ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠へ行ってみる

たまたま手に入れた「Elsweyr The Deserts of Anequina」を導入してみました。
今はロシアサイトへ行けば手に入れられるらしいけど、入手は困難みたいですね><

私が入手したのは日本語パッチが当たらないバージョンだったので、英語で遊んでみました。
後で知ったのですが、テキストをインポートすれば日本語で遊べたみたいです・・・。
でも、楽しかったから満足でございます。

昔からある超有名Modなので、今更私が説明するのもおこがましいので適当にSSを並べてお茶を濁しておこうと思います。

Elswery01


見慣れない景色満載で本当に素敵でした。
いつも通り、見惚れてばかりでほとんどマトモなSSがない状態でございますorz


Elswery02
↑哀愁漂う光景


Elswery03
↑こんな所に住みたくないです


Elswery04
↑はじめての砂嵐。でも、びしょ濡れ


Elswery05
↑やっぱり象に乗らないとね~


Elswery06
↑凄く嬉しそう


Elswery07
↑実は凄く乗りたいおっさん


Elswery08
↑カヌーがありますが、魚はいませんでした。しかも、ごっつ浅い


Elswery09


砂漠や荒涼地帯、南国のジャングルみたいな所など盛り沢山でした。
クエストも大量にあったけど、英語だったので全部はできませんでした。
ハンターギルドに入って獲物を追いかけるのは楽しかったけど、逃げ足が速すぎてキツかったなぁ。
結局、コンソールで止めて仕留めたのは内緒。


Elswery10


とっても素晴らしいModなのに、手に入れ辛いのは残念ですね~。
もったいないことでございます。


Elswery11



スポンサーサイト

英雄の条件~第6話

○英雄(ヒーロー)の条件○

第6話





-Arcane University-

hero60


ClaudiaはMiaと別れたその足でArcane UniversityのロビーにいるRaminusの元を訪れていた。


hero61


彼女はぴりぴりとした空気をまといながら彼に詰め寄っていった。

「どうして教えて下さらなかったのですか。Arch-Mageの座から退くと、一体いつお知りになられたのです?」

「あなたが彼女の家に押しかけた翌日だよ。朗報だろ?」


hero62

飄々とした様子で軽く彼女をあしらっている。
”朗報”という言葉にカチンときたのか、Claudiaは声を荒げた。

「なら、もっと早く言って下されば良かったのに!」
「あなたはいつもそうです。彼女の家を訪問する時も、詳しいことは一切教えてくれませんでした。
世に名を知らしめる英雄が、まさか居候してるなんて夢にも思わない話です。
おかげでそこの御主人をMiaさんだと勘違いして恥ずかしい思いをしてしまったではありませんか!」

「ははは、いやー、私だってまさか居候してるとは思わなかったよ」

「全く、あなたはいつも言葉足らずで困りますわ・・・」

「まあ、押しかける方もどうかと思うけどね」

「・・・・・」

Claudiaの雰囲気が一変した。
落ち込んだように俯きながら恐る恐る彼に問いかける。

hero63

「・・・私のせいなのでしょうか・・・?」

「いや、そうじゃないよ。前々からずっと言われ続けていたことだからね。まあ、キッカケは君にあるのかもしれないけど」


彼女は自己嫌悪に陥ってしまったのか、はあ・・・と深くため息をついた。
予想外の反応を見せる彼女を見てRaminusは訝しげに言葉を続けた。

「落ち込む必要がどこにあるのかな?願いが叶ったと、むしろ喜ぶ所だろ?」
「それとも、気でも変わったのかな?」

「・・・いけませんか?」

「いや、いいと思うよ。あなたのそういう所を普段から出せれば誤解されることも少なくなると思うんだけどなぁ」

「余計なことを言わないで下さい。・・・父上にも余計な事は言ってないでしょうね?」

心配そうな顔つきでRaminusを伺う。

hero64

彼女の中は常に溢れんばかりの不安と心配で埋め尽くされていた。
そのせいか、情緒不安定で友達と呼べる者もおらず、独りでいることが多い。
唯一の話し相手がこのRaminusで、彼とだけは割りと普通に言葉を交わすことができた。
彼のほうも彼女の事情を知っているので、公明正大に付き合っているようだ。

「もちろんですよ。」
「あなたがちゃんと昇進できたことだけは告げておきましたけどね」

「そうですか、なら結構です。どうもありがとう」

彼女が昇進に拘った理由は自分の父親のせいだ。
詳しい事はわからないが、彼女はArcane Universityに席を置くことで父親から逃げているも同然の立場に身を置いていた。



Claudiaは父親のことを脳内から追い払うと、Raminusにお土産を連れて来たと告げ、外に待たせていた中年Deadraを呼び寄せた。

hero66

「これはまた、変わったDeadraだね」

面白そうにジロジロと嘗め回すように観察している。

hero65

「あなたの使役にでも使って下さいな」

「うん、そうだね。変り種で面白いかもしれないね」
「え?ってことは、私が面倒を見るということかい?」

「もちろんです」

彼はうまくハメられたと思いながらも、満更でもなさそうに笑っていた。

hero67




-つづく-

ss集その3

「The Hall of Blissful Dreams And COBL Edition」を入れたので久し振りにSIへ行ってきました。


ああ、ちなみに”SS集”というタイトルのつくものは基本・・・



「若い子とおっさんがいちゃついてる写真集」



となっておりますので、御注意下さいませ。






ss37


SIのステンドグラスは幻想的で本当に美しいですよね。
ここの建物とか景色って美しいんだけど、その奥にドロドロっとした狂気が潜んでいるような雰囲気があります。


ss38


そういうの結構好きなんですが、SIに来るとコンパニオンの台詞がいつもと違うものになっちゃうみたいで、普通のインペリアルの声に戻っちゃうのが寂しくて、クエストが終わってからはあんまり遊びに来てません。

そうです、実はおっさんの声だけ脳内妄想のままの声に変えてあるんです。

ほんのちょっぴりだけ(MPCメニュー以外にも戦闘中の声とか、無闇にする挨拶など)変えてたりします。
だからいつもおっさんを連れまわしてるんですよ~。
ゲームしながら好きな声も聞けたら一石二鳥じゃないっすか(笑)
すいません、極度の渋声マニアなもので・・・


ss39



ss40


それにしてもこの家は素晴らしいな~。
私が一番好きな家Mod「Millstone Farm And Millstone Farm COBL」の作者さんは本当に神でございます。


---------------------------------------------

おっさんの寝巻きにする服がやっと見つかりました。
「RGMs Carved Leather Armour And Akaviri Silk Robes Male only」の中の物なのですが・・・

ss41


完全にエロ悪徳領主様です。


ちょっとアジアンチックな所がよりエロス度を上げてるような気が致します。
絶対悪いことしてるよ、この人。


* * * * * *注意!* * * * * *

ここから下は見ようによってはちょっとアレなので、若い子とおっさんがイチャらぶしてるのが苦手な方は御遠慮下さいませ。
きっと後悔しちゃうから!

そんなの気にしないよ~、という方のみどうぞ。




Tyrael Armor

「Tyrael Armor」

遂にDiablo3が解禁されました。
うちにも明日届きますよ!
ということで、記念にティラエルの鎧をメモっておくことにします。

導入するとImperial CityのFighting Chanceで販売されます。
全身一体型の重鎧&フードです。

Tyrael01

さすがに神々しいですね~。


Tyrael02

フードのシャドウもいい感じにグラデーション入ってます。
顔が薄暗くなってるフードって格好良いですよね。


Tyrael03

うちのおじいちゃんに着させたら、威厳ありありで王様ちゃんみたいになりました。
う~ん、めっちゃ格好良い!

------------------------------------

「Tyrael Armor」で検索すると色々出てきましたので、気になったものを二つ程メモメモ。

------------------------------------

「Tyrael Armor Retex - Angel of Solitude」


Tyrael04

こちらはシルバーのリカラーです。
テクスチャのみなので、元ModをDLした後に上書きして下さい。


Tyrael05

ちょっとフードの影のグラデーションが荒い?


Tyrael06

色味が落ち着いたので、バニラの世界観を崩さずに着用できそうです。


*****************

「Black Tyrael armor」

Tyrael07

こちらは黒のリカラー。
テクスチャのみなので、元ModをDLした後に上書きして下さい。


Tyrael08

やだ、凄く素敵。


Tyrael09

黒も捨て難いですね~。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「Tyrael Armor without Wing Spikes」


Tyrael Armorの背中についてる棘棘をなくしたものです。
nifファイルがひとつだけ入ってるので、元Modに上書きしましょう。

Tyrael10

ほら、すっきり。


自分でnifファイルをいじれず、棘棘邪魔だな~という方にピッタリです。


Tyrael11

おお~、渋くて素敵ね~。

というか、おじいちゃんがゴツい鎧を着てる姿はとても格好良いと思うのです。
大好きです。

Bouquet of roses

「Bouquet of roses」

サイト「VERMILION(ヴァーミリオン)」の管理人蟒蛇弐式さん製作の、花束のフリをした武器だそうです(笑)

導入したらコンソールで”coc Testinghall”とうち、Testinghallへ行くと床の上に箱が置いてあります。
(詳しくは同封のSSを御覧下さい)

roses01

青、虹色、赤、白と4色あります。

これで殴るなんてもったいなくて出来ません(笑)
でも、これで襲い掛かってこられたら、花嫁の逆襲みたいである意味怖いかも・・・


roses02
↑武器なので、装備するとこんな感じ


以前からこういう手に持てる花束が欲しいな~と思っていたので、とても嬉しいです。
いつも様々な小物をどうもありがとうございます!
大事に使わせていただきます^^

--------------------------------

roses03

「君にこれを」

「え!私にくれるの!?本当に!?」

roses04

「きゃー!すっごく嬉しい・・・、ありがとう、おっさん(感涙)」

「あ、いや・・・、そこに落ちてたんだ。捨て置くのももったいないだろ」


照れ隠しに見え見えの嘘をつくおっさん。
でも、彼女は涙が出るほど嬉しいみたいですよ。




Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。