ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ss集その13

久し振りのSS集です。
クリスマスは特に何かする予定はなかったのですが、素敵な家Modを導入したのでつい調子に乗って色々撮影してしまいました。

「Рождественский коттедж "Белый сон" / TD Christmas Cottedge "White Dream" 」
(ロシアサイトです)

本当にお世話になりっぱなしです、いつも素晴らしいModをありがとうございます!


クリスマスの内装が施されたお家なのですが、とにかく凝っていて可愛らしい造りになってます。
場所はコロール北門出て左手方面にあるのですが、見事に「Cyrodiil Rebuild」と競合しており大変なことになってました。
でも、ちゃんと中には入れるので無問題です(笑)

14Xmas05


14Xmas06


14Xmas07


14Xmas08


14Xmas09


ケーキめっちゃ美味しそう!
いや~、本当に凄いな~(うっとり)


****注意**********************

ここから下はおじさんと若い女性がイチャラブしてるので、免疫のある方だけご覧下さいませ。
あれですよ、リア充ってやつですよ!

*****************************


免疫のある方だけどうぞ~




----------------------------
----------------------
--------------


14Xmas10


14Xmas11


14Xmas12
↑まぁ、お尻は見ちゃうよね・笑


14Xmas13


14Xmas14
↑うまいよって褒めてくれるおっさん


14Xmas15
↑とても嬉しそうなMia。お料理頑張ったかいがあったね~


14Xmas16



お料理を頑張って疲れているMiaをおっさんが労ってくれました。
意外と優しいんですよ。
最初何事かと思い、ちょっとびびってるMiaですが(笑)

14Xmas01
14Xmas02
14Xmas03
14Xmas04

もうちょっと連続写真のように撮影したかったのですが、無理がありましたね^^;
難しいな~



14Xmas17


14Xmas18


14Xmas19
↑疲れて寝てしまいました




ということで、いつも通りの2人でした。

14Xmas20


14Xmas21


皆さん良いクリスマスを!



スポンサーサイト

夜、歩く5

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

5.

執事から野盗が住み着いたという洞窟の場所を教えてもらうと、その足で早速討伐をしに向かった。
野盗くらいなら一人でも大丈夫だろうと踏んだのだ。

洞窟の場所は城のお膝元にあたり、こんな身近な場所に野盗団が住み着いたとなれば町の治安に直接関わってくるだろう。
一刻も早く排除しなければと、彼女の正義感が体の奥で疼いた。

yoru42


内部は鼻をつくような血生臭さが漂い、古びた棺がそこかしこに転がっていた。
徒党を組み襲い掛かってくる野盗共にひるむことなく彼女は立ち向かう。

yoru43


yoru44


yoru45


yoru46

                            :
                            :
                            :
                            :
                            :

隅々まで歩き、残党がいないことを確認すると外へ出た。
伯爵の役に立てたかと思うと、達成感もひとしおだった。
多人数を一人で相手にしたせいか、数箇所に軽傷を負ったがたいしたものではない。


yoru47

思った以上に時間がかかったのか、いつの間にか辺りは薄暗くなっていた。


yoru48

(やばっ、遅くなっちゃった・・・)

報告は明日することにし、とりあえず家路を急ぐことにした。


----------------------------------------------

-おっさんの自宅-

yoru49

「遅いですわね・・・」

午前中に出て行ったのに、日が暮れてもMiaは帰って来ない。
二人は何かあったのではないかと不安で仕方なかった。
特におっさんは伯爵の正体を知っているので気が気でなかった。


yoru50

(・・・いや、まさかな・・・)

彼女に限ってそんなことはありえない。
伯爵もあんな男勝りな女性が好みなわけないし、心配はないだろう。
そう自分に言い聞かせているのだが、万が一ということもある。

人は恋をすると判断力が鈍くなり、思わぬ方向へと転がる危険性を孕んでいる。
今のMiaは伯爵のためなら危険を顧みずに大それた行動をとってしまうかもしれない。
只でさえ彼女は普段から何をしでかすかわからないというのに。


「手紙を渡しに行っただけなのに、丸一日かかるなんておかしくありませんか?」

痺れを切らしたEyjaがそわそわと動き始めた。

「ちょっと私、お城まで迎えに行って・・・」

「いや、いい。私が行こう」

出て行こうとする彼女を引き止めた。


「お前は食事の支度でもしていてくれ」
「すぐに戻る」


おっさんは玄関扉に近づくと足早に外へ出ようとノブに手をかけた。
それとほぼ同時に、ギイ・・・と反対側から押され、扉が開いた。

「ただいまー」

yoru51


そこには、Miaが立っていた。


yoru52


びっくりしている二人に驚き、釣られてMiaもびっくりしている。


「ど、どうしたの?」

「・・・あまりにも遅いので心配してたんですよ?ああ・・・良かった、無事に帰ってきてくれて」

Eyjaが胸を撫で下ろしながら大きく息をついている。


「遅くなってごめんなさい。ちょっと用事ができたものだから、そのまま済ませてきたのよ」

「本当に何もなかったのか?マントをはずしたりしなかったろうな?」

ジロジロと彼女を見ているおっさん。


「はずしてないわよ。」
「本当、なんにもなかったって」

「伯爵は何か言っていたか?」

「ああ、伝言を預かってきたわよ。えっと・・・、確か”泣きついてきても遅い”だったかな?」
「おっさん確実に伯爵怒らせてるよね。悪口でも書いたの?」

「大丈夫なんですか?旦那様・・・」

「大丈夫だ。深い意味はないさ」
「ご苦労だったな。着替えて少し休むといい」

「すぐ晩御飯の支度をしますね」


-つづく-





まぜまぜ

私は「Lush and Gaudy Floriana Gloria」v1.2を好んで使っています。

-----------------------------------------------
・Lush & Gaudy Damn Greens GC CH Tree Cull 5.esp
・Lush & Gaudy Damn Greens.esp
・Lush & Gaudy FG.esp
・Lush & Gaudy Give Me Some Moor Trees.esp)

↑こんな順番で入れてます
------------------------------------------------

まとまりのある見た目が好きなのですが、植物の種類が減ってしまっているのはちょっと寂しいな~なぁんて思うこともあります。
なので以前は他の物と混ぜて使っていたんです、PCが壊れる前まではorz


色々とテクスチャも増えてきたことだし、久し振りに何かと混ぜてみようかな~?


ということで、今回はこちらのものを混ぜてみました。
(「Lush and Gaudy Floriana Gloria」v1.2に上書きする形で入れています)

AmpolX Textures 1.0(主に地面や彫像など)
Arboretum - retexture for a tree-hugging crowd (木の葉っぱ)


さあ、どうなってるのかな~?
(いつもこの瞬間がわくわくするんです・笑)

: : : : : : : : : : : : : : : : :

まずは「Arboretum - retexture for a tree-hugging crowd 」からです。

ampTex01

ampTex02

おおっ、なんか葉っぱが違う!


ampTex03

ampTex04

松ぼっくりみたいな物がくっついてる?


ampTex05

ampTex06

これはヒイラギかな?

地味だけどリアルな樹木になりました。
ちょっと面白いですね~。


Optional filesのArboretum brighter mipmapsと比較してみました。
中央のちっこい木に注目。

ampTex23

導入した方が自然な見栄えになりますね。


* * * * *

「AmpolX Textures 1.0」はどんな感じなんでしょうね?
ちなみに、

10 Oblivion Makeover
20 Cheydinhal Textures
40 ATP Blackwood
45 Great Grasses
60 God Statues

のみを今回は導入しています。

ampTex08


ampTex09


ampTex10


ampTex11


ampTex12


ampTex13


ampTex14


ampTex15



ampTex17


ampTex16
↑Lush & Gaudyと混ぜるとちょっと目立ちますね


かなり新鮮な見た目になりました。
なかなか素敵ですね~。
ただLush & Gaudyと混ぜて使ってるので、本来の見た目とは大分違うと思います。
もしかしたらバニラ状態で導入の方がいいのかも・・・^^;

ampTex20
↑こんな弊害もあります。なんか中途半端に葉っぱだけあるっていうね・笑



ちなみにCheydinhalなんですけどこんなんなりまして。

ampTex18

ちょっと私的にはいただけないので、「TD Winter Is Coming」v1.1 - Alfaの壁テクスチャと交換してみました。

ampTex19

好みだとは思いますが、こちらの方が私は好きです(笑)

-----------------------------
-----------------------------

で、最終的にLush and Gaudyを優先して余計な物を排除してから使うことにしました。
結構見た目的に落ち着いたんじゃないかしら?

ampTex21


ampTex22


とかいいつつ、「AmpolX Textures 1.0 」を導入したらCTDが頻発してしまい、あえなく断念orz
最近色々Mod入れてたせいで重くなってるのかしら・・・

景観が変わると世界が変わるので、たま~に変更して(CTDと戦いながら)楽しんでいます(笑)


Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。