ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

ICをローマ風にしてみる

「Римский Имперский Город / TD Rome IC」
(ブログ名TES-Diesel modding、ロシアサイトです)

インペリアルシティをローマ風にするテクスチャです。


NexusでSSを見た時からずっと待ち焦がれていたのですが、想像以上に素晴らしくって、即導入決定でございます。
ずっと白かったので、さすがにそれも見飽きたな~・・・なんて思っていたものですから^^;
気分転換には最高の代物です。

ちなみに私は「ImpeREAL City - Unique Districts - OMOD」Finalというのを使用中です。
なのでバニラとはちょっと町並みが違います。


どんな風に変わったかというのは見てもらうと一目瞭然なので、以下ダラダラとSSを貼り並べておきます。
お目汚し失礼いたしますわよ。

icRome01


icRome02


icRome03


icRome04


icRome05


生まれ変わったというか、完全に別物になりました(笑)

OBGE使用中なので多少色味が違うかもしれませんが、落ち着いた黄褐色でまとめられたとても雰囲気のいい町並みになりました。
石造りでちょっと古ぼけた感じがいいですよね~。
こういうの大好きなんです^^


icRome06


icRome07


icRome08


icRome09


icRome10


icRome11

屋根は黒緑色っぽいです。


icRome12

橋も変わってます。


icRome13

白もいいけど、こういうのも素敵ですよね。

-----------------------------------

IC以外の場所でも同じパーツを使用しているものがあります。
そういう部分もローマ風になってしまうのでご注意下さいませ。

icRome14


icRome15

-----------------------------
-----------------------------

他にも沢山のリテクスチャを制作してらっしゃるので、これもいいな~、あれもいいな~、なぁんて(笑)
全部素敵過ぎて、入れ替えるのが楽しい今日この頃でございます。

素晴らしいModをありがとうございます!


ss集その11

Skyrimで初めてENBを導入してみたのですが、本当に綺麗でとにかく芸術的でした。
だけどDOF(焦点を合わせて周りをぼかす機能)の焦点をリアルタイムで自由に変更出来なくて(する方法ってあるのかな??)、被写体を端に寄せて撮影する癖のある私にはちょっと使いづらいんです。

ss362
「Butterfly Walls」SI開始時の蝶々がぶわーーってなるエフェクト。好きな時に見れるようになって本当に嬉しいです


OblivionでOBGEv3 Controllerに慣れてしまっているので、ゲーム内でリアルタイムで焦点を移動出来ないのがとっても不便。
OBGEのBokeh_Circle_DoF.fx (私の中では通称:キラキラぼかし)が大好きだし、Godrays V6も一度味わったら病み付きだし・・・。
オブリにもENB入れてみたかったけど、どちらも一長一短なんだな~と実感しております。
ということで、、時間があればOBGE Liquid Waterを入れてみたいな~なぁんて。

ss363
↑たそがれ時、なんとなくもの悲しくなりながら旦那さんの帰りを待つ新妻。うん?おさな妻かな?笑


ss364
↑小腹が空いたなと思い、とりあえずコーヒーを飲むおっさん


ss365
↑しっかり軽食を食べてるMia。おっさん、ちょっぴり羨ましい


ss366
↑いつもMiaがおっさんに甘えてるので、たまにはこういうのも


ss367
↑この膝枕、凄く楽なんですよね


ss368
↑気持ちよくて眠くなってきちゃいました



新しいおっさんになったので、もう一度同じシチュエーションで撮ってみました。
古いのはこちら

ss369


ss370


ss371


ss372

どちらにしても、おっさんはドSでございます(笑)

-------------------------------------
-------------------------------------
ココから下はいつも通りちょっとアレなので、
おっさんと若い娘がイチャイチャしてるのに寛容な方のみご覧下さいませ!

-------------------------------------
-------------------------------------



Bravilの自宅をリモデルしてみる

Бравил: альтернативный дом на продажу / TD_Alternative_Bravil
(ブログ名TES-Diesel modding、ロシアサイトです)

以前紹介したこちらの記事のBravil編です。
いつも通り色んな部分が文字化けしちゃいますが、些細なことでございます。
すでにここを購入しちゃってる方は「setstage aaaTDHFSBravil 10」とコンソールで打ち込むと、もう一度購入クエストを開始できます。

ワンルームの手狭な部屋ですが、凄くBravilらしい作りなのでお気に入りです。

bra01


bra02


bra03


bra04


bra05


bra06


bra11
↑椅子代わりに並べた箱の上に座れます。こういうのいいですよね~


bra07


bra08


bra09
↑ウインナー美味しそう~

bra10
↑壁に手書きのイラストが張られており、どんな人が住んでるのか想像を掻き立てられちゃいます

-----------------------------

この方々が作成されている家Modには本当にいつもお世話になっております。
バニラの雰囲気を壊さず、地域に合った内装を施されてるのが本当にツボで大好きなんです。
何気なくテーブルの上に置かれてるアイテムを見るだけで妄想がムクムクと沸いてきちゃいます(笑)

素晴らしいものをありがとうございます!


夜、歩く2

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

2.


最近中で吸うと”部屋が臭い”とMiaに嫌がられているので、煙草を吸うためにバルコニーへと出た。

おっさんはすっかり巷で言う”ほたる族”の仲間入りをしていた。

主が居候ごときに主張を捻じ曲げられるのも情けなく思えるが、この際仕方が無い。
だいたい彼が煙草を吸うようになったのは彼女のせいでもあるのに。
やはり、年頃の若い娘と同じ屋根の下にいるということ自体、彼には苦悩の種でしかないのだ。



yoru08

そんな唯一くつろげる場所に珍しく先客がいた。
Miaだ。
一瞬、煙草に火をつけていいものかどうか躊躇したが離れていればたぶん大丈夫だろう。
彼は意外とそういう部分は気にする性質(タチ)なのだ。

何をしているのか様子を伺いつつも、おもむろに煙草に火を点け、背後から声をかけた。


「面白いものでも見えるのか?」


煙を吐き出しながら、あっちこっちに忙しなく首を伸ばしている彼女を面白そうに眺めていた。
この娘はいくら見続けていても飽きない、おっさんはそう思っていた。

そんな彼女は何かを探しているようだった。


「お城を見たいんだけど、ここからじゃ見えないの?」


バルコニーの手摺に体重を預けるように身を伸ばし、右手の街道側を覗こうと頑張っている。


yoru10


「見えるわけないだろう。城は反対側だ」

位置的には家の真裏だ。




yoru09

「なんだ、そうなんだ・・・」

ガッカリしたようにその場から離れると、手摺に軽く腰を降ろした。


yoru11


「せっかくSkingladにいるのに、家からお城が見えないなんて残念ね・・・」

「この街は住宅が密集している。窓から城が見える家なんてないんじゃないかな」
「見えるのは隣の壁くらいだ」

「そうなんだ。灯台元暗しってやつかしら」

「使い方は間違ってるが、言いたい事はわかる」



yoru12

Miaは手摺に手を掛けると、下を覗いた。
いつも通りガードが見回りをしている。




「・・・ねえ、おっさん、Hassildor伯爵とは知り合いなの?」

「ここの領主だろ。顔くらいは知っている」

「・・・嘘つき」

彼女は苦笑した。

「・・・あなた、伯爵から何か頼まれてるんでしょ・・・?」


おっさんが訝しげにこちらに視線をよこした。


「見たのか?」


「ごめんなさい。見ちゃった」


彼女は捨てられていた手紙を覗き見たことを素直に告白した。


「たいした内容じゃないから、別にかまわんが」

おっさんは特に気にしてないようだ。


「でも、勝手に人の手紙を読むのは悪いことだわ」

「それがわかってるなら、もうするな」



yoru13

Miaがおっさんの近くにすり寄ってきた。

「返事、書かないの?」

「必要ない」

yoru14

「私、持ってってあげるわよ?」

ニヤけ気味の顔でそう言った。
おっさんはその言動でピンときた。
少し困った表情をしながら笑っている。

「伯爵に会いたいのか?」

彼女は小刻みに頷いた。

「以前はメイジギルドの仕事で何度か会う機会があったけど、今はもう・・・」

寂しそうに目を伏せた。

「伯爵は滅多に姿を見せないし、何か特別な理由でもない限り会う事は難しいでしょうね・・・」


Hassildor伯爵は人前に姿を現さないことで有名だ。
耳を疑うような噂もちらほらあるが、それを表立って口にする者はいない。
何故なら領民達からは絶対の信頼を受けており、実際Skinglad周辺はとても平和なのだ。


「どうすれば会えると思う?」

おっさんに疑問を投げかけた。
彼は煙を吐き出しながら遠くを見ている。

「そんなに会いたいのか?」

「うん」

「会ってどうする」

「とりあえず、私を覚えてもらうことから始めようと思うんだけど」
「・・・・仲良くなれないかな・・・・?」

「子供じみてるな」

「だって、他に方法とか思いつかないし、仲良くならないと恋愛に発展するなんてことありえないでしょ?」
「もう大分長い間顔を見てないし、元気かな?って思うし・・・」

どぎまぎしながら口早に思い付いたことを声に出した。
理由は色々あるけれど、会って顔を見たいというのが一番だった。
必死に自分の思いをアピールしたせいか、彼女の頬は少しピンク色に染まっていた。
おっさんはそんな一途な彼女を見て、同情心に近いものを感じた。
少しだけなら力になってやってもいいだろうと、親心が湧いたのだ。


「そうか。君の気持ちはどうやら本物のようだな」
「・・・一つ仕事を頼むことにしよう」

「!!」

目をまん丸にして驚いている。

「いいの?!」

「嫌ならやめるが」

yoru15


「やめないでええええええええええ」


おっさんの両腕をしっかり掴み、前後に揺さぶった。



「わかった、わかった。少し落ち着け」

「うう、やめないでえええ><」

「わかったから、やめないから」


すがりついてくるMiaをなだめるおっさん。
こんなに反応が大きいとは思わなかった。
少しからかっただけなのに、彼女は真に受けてしまったようだ。
それだけ伯爵に対する気持ちが強いのだろう。

yoru16


「私の手紙を直接伯爵に渡してくれ。私の名を出せば、すんなり通してくれるだろう」
「できるな?」

うんうん、と彼女は何度も頷いた。

「ありがとう、おっさん」

彼女は目を潤ませながら感謝の意を述べた。
おっさんはまんざらでもない様子でにこやかな表情を浮かべている。


yoru17


「その後のことは、自分でどうにかするんだぞ」

「うん!」

yoru18


すでにMiaの気持ちは伯爵に会える喜びで一杯だった。

早く会いたい。
会って顔を見たい。
話をしたい。
声を聞きたい。
できれば、握手もしたい。

彼女はうっとりとした表情で思いを馳せた。
恋焦がれる気持ちは募るばかりだ。



-つづく-





夜、歩く1

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

1.





~skinglad、おっさんの自宅~


yoru01


「旦那様、Hassildor伯爵様からお手紙です。」


Ejyaがおっさんに一通の手紙を渡した。

yoru02


「またくるようになりましたわね・・・」
「お返事はどうなさいます?」

「いつも通り、放っておくさ」

彼は手紙をEjyaに返した。
開けなくても内容がわかっているのだろう。


yoru03



「よろしいのですか?」

少し心配そうに聞き返した。
仮にもこの土地を治めている伯爵からの手紙だ。
何度も同じことがあったとはいえ、無視するのは無礼に値する。


yoru04


「気にするな」

彼は躊躇しているEjyaの手から手紙をサっと取ると、ゴミ箱に捨てた。

yoru05
yoru06


そのやり取りを、不思議そうに遠巻きからMiaは眺めていた。

yoru07


おっさんとEjyaがいなくなった後、こっそりゴミ箱から手紙を取り出す。
悪いと思いながらも、中を覗かずにはいられなかったのだ。




-つづく-



Newest