ近づいた。
そして、彼の背後に回ると首に両腕を絡め、そっと耳元で囁いた。

「あなたとの甘美な日々が忘れられないの」

Azazelの耳に彼女の吐息が触れると、彼は嫌そうに身を捻った。

「ふふ・・・」
「嫌がったって、わかるのよ・・・」


彼女は意味あり気な微笑を浮かべながら、カウンターに寄りかかった。


「欲しくて堪らないんでしょ?私とだったら、後腐れなく関係を持てるわよ。今までそうだったように。」


挑発するように屈んで彼の表情を伺った。
なんの反応も見せないのをいいことに、さらに刺激的な行動に出始める。

Azazelの膝の上に跨り、勝手に被っている帽子を取るとポイっと適当に投げ置いた。

sisya66

不機嫌そうにこちらを見ている彼の顎を両手で軽く押さえ、唇にキスをしようと迫る。
それを遮るように彼が彼女の両頬を右手で挟みこみ動きを掌握すると、左手で腰元を掴んだあとグイっと自分に引き寄せた。
逆に今度は彼の方から、マリア・エレーナの顎、首筋ギリギリに顔を寄せる。
絡みつくような視線を感じ、彼女は身を震わせた。
彼の吐息が自分の体を愛撫しているかのように吹きかかり、興奮さえ覚える。

呼吸を荒くしながら、なすがままにされている状況に彼女は悦びを隠せなかった。

Azazelはマリア・エレーナの唇すれすれに自分の唇を寄せた。
彼女はようやく自分の願いが叶うと信じ、瞳を閉じる。
そして彼は、かすれた声で静かに囁く。


「駄目だ」


そう言うと、彼は何事もなかったように身を引き離した。
バランスを崩しよろめくマリア・エレーナ。
その顔には驚きが浮かんでいた。

「君の期待には応えられない。年寄りにあまり無理難題をふっかけないでくれ」


彼女はため息をつきながら、疲れたようにカウンターにもたれた。
今の思わせぶりな彼の態度にすっかり騙されてしまった自分が情けない。
駆け引きは自分の得意分野なのに、彼に主導権を握られてしまったような気がする。
こういう分野に置ける弱者は、得てして思い焦がれている側なのだから仕方ないのだが。

「あなたって、本当に我侭で自分勝手な人ね」

「とっくに知ってるものと思っていたが。」

「ええ、嫌っていうほどね」

捨て台詞のように言葉を吐きだした。


彼はいつもそうだった。
基本的には優しいのだが、自分の信念を曲げることのできない人間だった。
それは時に、相手を傷つけ、遠くへ追いやろうとする。
そうして彼は彼女から離れていったのだ。


「・・・君が私に固執する理由がわからない。君にはごまんと彼氏がいるだろう。彼等だけじゃ不十分なのか?」


マリア・エレーナには数え切れない程の男友達がいた。
自由気ままな間柄を常に望んでいるので、不特定多数の男性と関係をもつことに抵抗はない。
基本的にHが好きなのである。
尻軽女と言われても、彼女は否定しないだろう。
ただ、彼女とそこまでの仲になるには、かなり難しい試練を乗り切らなければならないようだが。

「彼等は関係ないわ。ただ、あなたが特別なだけ。」

「振られた経験がないわけではないだろう」

「そりゃそうよ。私を一体いくつだと思ってるの?」


彼女は見かけは若いが、エルフ族は長命なことで有名だ。
おそらく、この世に生を受けてから100年以上は経っていることだろう。

sisya67


「でも、もういいわ。大人しく引き下がってあげる」
「十分あなたを困らせたみたいだし」


目を細めて、ふふっと微かに笑った。
Azazelの中の不安は、どうやっても拭いきれるものではないなと、彼女の態度を見て感じた。
きっとまた、隙あらば言い寄ってくるつもりだ。
彼女の気持ちが成就するかどうかは関係ない。
彼女はこの一連のやり取りをかなり楽しんでいる。
毒婦の片鱗を見せ付けられたような気がして、Azazelは気が滅入った。

「今度仕掛けるときは、関係ない者を巻き込むんじゃないぞ」
「特にMiaは」

マリア・エレーナの表情が曇った。
申し訳なさそうに俯く。

「・・・利用するつもりはなかったのよ・・・」

マリア・エレーナは自分の罪を恥じているようだった。
Miaに彼との関係を漏らせば、彼女はマリア・エレーナのことを思い、なにかしらのアクションを起こすはずだと彼女は予見していた。
案の定、彼女の思い描いたとおりになった。
計画はAzazelには筒抜けだったようだが、実際彼は出向いてくれたのだから。


「Miaには何も言わないでくれる?」

「当たり前だ。君は、唯一マトモな女友達なんだからな。彼女は君の事をとても大切に思っているんだぞ」

「・・・わかってるわ・・・」
「私も彼女を大切に思ってるわ。素直で、とても可愛い、素敵な子。」

「これからも仲良くしてやってくれ」


彼は立ち上がった。
そろそろ話を終わらせて帰宅する頃合だ。
時間はもう深夜に差し迫っていた。

「ねえ、また来てくれる?」

「同郷の仲間として付き合っていく気があるのなら、また来よう」
「私をたぶらかすのは、なしだ。」

「私の楽しみを奪うつもり?仕様の無い人・・・」


あきれたように息をつくと、両手を腰にあて首を傾げた。


「待ってるわ」


彼女は穏やかに彼に微笑みかけた。

sisya68

Azazelは安心したように頷くと、扉に足を向けた。
歩き去っていく彼の背中に彼女の声が届く。


「Miaに宜しくね」



彼は振り返らずに右手を軽く上げると、酒場を後にした。



-つづく-

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。