ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

夜、歩く6

:注意:
このお話は「Vampire Cure」クエストを元にしています。
ネタバレしていますので、これから遊ぼうとしている方はご注意下さいませ







-夜、歩く-

6.

彼女が着替え終わった頃を見計らって、おっさんが部屋に入ってきた。

居候である彼女のプライバシーを守るために(本当はおっさん自身のだが)部屋の片隅を片付け、
彼女の寝室を作ってあげた。
寝室といってもシングルベッドひとつしか置いてないのだが。
家を買う資金が溜まるまでの間という約束なので、これで十分だろう。

yoru53

それを仕切っているカーテンの手前で立ち止まると、中にいるMiaに声を掛ける。

「ちょっといいか」

「どうしたの?」

カーテンをくぐり抜け、真っ直ぐ自分の方へ向かってくるおっさん。
少し怖い顔をしている。
物凄い至近距離まで近づいてきた。

「な、なに?」

「ちょっといいか」

おっさんは同じ言葉を繰り返すだけだ。


「え?な、なんなのよ??」


彼女の顔を無理矢理横に向けさせ、左右の首筋を凝視した。
傷跡がないか触って確認している。

yoru54


「ちょ、ちょ、ちょっ///」ドギマギ

カァッ・・・と条件反射的にに顔が火照る。
こんな間近に迫られたことは今までなかったし、首筋を食い入るように見つめられることもなかった。
彼女はじんわりと汗をかきながら、どうしてこんなことをされているのか皆目見当もつかず、なすがままにされるしかなかった。

おっさんは自分が危惧していたような痕跡がないことを確認すると、彼女から離れた。
安心したのか穏やかな表情に戻っている。


「すまなかったな。ちょっと気になったものだから」
「ところで、伯爵とはうまく話せたのか?」

「・・・あ・・・あんまり・・・」

首筋をさすりながら一体今のはなんだったのか、頭を悩ます暇もなく彼女は答えた。
伯爵とのやり取りを思い出し、不甲斐ない自分にしょぼんと肩を落とす。
彼女の望みは無謀この上ないことなのだから仕方ない。

yoru55


「でも、困っている時は手を貸して欲しいって言われたわ」
「少しは彼に近づけたってことかしら?」

「いいように利用されてるだけだと思うが、まあ、前進したってことだろう」

「少しずつ仲良くなれるといいな・・・」

「君の努力次第だな」
「夕飯ができるのはまだ先だ。ゆっくり休んでるといい」

おっさんはカーテンをめくり出て行こうとした。


yoru56


「あ、ねえ、あの手紙、何が書いてあったの?」

とても気になる。
伯爵とおっさんの関係も凄く気になる。
一体二人の間にはどんな秘密があるのだろうか。


「君には関係ない」

短くそう区切ると部屋を出て行った。

yoru57


相変わらず愛想がないなー、とMiaは思った。



-つづく-


---------------------------
---------------------------

首筋を確認するポーズを作ろうかな~、どうしようかな~って悩んでる内に大分時間が経ってしまいました(汗)
(結局作りませんでした。間が開く時は大体ポーズどうしようってウダウダ考えてるからなんですorz)

この頃のMiaはHassildor伯爵に恋焦がれているので、彼がどんな存在で何故危険なのか、などということは微塵も知りませんし、気付きもしません。
恋愛感情など持ってなかったら、たぶんすぐにでも気付いたでしょうにね~。

関連記事

Newest

Comment

Leave a comment