ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

赤頭巾ちゃんVS吸血鬼(追記あり)

本当はハロウィン当日に出そうと思っていた代物でございます。
よく考えたら、ハロウィン関係ないじゃんねぇ、といった内容でしたorz

急に思いついちゃったもんだから、適当もいいとこです><


ここから下はひたすらにSSを貼り付けているだけで、なんの面白味もございません(汗)
そして、SSがやたら暗くて見辛いです。
解説も何もないので、適当に脳内で補間してあげて下さい。
おじさんや吸血鬼などが苦手な方もお気をつけ下さい。



以上を踏まえた上でどうぞご覧下さいませ。

---------------------------------------

----------------------------------

----------------------


vsVamp01




vsVamp02




vsVamp03




vsVamp04




vsVamp05




vsVamp06




vsVamp07




vsVamp08




vsVamp09




vsVamp10




vsVamp11


                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::


vsVamp12




vsVamp13




vsVamp14




vsVamp15




vsVamp16




vsVamp17




vsVamp18




vsVamp19




vsVamp20




vsVamp21




vsVamp22




vsVamp23







vsVamp24




vsVamp25




vsVamp26




vsVamp27




vsVamp28


                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::
                          ::


vsVamp29



vsVamp30



vsVamp31




vsVamp32




vsVamp33




vsVamp34
↑クリックすると大きくなります



-THE END-




-------------------------------------------

なぁに?もう、さっぱりわからないわよ!

という方のために付け加えるとしたら・・・「フレディvsジェイソン」みたいなものを想像していただければよろしいかと思いますのよ(笑)






ごめんなさい、本当の事を言いますと、ハロウィンに合わせておっさんを吸血鬼にしてみたら、凄く似合っちゃったというだけの話なのです。
しかも、撮影したSSを貼り並べたかっただけで、ストーリーとか本当はないのでございます。

とってつけたような解説を致しますと、

”おばあさんを食べちゃった狼の親玉が吸血鬼だったので、赤頭巾ちゃんが敵討ちにやってきて、返り討ちにあっちゃった、可哀想~”

みたいな感じですかね?





あうぅ・・・なんという茶番orz




vsVamp35

ということで、吸血鬼おっさんをコンパニオン登録しました。
あぁ・・・ダメなんだ、私こういうタイプ本当にツボ過ぎて・・・(*´Д`*)

ちなみに血を吸う方と、吸われる方、どちらがいいですか?と聞かれたら、迷わず吸われる方を選びます。
ワタシハオカシイデスカネ?


* * * * * * *

使用Mod
SpookyHouse Shadowvale Manor
The Well of Lost Souls
Cardac



----------------------------------------
----------------------------------------

(2013.12.2 拍手コメントへのお返しを追記しました)


以下は拍手コメントへのお返しです。





Ruined Tails Taleをやってみる

以前は酷いCTDのために遊ぶのを断念した「Ruined Tails Tale v3.0」を、PCを新調したのでもう一回チャレンジしてみることにしました。
パワーも段違いにあるんだし、今回はなんとかなるだろう~と高を括っていたのですが・・・


ruin01

宿屋が火事になるイベントでやっぱりCTDしてしまいます。


前回は本当にどうにもならなかったので、ここであきらめたのですが、今回は”いやいや、お前の力はこんなもんじゃないだろ?”とPCのパワーを信じて懲りずに挑戦したのです。
10回以上CTDを繰り返し、やっぱりダメなのかな・・・とタオルを投げる寸前でこの場所から離れる事に成功いたしました。

本当に大変だった><



ここさえ過ぎればこっちのものよね~(o´∀`o)



・・・なぁんて思ったんですけどね><
中々前途多難でCTD&バグに見舞われちゃって自力じゃどうしようもなくなってしまったので、ググって出てきた攻略サイト様を見ながらようやく進める事が出来ました。

本当に助かりましたよ~><


ruin02
↑みんな大好きRuin君。どうしてファンが多いのかよくわかりました


そんな苦労ばかりしていたので全くSSを撮りませんでしたorz
それどころじゃなかったのよね・・・・。




こういうキャラ重視のクエストModをやるのは初めてかもしれません。
それだけに思い入れが深くなるのは当然で、やっぱり泣いてしまいました(涙)
Ruin君、本当にいい子。
小難しいことばっかり言うからよくわかんなかったけどね(笑)
そこが凄く彼らしいな~って思いました。


ruin03
↑基本的に目新しい場所はこことアジトくらい?ちなみにここでもバグに捕まってしまい大変でした


一緒に冒険をしていく事で会話イベントが発生し、仲を深めて行くって感じですかね?
なので終わり方も何個かあるのかな??
私はかなりラブラブ展開でした(笑)
主人公を愛し過ぎです。
そこがグっとくる部分でもあります。



いくつか躓いた点があったので、ちょっとメモしておきます。
(ちょっとネタバレしてるのでご注意)


----------------------------------------


Ruin君と初めて出会った場所でメモを落とす・・・の所で、アリーナで何度も落としてもイベントが進みませんでした。
困ったな~って思ってたら、なんかピンポイントで落とさないとダメなんですって??
なので、アホみたいに何度も繰り返し落としてみました。

ruin04
↑私の場合、この辺りで落としたらやっとイベントが進みました。

落とした瞬間に人がやってくるので、正解かどうかすぐわかります。
なので、挫けずに頑張ってみて下さい^^;



私は現在「Cyrodiil Rebuild RUS」v1.4と「Oblivion Collectible Cards改変バージョン」を導入中です。
そのせいか、奴らのアジトがこんなことになってました。

ruin05

向かって右の家がそうなんですけど・・・一応中には入れました^^;
Cheydinhalの川沿いであいつと話す時も、半分岩に埋まってて笑ってしまいましたよ。
Ruin君のテントはかろうじて無事でした。



ruin06
↑沢山の敵に追いかけられ、それを追うNPC達もどんどん増えて行きます


物語の後半、一緒に馬でImperial Cityまで走って行くんですけど、ここでも何回かCTDしました。
しかも馬の操作に全然慣れてなくて、ちょっと気持ち悪くなってしまったりしてorz

-----------------------------------

などなど、他にも色々ありましたが、それでも頑張ってクリアしよう思ったのはRuin君が最後どうなるのか、どうしても知りたかったからなんでございます。

ruin07


頑張ったかいがありました(涙)


苦労が報われるような気がしました。
彼の日記(?)がまた非常に胸にくるのでございます。
これを翻訳された方は凄いな~。



確か続編みたいなものもあるんでしたよね??
時間が出来次第そちらも挑戦してみたいな~と思いました。




Haubergeon

「Haubergeon」v1.0

FF14に登場する装備をモデルにした全身一体型の軽鎧です。
導入するとICとWayeを繋ぐ橋の途中に箱が設置されます(詳しくは同封のSS参照)。

Haubergeon01

色は黒と茶色、そして男女用の2種類が用意されております。
なんとありがたい!


Haubergeon02



Haubergeon03

Amu属性のベルトポーチ。
素晴らしいクオリティでございます、ハラショー!



Haubergeon04

どうしましょう、凄く格好良いです。
露出が少ないのに妙に女性らしいんですよね。
胸の膨らみが素晴らしいせいでしょうか?(笑)


Haubergeon05

男性用まで用意されてるなんて、本当に嬉しくて涙ちょちょぎれでございます。
意外とこういうタイプの鎧ってないんですよね^^;
これは重宝しますね~、やったー!

Haubergeon06

お気に入り装備決定でございます。
本当にありがとうございます!



賓客をおもてなし

格好良くて素敵なものからネタものまで、幅広い作風をお持ちのモッダー・AlbumCornixさん(「ろれむいぷさむ- Extreme Lorem Ipsum -」)のキャラクターをなんと3人もいただいてしまいました。



わー、もーどうしよう゚+.(*ノェノ)゚+


若いイケメンが作れない私には、高嶺の花でございます。
まさか3名もお迎えできるとは思ってもいなかったので、血圧上がっちゃってクラクラしてます(笑)
いけない、落ち着かなきゃ・・・

さて、うちの環境でもちゃんと再現出来るかしら?
ドキドキしながらご登場願いました所、皆さん無事に召還できました。
あー、良かった~*^^*


ACset01

Mathias Cagnoald(マティアス・カグノールド)さん


某ザマス口調のNPCさんと名前が似ておりますが、全くの別人です。
説明によるとかなりの鬼畜っぽいのですが、鬼畜好きとしては両腕を広げてウェルカムでございます(笑)


ACset02
↑やだ、凄く素敵

ちゃんと睫毛とか眉毛などがキャラの髪色に合わせてらっしゃるのを見ると、ほえ~凄いな~って思います。
そんな愛情が沢山注がれたキャラをいただけるなんて、恐悦至極にございます。





ACset03

Donell Hergest(ダネル・ハージェスト)さん


とっても温厚で優しい人だそうです。
黒髪の男性って素敵ですよね、かなりタイプです(笑)


ACset04
↑女性と見紛うほどの美男子(ウットリ)



ACset05
↑並ぶとますます絵になりますね~






ACset06

Cadfarch Crom(カドファ・クロム)さん


えっと、主夫なんだそうです(笑)
Donellさんの使い魔連中のリーダーだそうで、雑用すべてをこなしているそうです。
(AlbumCornixさんのキャラ設定は読んでいてとても面白いです・笑)


ACset07
↑尻尾がすっごく可愛い


人外好きな私の心を捉えて離しません、ステキ。


ACset08


そういえば、ちゃんと人の姿をしている時のものも同封されていました。
キャラ設定が細かくてそれをちゃんと実行しているのが凄いな~って、もう~・・・凄いよー!
見習わなきゃいけない部分が多くて、とても勉強になります。


ACset09



ACset10



ACset11
↑格好良く撮れたのでSS多めです^^;


-------------------------------------

最後にうちのキャラと一緒に記念撮影。

ACset12



ACset13
↑クリックすると大きくなります


素晴らしいキャラクター達をどうもありがとうございました!
ずっと大切に致します(*´ェ`*)




室内から景色を眺めてみる

「Immersive Interiors」v0.8.1

・必須Mod:Weather - All Natural


室内から窓を覗くと、外の景色が見えるようになります。
天候や時間によって変わるので(雨が降ってたり、雷がピカーッて光ったり)リアルさが凄く増します。

すべての都市から見えるわけではなく、今の所・・・

Anvil
Skingrad
Chorrol
Bruma
Chedinhal

に対応しているみたいです。
もうアップデートはしてくれないのでしょうか?
凄く完成が待ち遠しいのですが><


ちなみに私は現在「Cyrodiil Rebuild RUS」v1.4を導入中ですが、Chorrolの教会などと競合しちゃって室内が大変なことになってます><
それでも素敵なので気にせず使っております。



<昼間>
ii01
↑Anvilのお化け屋敷にて


<夜間>
ii02


<教会>
ii03
↑分かりづらいですが、ちゃんと景色が見えるんです


<船の中>
ii04
↑Anvilの船のクエストでたまたま中に入ったら、ちゃんと景色が見えてビックリ



久し振りに感動しました。
これは凄いですねー!
ただ外が見えるようになるだけなのに、見えるってことがこんなにも素敵な事だったなんて・・・。
これを導入してからは起床して窓の外を眺め、

「あ、今日は嵐だから外出れないな・・・」

などと思うようになりました(晴れるまで待機するだけですが・笑)。
さらに推奨Modである「Sound of Cyrodiil」(環境音追加)も同時に入れたんですけど、それも相まってゲームへの没入間が半端なくなりました(笑)
音だけでなく、視覚的にも外の様子がわかるというのは大きいですね~。
最近益々Oblivionが面白いです。


もっと早く入れてれば良かった><


ii05
↑ご近所の建物の明かりが見えるとなんだか嬉しいですね


室内窓から外の景色が見えるといえば「Shezries Towns」を思い出しますが、こちらは室内も外のセルにあるので、雨が降ると室内にも雨が降ってしまうんですね。
でも、NPC達が動いてるのもちゃんと見えるので私は凄く好きでした。

逆にこの「Immersive Interiors」はちゃんと室内セルの中に外の建物が丸々入ってるので、室内で雨が降るってことはありませんが、NPC達はいません。
あと、BCの建物からも景色が見えるそうですが、バニラの景色なんだそうです。
でも、どう違うのかきっとよくわからないですよね(笑)


ii06
↑Skingradの自宅。改造した3階からの景色。



ii07
↑Chorrolの大きい方の宿屋。雰囲気でますよね



ii08
↑窓の外からだとこんな感じ



私にとってはずせないModのひとつになりました。
どうもありがとうございます!

-----------------------------------------

で、全く関係ないのですが、

”トランペットに憧れる黒人の少年が毎日ショーウィンドウを眺めていると、知らないおじさんがやってきて買い与えてくれた”

みたいなお話がありましたよね?
コントで見たネタなのですが、どうやら元ネタがあったようで、なんとルイ・アームストロングの逸話だったようです(他にも説があるようですが)。
トランペットを買い与えて貰った少年は有名なトランペット奏者になったというオチです。



ということで、そんな風なものを撮影してみました。


ii09



ii10



ii11
↑ごめんなさい、ここにはトランペットはありませんよ・・・


おかしいな、ただの変質者にしか見えない・・・orz



黒人の少年がいないので、アリーナにいるオウインさんにやってもらいました(アフロの黒人さんって彼しか思い浮かばなかった・・・)。




Newest