ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

無駄遣い

おっさんとHouseは何日も寝ずに毒薬作りを続けていた。

cak213


ほとんど部屋から出てくることもなく、食事もロクに摂らない。
心配したMiaがたまに軽食を運んで行くが、入るとHouseに怒られるので外から声を掛ける程度に留めておくことにした。




その間、何もすることがない二人。


Miaとchevはチェスをしたり、読書をしたりと無駄に時間を過ごしていた。

cak214


今日も何もすることがないので、のんびりチェスに興じている。

「・・・もう二週間は経ってるわよ?あの二人、ご飯も食べないで大丈夫なのかしら・・・」

やる気なさそうにコマを動かすMia。
相対するChevも楽しそうには見えない。

「食事は用意してやってるんだ。腹が減ったら勝手に出てきて食べるだろうさ」

「私、一緒に来た意味あったのかな・・・」

cak215


毒に体を蝕まれているChevがここにいるのは分かる。

しかし、自分はここにいる理由がない。

解毒薬に必要な材料を揃える手伝いは出来るが、その仕事がいつ回ってくるのか今の時点では定かではない。
そう思うと、助けが必要になった時点で声を掛けて欲しかった。
このダラダラと過ごしている時間がもったいなくて仕方ないのだ。


cak216

「あんたがいなかったら、暇過ぎて、暇過ぎて、腐っちまってただろうな」
「俺は非常に助かってるぜ」

彼は笑っていた。


cak217

「あなたの時間潰しの相手・・・か。役に立ててるみたいで良かったわ」
「それはそうと、解毒薬ができたらその後どうするの?」

「どうするって?」

「また山賊家業に戻るの?」

「別にやりたくてやってるわけじゃねーんだぞ?」
「手っ取り早く暮らしてくにはあれが一番簡単なんだ」

「せっかく命が助かるのに、もったいないわね」

彼女はこの数週間で彼の人柄に触れる機会が何度もあり、以前よりもどういう人間なのかを知る事が出来た。
山賊家業で人生を棒に振ってしまうには惜しい人材だ。
出来れば、彼の腕を生かした仕事をさせてあげたいと願っていた。

cak218

「格闘技で生きていければ問題ないのさ。だが、アリーナでは雇ってくれなかったしな・・・」
「そういえば、あんた現アリーナチャンピオンなんだろ?俺のこと売り込んでくれねーか?」

「で、最終的に私に挑戦するの?」

「まさか。あんたに勝てるなんてこれっぽっちも思ってねーよ」
「若いのになんであんなに強いんだよ・・・・」

パンチ一発で二度も沈められてしまったのだ。
自分が敵う相手ではない。

「強いのだけが取柄だからよ。」
「アリーナよりも、もっと安定した仕事をしてみる気はない?」

「そんなウマイ話があるのか?」

彼には見当もつかなかった。


cak219

「私ね、戦士ギルドのマスターなの。今、人材不足で困ってるのよ」

彼女はギルドの仕事内容や報酬など、詳しい話をした。
もしメンバーになるのなら、Anvilにある元・自宅(元・お化け屋敷)を使ってもいいということも付け加えた。

「そこにもう一つ条件付けさせてもらってもいいか?」

cak220

彼は乗り気だったが、まだ納得がいかないようだった。

「なにかしら?」

「あんたの訓練付きだ」

「訓練?なんの?」

「格闘技もそうだが、剣も盾も、戦闘に関する事なら一通りなんでもだ」

「別にかまわないけど・・・」

「よし、決まりだ!」

彼は嬉しそうに声を張り上げると、右手を突き出した。
しっかりと握手する二人。

cak221

「宜しく頼むぜマスター」

「こちらこそ、宜しくね」


すんなり話はまとまった。
豪快で余計な詮索はせず、単純明快な彼の性格にMiaは好感を抱いていた。
彼が戦士ギルドに入ってくれたらさらに活気付くだろうなと、直感的に感じた。
良い人材を発掘できて満足だった。


ただし、本当に解毒薬が完成すればの話だが。


二人は完成することを確信していたので、そのことについては触れなかった。




笑顔で分かち合っている二人の耳に、階下で扉の開閉音が聞こえた。

『二人とも来てくれないか?』


おっさんが二人を呼ぶ声がする。
何事だろうかと思い、二人は顔を見合すと、急いで階下へと向かった。


関連記事

Newest