ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

実在しない小話抜粋~後編~


前回の続きです。
(自分用にまとめてあるだけです><)






Miaはちょっぴり残念な子でして…
おっさんとしては、面白くてたまらないでしょうね。







後出しで負けるって、結構難しいんですよ?w
Miaの天然具合が伝わるといいな~







この辺まで来るとアホな話ばかりになってきています。
脳が疲れてくるとこんなんばっかですよ(汗)
Miaは本を読んでくれるおっさんの語り口調がとても好きみたいです。







こちらもいつかはSS付きでやりたいと思っているお話です。
いい匂いのするおっさんとか、どうですか?








ここからはルーファスのお話です。
弟子アリーに対して羞恥プレイを無意識の内に行なっています。
彼にはそんな気はサラサラないのですが、やられた方としてはたまらんのです。
そして復讐を誓うアリーという流れになっています。













こちらはルーファスと狩猟の女神アエラのイチャラブ話です。
NPCと絡ませた事が一度もなかったので表に出すのが怖くてお蔵入りになっています(汗)
いつかSS付きで出せたらいいな~


























最後にまとめてMia&おっさんのイチャラブです。
普段弱味を見せないおっさんがMiaに無様な姿を見せてしまうお話です。


---------------------------------------

一部抜粋ばかりですが、こんな風に何本か短編のストックがあります。
忘れた頃に読み返すと、他人が書いた物を読んでいるような錯覚に陥るので、それで自給自足している部分も無きにしも非ず。
歳の差恋愛物は昔よりも増えたとはいえ、やっぱりマイノリティですね~><

























実在しない小話抜粋~前編~

随分昔にTwitterで「#1ふぁぼ毎にうちの子の実在しない小説の一部分を書き出す」というのをやりました。
今回はそれを解説付きでまとめてみました。

そんなのモーメントにまとめればいいじゃない、ですって?

まぁ、そうなんですけれども、私はあまりTwitterを見ないものでして…^^;
(未だに使い方もよくわかっていない)
あとね、忘れた頃に見返してひとりニヤニヤするのが目的ですので、ブログにまとめてある方が自分的には楽なんですよねw

基本的にはMia&おっさんのイチャラブです。
なので苦手な方は御注意して下さいませ!

----------------------------------------------------
----------------------------------------------------




この話は実際に我が家でたまに行なわれる光景が元になっています。
私と主人だとただの笑い話にしかなりませんが、Mia&おっさんだと萌えるんですよね、ズルイですよね。

jituzai01
↑2人共犬好きです








昔の検便を御存知ない方にはよくわからない話ですよね。
なんか昔はマッチ箱とかにう○ちを入れて学校に持っていったらしいですよ?(本当かな??w)
Miaはあまりものを知らない子なので、初見で見た牡丹餅が謎の物体に見えたんでしょうね、きっと(汗)






これね、いつかちゃんとSS付きでやりたいんですよね。
ちなみに参考にしたネタは「Hawaii Five-O」のダニー&元嫁のやり取りです。
確かインディ・ジョーンズにも似た様なシチュエーションがありましたよね。
普遍的な萌えシチュでございます。







これはOblivionのクエスト「非友好的な競争相手」を元にしたお話の一部です。
余計な事に首を突っ込むMiaに辟易しているおっさんをマリア・エレーナが促すという場面です。
基本的にMiaとおっさんは意見が合わずにぶつかり合う事が多いです。

ちなみに現在当ブログで進行中の吸血鬼のお話が終わったらこちらをやる予定でしたが、いつになる事やら…







こちらも同上。
映画やドラマでは定番ですよね。
実はどちらかというと苦手なシチュエーションなのですが、ロマンス知識に乏しい自分としては一度は通らなければならない道かな?なんて思ったものですから…
難しいね><







「こわれたおもちゃ」という自作短編からエイジャさんの台詞です。
おっさんちのお手伝いさんであるエイジャさんはMiaよりもおっさんと付き合いが長いので色々と知っているようです。
Miaは自分が壊してしまった木馬のおもちゃが、おっさんの娘の物だと知ります。
さすがの彼女も顔面蒼白です。







同上です。
普段なにかと口煩い彼が何も言わないというのが、彼女にとっては一番の恐怖なのかもしれません。
実際はそんなことはないんですけどねw







同上です。
なんとか修復しようと奮闘しているMiaです。
もちろん”与作”はさぶちゃんのあれからきています、へいへいほー。






同上です。
まぁ、色々あったんでしょうね。
Miaが初めておっさんを受け入れてもいいかな?などと、特別な繋がりを感じるお話です。
結構好きな話なんですけど、表に出す機会はなさそうです^^;






同上です。
親愛の証として頭頂部にキス、いいよね~///







「も」が多過ぎてどこで区切っていいのかわからなくなりませんか?
私はなります。


------------------------------------
------------------------------------

長くなってしまうので今回はここまでです。
次回は後編をお送り致します。


Newest