ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばれんたいんでー?

二人揃って朝食のテーブルに着くと、
Eyjaが可愛い包装紙に包まれた物を大事そうに抱えてやってきた。

valen06

「旦那様、今日はバレンタインデーですのよ。」
「感謝の気持ちを込めて、どうぞ、受け取って下さいな」

彼女はおっさんにハート型の箱を手渡した。


「ありがとう。いつもすまないな」

「いえいえ、日頃からお世話になっておりますから。ちょっとしたお礼ですわ」


Eyjaはにこにこしながら受け取って貰えたことに喜びを感じていた。




「・・・あの~、ばれんたいんでーって、な、なんだろう・・・??」

おそるおそる質問するMia。
彼女は不思議そうに今のやり取りを見ていた。
プレゼントらしき物をあげたようだが、誕生日ではなさそうだ。
では、何故Eyjaはおっさんにあんな可愛い箱を渡したのだろう。

「ああ、バレンタインデーというのはね、意中の相手にチョコレートを渡して愛を告白する日なんですよ」

Miaの表情が驚き一色に染まった。

「えっ、えぇえええっ・・・!?」

彼女はEyjaとおっさんを交互に見やり、目を白黒させていた。
かなり戸惑っているようだ。
Eyjaはその様子を見て、思わず笑ってしまった。

「あははは、違いますよ、私の場合は義理チョコなんですよ」

「ぎ、ぎりちょこ・・・?」

声を裏返しながらMiaが聞き返した。
Eyjaがクスクス笑いながら説明をしてくれた。

「愛を告白する日でもありますが、同時に、普段お世話になっている方に感謝の気持ちを込めてチョコレートを送る日でもあるんですよ」
「それが、義理チョコ。好きな人に送るのは本命チョコ。」

「・・・そうなんだ~・・・」へー


初めて知った。
いや、もしかしたら以前は知っていたのかもしれないが、現時点では全く記憶にない。
面白い習慣があるものだなと、彼女は思った。


「旦那様は甘いものがお好きですからね。バレンタインデーには特別美味しい高級なチョコレートを差し上げることにしてるんです」
「・・・旦那様には、本当にお世話になってますからね・・・」

EyjaはしみじみとAzazelを見つめた。
色んな思いが彼女にもあるのだろう。

「感謝してもしきれませんわ」

目元にうっすら涙が浮かんでいるようだった。
Azazelは少し困ったような笑みを浮かべながら、彼女の腕に軽く触れた。

「こちらこそ礼を述べるよ。君はよくやってくれている。これからも宜しく頼むよ」

「もったいないお言葉・・・。これからも一生懸命お世話させていただきます」


彼女は深々と頭を下げた。
おっさんは優しく微笑みながら、静かに頷いていた。


-------------------------------------------------------



二人は仕事場である戦士ギルドを目指して歩いていた。

「ねえ、腰が痛いなら、重装備はやめて軽装備とかにしたらどう?」

valen07


重い鎧を一日中身にまとっているのだ。
おそらく腰にもかなりの負担がかかってる筈。

「これが一番馴染んでるんだ。軽いのはどうもね・・・」


おっさんはいくつか鎧をあつらえてはいるが、すべて重鎧だった。
この金属の重みが体に安心感を与えており、ちょっと切られたくらいじゃビクともしないのが気に入っている。
薄い素材だと、自分の腕前からして、少し心許無いのだ。

valen08


「あまり無理はしないでね。」
「あなたは魔法も得意なんだから、いっそのこと、ローブでいいと思うんだけどな・・・」

剣を使わずに魔法オンリーでいったら、あまり体に負担はかからないのでは?
それに、魔法が使えないMiaのサポートとしては、その方が好都合のような気もした。

「なんだ、途端に老人扱いか。」
「動けるうちは、動いておきたいんだ。わかるだろ?」

動かなくなったら、益々それが加速していき、本当に動けなくなるような不安があるのだ。
Miaにもそれがわかったので、それ以上何も言わなかった。


「・・・・全く。年寄りの冷や水っていうのは、こういうことを言うのね・・・・」


ため息混じりに小声で呟いた。


「そう思うなら、少しはいたわってくれ」

「そうね、そうするわ」


Miaはおっさんの手を握った。
おっさんは一瞬体を強張らせると、いぶかしげに彼女の方を見た。

「足元注意してね。繋いで無いとよろけちゃうでしょ?」

まるでいたずらっ子のような笑みを浮かべているMia。
おっさんは眉間に皺を寄せ苦笑しながらも手を振り払うと、サッサと1人で歩いて行ってしまった。

「なによー!ひとりじゃ危ないわよー!」

「だったらひとりで行かせないでくれ」


Miaは足早に彼の後を追った。



関連記事

Newest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。