ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

夜、歩く9

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

9.


yoru89


夕刻には不穏な雲など一切なかった空からはいつの間にかしとしとと雨が降っていた。


yoru90


yoru91


胸の内にくすぶる怒りの種火を鎮めるかのように容赦なくAzazelの体を打ちつける雨粒。
徐々に体温は下がり始めてはいるが、それだけだ。

ふつふつと怒りが滾るのを理性で押さえ込もうとしてはいるのだが、伯爵の姿を思い浮かべるたびにそんな努力も虚しく吹き飛んでしまうのだった。


yoru92

おっさんは一心不乱に城を目指し歩き続けた。



-Skinglad城-

バンッ

勢いよく城の門が開かれた。
ホールには見張りのガードがいるだけで、誰もいない。
こんな時間に訪れる客もいないのだから当然だ。


yoru93

音を聞きつけた執事が何事かと姿を現した。

「これはAzazel様、お久し振りでございます。しかし、こんな時間に急に訪ねてこられても・・・」

「時間的には丁度いいだろ?Hassildor伯爵も朝食を済ませてくつろいでいる頃合だからな」
「奴はどこにいる。自室か?」

おっさんは勝手に二階への大階段を上がっていった。


yoru94

執事が引き止めようと後ろからついてくる。

「お待ち下さい!勝手に行かれては困ります!」

yoru95


おっさんは真っ直ぐ伯爵の部屋目指して歩き続けた。
執事の制止も聞かず、そのまま大きな扉を勢いよく開けた。

ギィイィィ

嫌な音を立て扉が開くと、中にはくつろぎながら紅茶をすすっている伯爵の姿があった。

yoru96


「Hassildor伯爵、その様子だと今日の朝食は満足のいくものが手に入ったようだな」

「やっと来たか。待っておったよ」


伯爵は執事に下がるように促した。



「8年か。長かったな」


yoru97

彼に血友病の治療薬作成を頼んでからおよそ8年が経過する。

他に人を探してもよかったのだが、あまり口外できる類の話でもない。
しかも、高度な知識と技術を要するので人選が限られていたというのもある。
どういった経緯でAzazelのことを知ったのかはわからないが、
確実な腕を持っており、身近な存在であったおっさんに的を絞られても仕方なかった。


yoru98

「もちろん、良い返事を携えてきてくれたのだろ?」

「薬を作ることにした」

おっさんの様子はいつもと少し違っていた。
普段通り眉間に皺を寄せて渋い面構えをしているが、声には荒々しさが混じっていた。
珍しく感情的だ。

yoru99

「だが、条件がある」
「我がギルドマスターの分を優先的にいただく。残った分のみ、あなたにお渡ししよう」

「かまわんよ」

伯爵は静かに頷いた。
そして、意味あり気に薄笑いを浮かべる。

yoru100


「ギルドマスター・・・か。今回彼女の身に起こった事をとても残念に思っている」
「だが、お前がいるから心配は無用だな、Azazel」

「心にも無いことを言うんじゃない」
「・・・彼女を弄ぶのはやめろ」

「人聞きの悪い事を言わないでくれ。ただの偶然じゃぁないか」
「だが、彼女が感染しなければ、お前が動くことはなかった・・・」

吟味するように、ゆっくりと言葉を噛み締めている。

「Miaには感謝せんといかんな。お前の口から礼を述べておいてくれ」

yoru101



「・・・・・」
「自分で言え」



yoru102

おっさんは来た時と同じように早足で部屋を出て行った。
伯爵は閉じられた扉を見つめながら、嬉しそうに目を細めて笑っていた。




つづく



-----------------------------------
-------------------------------------

Hassildor伯爵は吸血鬼でもあり、Skingradの現領主でもあり、強大な力を持つ魔術師でもあります(確かそうだよね?)。
Skyrimに出てきてもおかしくないようなキャラだと思うのですが、いませんでしたね、残念><
(シンデリオンとかは出てきたのに)

おそらく彼はおっさんの正体にもうすうす感づいてるんじゃないかな?
なので彼に治療薬作成を頼んだという事になっています。

イマージョン系色々

オブリの世界に動きをもたらす面白いModが出ていたので色々と試してみました。



「smoke and dust」1.0

遺跡や洞窟内のもやもやが動的になります。
espがないので導入も気楽です。
説明するよりも見てもらったほうがわかりやすいかな?



凄いですよね。
初めて見た時感動しちゃいましたよ。
雰囲気がグっと上がって臨場感が増しました。
いや、もう、これ本当に素晴らしいです。

----------------------------------

「atmospheres natural ambience」1.0

こちらも上記と同じdiscovery1さん制作Modです。
フィールド上に種子や綿毛、虫の群れ、靄などなど、様々な動的要素をプラスします。

ato02

ちょっと分かり辛いですが、お花の周りを沢山の種子が舞っています。

(うちの環境だと色鮮やかな花が浮いちゃってます^^;
たぶんENB&同氏作成の植物テクスチャ環境だと違和感ないのかもしれません)


ato03
↑ほらほら、綿毛ですよ


ato01
↑この花の近くには虫の群れ(ユスリカ的なやつ)がいて、羽音が本当に五月蝿くて、虫嫌いの私には死ぬほど辛いんです・涙


ato04
↑霞がかってます。素敵~


ato05
↑中々の絶景



ato06
↑遠くの方に靄がかかっていて雰囲気最高


ato07
↑水辺、高山地帯、アイレイド遺跡付近によく靄がかかるみたいです


とにかく虫の群れが多くてね~w
こんなに自然が一杯なんだから虫がいるのは当然なんですけど、リアル過ぎてちょっと辛いです^^;
でも、他の追加要素は目新しくてとても楽しいですね。


---------------------------------

「P.A. COMPILATION_7in1_the road so far 1.1 」

-Chorrol Falling Leaves
-Bruma Falling Snowflakes
-Cheydinhal Flying Clouds
-Anvil proper Braziers
-Bravil Falling Rubbish
-Leyawiin Falling Pollen
-Windmills

上記のModをひとつにまとめたものだそうです。

それぞれの都市に、例えばシェイディンハル→雲、コロール→落ち葉、ブラヴィル→紙くず、などが舞っていたり浮かんでいたりするようになります。
そしてその各地に見合った外観を持つ風車や水車が追加されます。
うん、たぶんそんな感じですw

PA01
↑シェイディンハルでは上空に小さい浮雲が漂っています

個性豊かな追加様子に町を訪れるのが楽しくなります。
ブラヴィルの紙屑が舞ってるのはらしくていいですねw


PA02
↑場所によって外観が違います


PA03


PA04


PA05
↑小麦を運んでるのかな?


PA06


PA07
↑くるくる


PA08



PA09
↑屋根の上に風見鶏がありました


**********************

「Oblivion Fragrance 」v1.0

上記で紹介した「atmospheres natural ambience」「P.A. COMPILATION_7in1_the road so far 1.1」そして「Snow Gusts」(寒冷地で雪のガス(?)が噴出するようになります。凄く寒そう)をひとつにまとめたものです。
最適化されてる上に、羽虫の群れが削除されてるので(効果は霧だけになるので、種子が舞う花などもありません)、虫嫌いの私にはとてもありがたいModです。

esp節約のためにもこちらを導入するのがとてもお得だと思います。


----------------------------
----------------------------

私は簡単に新鮮さを味わえるのでテクスチャ変更系とか大好きなんですけど、こういう動的な面白さ+目に楽しい物も大好きなんです。
ここ最近こういった物がわらわらっと出てきてちょっとびっくりしてしまいました。
もっともっと増えるといいな~(*´v`*)

拍手コメントへのお返しページ

ここは各記事に寄せられた拍手コメントへの返信を書いていくページです。
追記するごとにTOPページに表示されます。



<2016.11.7 追記>☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆

2016年11月7日から拍手コメントへの返信はこのページではなく、拍手ボタンを押して下さった該当記事のコメント欄へ書き残しておくことにしました。

なんか色々と分かり辛くてすいません><
どうぞ宜しくお願いします。

☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥



こんな場末でひっそりと続けているブログへ足を伸ばして下さっている方々、本当にありがとうございます!
そして、コメント&拍手コメントをくださっている方々、感謝の気持ちで一杯です。

更新を続けていく力の源となっておりますので、これからもどうぞ宜しくお願いします^^


ICのテクスチャを変えてみる

「TD Rome IC Replace (v1.0)」 by rabilinth


以前「ICをローマ風にしてみる」でご紹介した”TD Rome IC”のリカラー版です。

大本の物はローマ風がテーマだったので黄褐色に統一されているのに対して、
今回の物はバニラのインペリアルシティと同じく白いので、大変使いやすいです。

tdromeR01


tdromeR02

元Modの質感が大変素晴らしくかなりのお気に入りなんですけど、このクオリティを維持したまま白いものもあるといいのにな~ってずっと思ってました。
なのでとっても嬉しいのです!


tdromeR03


tdromeR04


tdromeR05


tdromeR06


tdromeR07

これを機会に「Strada Citta Imperiale」も導入してみました。
併用推奨されているだけあって路面の見栄えがグっとよくなりました。


tdromeR08


tdromeR09


tdromeR10


tdromeR11


tdromeR12


tdromeR13


tdromeR14

室内のSSを撮るのを忘れておりました(汗)
もっと素晴らしいSSが配布先のページに沢山貼ってありますので、どうぞそちらを参考になさって下さい。

でもって、これらのテクスチャは他の場所でも使用されてるので、そちらの見栄えも変わります。

tdromeR15
↑台座とか


tdromeR16
↑こういうのとか

-------------------------------

これはもう手放せません。
気分によって黄褐色&白を変更して使えるのが本当に嬉しいです。
SS撮影が益々楽しくなりました。

素敵なものをどうもありがとうございます!

Newest