ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らぬが仏

Lindai遺跡へAyleid Crown of Nenalata とそっくりな冠を探しにやってきた。
それはAyleid Crown of Lindai というらしい。

偽物を摑め05

「さあ、今回もとっとと回収しちゃいましょう」


いつもと同じように遺跡探索をし、
いつもと同じように・・・

「あれは、リッチ?」

偽物を摑め06


そう、リッチがいる。
いつも思うが、徘徊老人にしか見えません。


偽物を摑め07


リッチはいつもおっさんを狙う。
私よりも魔法抵抗力が低いことを見破られてるのだろう。

私は魔法は使えないが、魔法抵抗力だけは人一倍あるのだ。
何喰らっても平気のへーちゃんなのです。


偽物を摑め08


鉄の小箱の中に目当てのAyleid Crown of Lindai が入っていた。
Ayleid Crown of Nenalata がどんな物かは知らないけど、きっとこれと同じ形をしているのだろう。


偽物を掴め09


「さーて、あとはこの冠をじじぃに渡して終わりね。」
「今回は沢山儲かったし、今日はぱーーっと飲んじゃいましょうよ」


偽物を掴め10


「君は楽天家だな」
「私はなんだか嫌な予感がするのだ」

おっさんは眉間に皺を寄せていた。

「果たして、それをUmbacano氏に本当に渡して良いのだろうか」

「何を今更。悪いことに使うかもしれないのに、本物を渡すわけにはいかないでしょ?」
「これでいいのよ」

この時、私はそれでいいと思っていた。


偽物を掴め11


まさか、あんなことになるなんて、思いもしなかったから。


関連記事

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。