ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

登場人物に捧げる50の質問~Mia編

最近Twitterで「登場人物に捧げる50の質問」というものの存在を知りました。
ちょっと面白そうだったので、私も便乗しちゃいました(汗)

-----注意-----

ここから下はRPに興味の無い方には非常に痛い内容となっております。
なので、ご注意下さいませ!

---------------------------------


今回はMia編です。
では、どうぞ~





situmonMia01



Q01 本名と通称(あれば)をどうぞ。


Mia(ミア)です。
あとは覚えてないのよ^^;

(彼女は記憶喪失でここ4~5年の事しか覚えてません)





Q02 性別、年齢を教えてください。

女性です。
年齢はたぶん23歳くらいかな?
ごめんなさい、これもちょっとよくわからないのよね~
でもたぶん、それくらいよ。

なぁ~んて、実は30過ぎだったりして(笑)





Q03 自分の見た目や印象はどうですか? よく言われることはありますか?

胸が小さいような気がするんだけど、おっさんにはそんなことないって、言われたの。
本当なのかしら??
筋肉ばかりついちゃってて、体型にはあまり自信ないのよね・・・。

見た目的には”小動物っぽい”ってよく言われるかも。





Q04 好きな、またはよくしている服装、髪型、アクセサリなどは。


ショートヘアが好き。
だって、髪の毛長いと邪魔でしょ?
戦闘中に毛が目に入ったりしたら大変じゃない。
まとめ髪とかどうやるのかわからないし。

服はパンツしか履かないわ。
おっさんにはスカートも履けばいいのにって言われたけど、なんかちょっぴり恥ずかしい・・・。
でもね、彼に貰ったワンピースはお気に入りなのよ。
って、スカートってそれしか持ってないんだけどね(笑)

ss395
↑このワンピースです



Q05 家族構成を教えてください。

わからないなー、家族なんているのかしら?
今はおっさん(アザゼル)の家に居候させてもらってるの。
だから彼とエイジャさんと一緒よ。






Q06 家族にはどんな思い出がありますか?

・・・えーっとね、えへへ、わかりません。
私にその質問はちょっと酷かな^^;





Q07 自分はどんな性格だと思いますか?


まぁ、基本明るいんじゃないかしら?
能天気で、物事を深く考えないで行動することが多いわね(笑)
あんまりクヨクヨしたりしないしね~







Q08 ご職業は?

ファイターズギルドのギルドマスターです。
アリーナチャンピオンもしてるけど、こっちはあまり活動してないな~。







Q09 ご趣味は?

趣味はなかったんだけど、マリア・エレーナに教えてもらった料理がね結構楽しいのよ。
少しずつだけど、レパートリーも増えてるのよ。
あとは植物を育てたりとか。

situmonMia02
↑マリア・エレーナです



Q10 特技、得意なことはなんですか?

戦闘だね~。
片手剣と盾を使ったものが主だけど、格闘技もなかなかのものよ。
っていうか、私、戦うこと以外なんの取り柄もないのよ。

だからおっさんに”脳筋”って言われることもあるわ、ムカツクわよねー。






Q11 逆に苦手なものは?


女性らしいことは全般的に苦手。
裁縫とか家事とか?無理だね~、料理はできるようになったけど、後は全然ダメ。
でも、ちゃんと出来る様に頑張ってる最中なのよ。







Q12 好きなものは?

見事に鍛え抜かれた剣や鎧、職人さんは凄いよねー。






Q13 嫌いなものは?

幽霊。
ゾンビとかリッチは平気なんだけど透けてる奴、あれ無理。
前、全財産はたいて買った家に住み着いててね・・・本当、怖くてたまんなかった。
おかげでおっさんの家に転がり込むことになっちゃったし。





Q14 くせはありますか?

う~ん?あれよー、語尾を延ばすことよー





Q15 どんな夢や目標がありますか?

有名になって一国一城の主になること。
”英雄”って呼ばれてるらしいけど、私の顔知ってる人なんてほとんどいないのよ?





Q16 秘密にしていることはなんですか?

それをここで言えって?(笑)
困っちゃったな~、う~ん・・・今だけ特別よ?誰にも言わないでね?

おっさん、格好良いよね///
物凄い年上だけど、なんか凄く可愛いのよ。
顔、怖いけどね。
見てる内に逆にあれがいいっていうか・・・私どうかしてるよね。




Q17 やっていて楽しいこと、または日頃の楽しみといえば?

冒険してる時は生きてるって感じがして楽しいわね~。
戦士ギルドの依頼をこなすのも、人の役に立ってるって思えて結構好きよ。

でもって、家に帰ると誰かがいるっていうのは凄く安心する。
おっさんとエイジャさんには感謝してるわ。




Q18 食事の好みを教えてください。

好き嫌いはあまりないかなー。
あんまり匂いのキツイ物はちょっとあれだけど。





Q19 お酒はどうですか?

少しだけならね。
すぐ眠くなっちゃうから^^;





Q20 睡眠時間はどのくらいですか? 夢は見ますか?

8時間くらいかな?
夢は・・・たまに悪夢を見るんだけど・・・思い出したくないなぁ・・・





Q21 暇なときはどうしていますか?

日記をつけたり、料理をしてみたり、植物の世話とか。

あとは、おっさんにかまってもらったり(笑)
うざがられるんだけど、暇なんだから少しくらいかまってくれたっていいのにねー?




Q22 時間や約束は守る方ですか?

守るようにはしてるんだけど、ちょっと遅刻が多いかも(汗)
だってほら、途中でお年寄りが困ってたら助けてあげるでしょ?
それで遅れるのよ、・・・うん、言い訳だよね・・・orz
頑張ります><






Q23 周囲の環境について思うことは。

みんな良い人達ばかりよ、一人を除いてはね。
いや、違うなー、二人だな~。
おっさんとモドリンは本当私に厳しくてね~・・・、まぁ自業自得なんだけど。

出来れば、今のこの環境は壊したくないな・・・





Q24 友人にはどんな方がいますか?

マゾーガちゃんとマリア・エレーナが特に親しいかしら。
マゾーガちゃんは凄く強くて頼れる相棒よ。
マリア・エレーナは私に色んな事を教えてくれるお姉さんみたいな人。
2人共大好きよ。

男性ではシェブとリチャードかな?
シェブとはよく戦闘訓練を一緒にやるのよ。
筋肉隆々で素晴らしい体格をしているの。
たまんないよね(*´Д`*)

situmonMia05
↑肉体派シェブ

situmonMia03
↑Anvilの武器屋Morvayn's Peacemakersにて。向かって左がリチャード

リチャードは綺麗な顔をしたエルフらしいエルフよ。
謙虚で引っ込み思案だけど、鍛冶修行に一生懸命励んでいて偉いな~って思うの。





Q25 気になる人の名前と理由を教えてください。

まぁ、おっさんは気になるよね。
早く娘さんが見つかることを祈るばかりだわ・・・。
それ以外でも気になるっていえば、なるんだけれども・・・

彼・・・、私の事どう思ってるのかしら?
結構邪険に扱われることが多いし、怒られてばかりだし・・・
私の事、嫌いなのかな・・・?クスン

そんなことないよーって、マリア・エレーナは言ってくれてるけどねー。





Q26 好みのタイプは。

異性のことかな?
40~50代くらいの渋い男性。
ああ、おっさんも渋いとは思うけど、タイプではないの(笑)

いや、いいとは思うけど、私はもっとイケメンでダンディな人がいいのよ。
で、優しくて包容力があって、甘えさせてくれる人。





Q27 こういうタイプはダメ!

がさつでよく怒鳴る人。
人を貶めてそのネタで場を盛り上げようとする人。







Q28 プライバシーということについて一言。

私、何も隠すことないし、プライバシーとは縁遠いかな~?なんて。
日記とか裸とか見られても全然気にしないしね~。
あぁ、日記はちょっと恥ずかしいかしら?

こんなんだから、おっさんが私のために部屋をカーテンで仕切ってねー・・・申し訳ないことしたなーって後で思ったわ。
そんなに気にすることないのにね~?




Q29 いつも持ち歩いているものは。

武器系統は肌身離さず持ってるわ。

あと、小さなカメオのネックレス。
これは私が自分の存在を認識した時に身に着けてた物なんだけど、多分、誰か大切な人から貰った物なんじゃないかしら。
・・・そんな気がするの。
situmonMia04
↑いつもつけてるカメオのネックレス




Q30 宝物はなんですか?

そんな大層な物は持ってないわ。

どうしてもっていうなら、どんな時でも挫けない強い心、かな?
あら、私ってば格好良いこと言っちゃった(笑)





Q31 守りたいものはありますか?

今、私の周りにあるこの世界。
そして、人間関係。

おっさんとの絆は今の私にとって、かけがえのないものなのよ。
そんなこと面と向かって言っちゃうと、彼照れちゃって悪態をつくだろうけどね。
まったく、大人げないわよね(笑)





Q32 欲しいものを手に入れるためには……

出来る限り努力はするけど、無理に勝ち取ろうとは思わないわ。
必要なものは自然と手の中に入ってくる、私はそう思ってるの。





Q33 こういうことは許せない!

弱いものいじめは許せないわよ。
悪い者達をのさばらせておく人達も同罪よ。





Q34 体は丈夫な方ですか?

ええ、とても(笑)
痛みとかあまり感じないのよねー。
鈍いのかな?







Q35 元気を取り戻すために何をしますか?

マリア・エレーナの美味しい料理を食べに行くわよ。

あのね、一度だけなんだけど・・・
私が落ち込んでる時にアズ(おっさん)が普段みたいな悪態をつきつつも慰めてくれたんだけど、
凄くそれが優しくてね・・・。
私、こらえられずに泣いちゃったの。
彼の優しさが本当に身に沁みて、この人本当は良い人なんだ、って。
私の事よくわかってくれてるって。

でもね、相変わらずやっぱり冷たいのよ。
酷いオヤジよね。

ss292







Q36 家事はしますか?

エイジャさんのお手伝いはしますよー。
迷惑にならない程度に(汗)




Q37 気が付くとしている姿勢はありますか?

こう・・・構えっていうの?
どうやったら相手を逸早く倒せるか、こう・・・ねっ。

(格闘家のファイティングポーズみたいなのを色々やってみせる)

イメージトレーニングしながら体も動いちゃってるみたい^^;







Q38 普段やることはなんですか?

日記をよくつけてるわよ。
また記憶がなくなっても、日記さえあればなんとかなるかもって。
もう、なくしたくないけどね・・・。





Q39 体を洗うときはどこから洗いますか?

うふふ、そんなこと聞きたいの?
エッチねー(笑)
うっふっふー、いいわよー、教えちゃうわよー。

首からかな?
ほら、首を洗って待っていろ、とか言うじゃない。

(彼女の理論は時々わけがわかりません)






Q40 暑さと寒さはどちらがいいですか?

寒い方が好きよ。
息がぼえ~っと口から吹き出して見えるのが面白いじゃない。
ちょっと怪獣になった気分*^^*






Q41 勉強、学習について一言。

文字の読み書きくらいは出来る方がいいかもしれないわね。
でも、基本的に勉強とか苦手。
魔法とか全然覚えられないもの><




Q42 お金、社会的地位について一言。

お金ないです・・・。
頑張ってるんだけどねー、ないのよねー。
(武器や鎧に見境なく金を注ぎ込むせい)

クヴァッチの英雄って言われてはいるけど、居候なのよ。
もうちょっと国はさ、私になんか素敵な事してくれてもいいのよ?
貰えるものは、なんでも貰う主義だから。





Q43 芸術に対する姿勢を教えてください。


絵は割と得意よ。

そういえば風の噂で聞いたんだけど、おっさん、絵心皆無なんですって?
ちょっとどれほど酷いのか見てみたいんだけど。

(おっさんは以前ミアの似顔絵を描き、あまりの酷さにモドリンに燃やし捨てさせた過去があります)




Q44 古いものと新しいもの、どちらが好きですか?

どちらも好きよ。
どちらにも素晴らしい所はあるもの、優劣つけるのはナンセンスだわ。




Q45 何か問題が起きたらどうしていますか?

その問題に取り組むけど、無理な時は無理よ。
あきらめが肝心。





Q46 仲間内ではどんな役回りですか?

本当は指揮なんだけど、先陣を切って特攻することが多いわね。
で、1人で全部片付けておっさんに怒られるっていうのが常。

以前、これがキッカケで大喧嘩しちゃってね、あれ以来自粛して団体行動を乱さないようにしてるのよ。
仲間との行動は1人の時よりも難易度が高くて・・・、連帯感が生まれるのはいいことだと思うけどね。
私にはあまり向いてないみたい。


人間関係的にいえば、橋渡し的な存在かしら?
場を和ますのも得意よ。
凍りつかせるのはおっさんの役目。




Q47 人が倒れているとします。そこに通りがかったあなたはどうしますか?

周囲を確認した後、助けが必要なら声をかけると思う。
生きてれば、の話だけど。





Q48 昔のあなたに言いたい事は。

なにか悪いこととかしてないわよね・・・?
昔の私が、今の私みたいだったらいいんだけど・・・。





Q49 至福のときはどんなとき?

うーん・・・、・・・、・・・。

読書してるおっさんにもたれかかってウトウトしてる時、かな・・・?///
暖炉がね、暖かいの///

(照れ臭いのを誤魔化そうとしています)





Q50 自分の作者に一言どうぞ。

(ここはパスです><)






Q51 (おまけです。ここは作者に回答してもらってください)このキャラクターのコンセプトは何ですか?

なるべく見ていて気持ちの良い子、それがミアです。
元気で明るくて、よく笑い、細かいことは気にせず、ちょっぴり天然ボケ。
そして、他人の力を借りなくても物騒なこの世界を渡り歩ける力を持つ、自立した女性を目指しました。
どちらかというと女性に好かれるタイプかな~?なんて思ってます。

それとですね、おっさんと違ってミアは記憶が無い分、設定が決まってない部分が多すぎて、実は非常に書きづらかったりします。
お話を書いていても、おっさん側に立ってる時はスイスイ進むのに、彼女のターンになると途端に筆が遅くなります。
もうちょっと考えてあげないといけないな~と反省(笑)


関連記事

Newest