ゆるゆるOblivion

Oblivion妄想RP日記です。渋親父率高いので、加齢臭漂ってます

Plague Doctor Improved

以前、落とそうと思ってたのにいつの間にか消えてしまったものが、暫く振りにパワーアップして復活しておりました。
二度と同じ過ちは繰り返すまいと、即行落としましたよ。

それがこちらの「Plague Doctor Improved」です。

導入すると、Imperial Cityの Waterfrontにある灯台の2階に死体&箱が設置されます。

plague01

近くには毒と手紙とneedle(注射器)もあり、なんだか怪しい雰囲気。

まあ、見た目がこれですからね~。

plague02

御存知の方もいらっしゃると思いますが、中世ヨーロッパ時代に医者達が着ていた防疫服なんですよね。
本当にこんな格好をしていたみたいですよ。
ナマハゲより怖いです・・・。


plague03

嘴のように見えるものはマスクらしいです。
中にハーブなどを入れて空気をろ過していたみたい。

装備はすべて洋服で、頭、上半身、下半身、手袋、ブーツと別れてます。
頭は三種類あって写真の帽子タイプ以外にフードタイプもありました。

plague04
↑小さい薬瓶が可愛い

あと、needleは武器として装備できます。
アイスピックかと思ったけど、どうやら注射器のようです。
これを突き刺すんですかね・・・。
オッカネー。


plague05

マスクを取るとこんな感じ。
医者用の服ということで、うちのHouse先生に着て貰ってます。
ただ、顔が見えなくなるのが寂しい・・・。
でも、この服はマスクがメインといっても過言ではないので、装着させてます。



plague06

史実に基いたリアルな服もいいですね~。

関連記事

Newest

Comment

Leave a comment