ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

Milla Outfit

「Milla Outfit」(Mirrorsにリンクが貼ってあるので、そちらからゲットできるようです)

映画「バイオ・ハザードIII」(原題: Resident Evil: Extinction)でミラ・ジョヴォヴィッチが着ていた服です。
ここまでは私も見たのですが、途中離脱しました。
まだまだ全然終わる気配ないですよね(笑)


導入するとFort Alessiaの奥に積み重なって置いてあります。

Milla01
↑白いシーツみたいなのがそうです。

敵が増えているので(しかも強い)気をつけて取りに行きましょう。
かなり手強かったです・・・。


Milla02

装備はパーツごとに別れており、ニット生地の質感が柔らかそうな服です。

Milla03


Milla04

実はこのキャラの最初のイメージの中にはミラジョヴォも含まれてたりします。
戦う女性といえば彼女かな~みたいな。

Milla05


結構好きな装備なのですが、ちょっぴり問題がございまして・・・



Milla06


なんか白くない?


うちの環境だと昼間は平気だけど、夜に光を当てて撮影しようとすると、白飛びしちゃうのです。
おぉ~ぅ・・・、なんということでしょうorz





植物のテクスチャを変えてみる

「Lush and Gaudy Floriana Gloria」のSSを見てからずっと入れてみたかったので、思いきって導入してみました。

無茶苦茶奇麗で、生命力満ちあふれる世界に感動。
もりもりに木やら植物が盛られ、どこもかしこも目を見張るほどに美しい。

気が付いたらBlackWoodが軽井沢 おとぎ話に出て来る森みたいになってました。

L&G01

以前はもっと薄暗くて不気味な感じだったんですけどね~。

L&G02
↑家Mod「Mushroom Manor」にあるお墓



L&G06
↑インペリアルシティの花も青系になって美しさ倍増



L&G05
↑「BlackMarsh Hall and BlackMarsh Hall COBL」の庭。薔薇に絡まる彫像がイイっ



High resで導入したせいか、カクカクになってしまったので、あきらめてはずしちゃいました。
でも、どうしても薔薇と綿花だけは入れておきたいのですよ!
木のもっさり感も捨て難いな~・・・。

あまりにも名残惜しいので、今まで使っていた「Improved Trees and Flora」に混ぜてみることにしました。
まだまだ調整中ですが、とりあえずいけそうです。

L&G07

何気ない景色もこんなに素敵に。
あー、やっぱいいわー、綺麗だわー。


L&G08

綿花最高。
春の草原みたいでいい雰囲気ですね~。

L&G09




テクスチャだけ混ぜてみたのですが、どうしても木も大きくしたいと思ったのでそちらの方も色々と試してみました。
「Enhanced Vegetation」「RPG-BlackDragons Trees」を入れてみたけど、後者の方がいいかな?と思ったのですが・・・

L&G04


なんか、枝が凄いことに(汗)


おまけに薔薇の枝が目に付き刺さる程攻撃的になってしまいました。
これはイカンと思い、結局「Lush and Gaudy Floriana Gloria」と「Enhanced Vegetation」と「RPG-BlackDragons Trees」を適当に混ぜ混ぜして、抜き抜きしてみました。
今の所、まあ、いいんじゃない?程度までこぎつけれたので、暫くこのまま使ってみようと思っています。


L&G03
↑BlackWoodも怪しい森に戻りました



今まで植物関連&遠景の事はあまり気にしてなかったので、草ボーボーの世界がこんなに素晴らしいとは思いもしませんでした。
そして、こんなに重くなるものだとも・・・orz

カクカクがひどくなっちゃうし、CTDしちゃうし、でも、この美しい自然溢れる世界は捨て難いし・・・ということで、無圧縮BSAを急遽作成することにしました。
カクカクはまだちょっとするけど、頻繁に落ちることはなくなりましたよ。
なんにしても、暫く様子見でございます。


L&G10


薔薇いいわ~(うっとり)


L&G11


ベルばらのOPみたいに全裸で薔薇に絡まってみようかと思いましたが、やめました(笑)


L&G12


SS撮るのがますます楽しみになりました^^





NNOverlordMinionArmor

NN_OverlordMinionArmor(Миньонские доспехи Владыки)

ロシアサイトで見つけた男性用の全身一体型軽鎧です。
導入すると自動でインベントリに入ります。

overlord01

胸元や腕、足などに怖い顔みたいな装飾が施されており、ちょっと無骨な感じのする鎧です。

overlord02

意外と腰周りやスカーフの止め具などが細かくて素敵なんですよね~。

overlord03
↑首周りがすっきりしてるので、アパッチさんのネックレスをつけてみました


スカーフのおかげなのか、ゴツゴツした鎧なのに割とスッキリ目に見えます。
なかなか格好良い装備でございます。

overlord04


--------------------------

ちなみに今回、うちの親父連中には似合う人がいなかったので、若いモデルさんをひとり作成して撮影に挑みました。
これで今まで紹介できずにいたスタイリッシュ&若者向けな装備を紹介していけるかもしれません。



世にも美しき世界

「Auriels Retreat」v1.0を導入してみました。

あまりの美しさに、口をポカーンとあけたまま見惚れてしまい、SSを撮ることをすっかり忘れてしまいましたorz

なんかいっつも衝撃喰らって度肝を抜かれちゃうと、撮影し忘れちゃうのよね~・・・。
とりあえず記念にあとから思い出したように撮影したSSでも貼っておこうかと思います。
この先も何度も足繁く通って、景色に惚けたままのんびり過ごす時間を作りたいと思っておりますのよ。


ちなみに目玉的な風景は一切撮影しておりませんorz


我を忘れて見惚れてしまったので本当にロクなSSがないのが至極残念でございます。
アホですわ(涙)


Auriels01
↑ヤバイくらいに綺麗。これが一番まともに撮影できたような気がします


Auriels02
↑ファンタスティック


Auriels03
↑インドの神々か!?


Auriels04
↑ビューティフル・イエロー


Auriels05
↑霞みがかると一層幻想的


Auriels06
↑苔生した森や河辺、最高


Auriels07
↑鹿と一緒に。存在感たっぷりのキノコ、ちょっと邪魔?


Auriels08
↑険しい表情のおっさんですが、実際には感動してうるうるしております。歳を取ると、涙腺が緩くなるんですって。


-------------------------------------

森が凄く私好みだったので、タイトル画像のために沢山撮影しました。
そのSSを眺めていたら妄想がむくむくと湧いたので、ここから下は寒くて痛いお話を綴りたいと思います。

妄想~、妄想~

-------------------------------------




適当なssと戯言2

「Oblivion オリジナルトレカMOD企画」で作成しているOblivion Collectible Cards NICONICOがバージョンアップされました。
元Modもv1.7で終了のようなので新しく入れ替えてみました。
カタログの閲覧方法が変わっててちょっとビックリ。
見つけてないカードリストも表示されるし、なんか使い易くなりましたね~。
新たなカードも少し増えたみたいなので、また探す楽しみが増えました^^

ss35
↑どことなくスペイン風な2人。スペイン行きたいよー

--------------------------------

カテゴリ内の登場人物に少し人が増えました。
お話に出てきてないコンパニオンもいるので一応載せてみました。
人数が増えてくると名前見ただけじゃ誰だかわからなくなりそうなので・・・。
どんだけ鳥頭なんだorz

ss31
↑なかなかの渋親父。お気に入りです


ss32
↑年齢は56歳くらい。その内70歳くらいのおじいちゃんもコンパニオンにする予定です。


そういえばお婆ちゃん&おばさんキャラって作ったことないなぁ・・・。
おっさん作るよりも難しそうですね。


ss33
↑この髪型を使いたいがために作成したキャラ。


そういえば私の大好きなModderさんのひとりtheRoadstrokerさんの作品が「theRoadstrokers Rogue Outfit - Powered by HEW」だけ残して全部なくなっちゃってました。
凄く残念です><
Skyrimの方で製作してるみたいなので、そちらがメインになってしまったのかな~。
あー、Skyrim楽しそうだな~、いいな~。

ss34


最近、海外の方のブログをちょこちょこ見て回るようになりました。
言葉はわからないけど、SSは見ていてやはり楽しいです^^

そしてオヤジのSSが少ないことを再確認致しました。
NPCはオヤジばかりなのにね~、なんで少ないのかしら~。

もうこれはウチで大量にオヤジのSSを貼るしかないな・・・。



ss36
↑やっぱりダンスは楽しいです


ということで、さらに加齢臭漂うブログにしていこうと思いました。




Newest